オルライツリザーブド

HAPPENING


中秋の名月が近づく9月16日、恵比寿ガーデンホールで「*ALLRIGHTSRESERVED」(オルライツリザーブド)のお披露目パーティが行われた。

「*ALLRIGHTSRESERVED – INTERNATIONAL DESIGN BUSINESS MEETING」は、 美研インターナショナルを中心に、ノトストリコデザアイン研究所MATTGAS AS INTERFACE などが実行委員会となって、来年6月に開催する国際デザインビジネスショーだ。

会場入り口にはランボルギーニが登場し、パーティテーブルには各国大使館ご提供の珍しいお酒/お料理がズラリ。ドレスアップした来賓にマスコミも多数つめかけ、会場は華やかな雰囲気に包まれる。

お披露目ということでディレクターの佐伯仁さん(トリコデザアイン研究所)や、李明喜さん(MATT)などコアメンバーが次々と登壇していく。何となくこの面々でよぎるのは、もはや伝説なデザインイベント「HAPPENING」か、あるいはせんだいメディアテークの「MOVEMENT」展か。あれから数年、「TOKYO DESIGNERS BLOCK」は「DesignTide」へとカタチを変え、東京のデザインシーンが大きな過渡期にある今、「本物のデザインのみが真の価値を創造する」と謳う*ALLRIGHTRESERVEDは、いったい何を仕掛けてくるのだろう?耳を傾けてみた。

柱となるのは、“デザインの価値が健全なビジネスとなること”、そして“デザインで社会に貢献すること”だ。企業にビジネスの場を、クリエーターに作品発表の場を、すべての人々に本物のデザインとの出会いを提供するビジネス寄りなミーティングは、コンサバティブな「デザイン業界」をオープンに広げて、創造的なビジネスの開拓を目指す。

また、デザインによる社会貢献では、「*ALLRIGHTSRESERVED基金」という社会問題をクリエイティブなやり方で解決しようとする活動を支援するファンデーションが設立される。また、デザインに積極的に取り組む企業とデザインを施策に掲げる自治体とのマッチングを促し、公的支援制度の活用や商品開発、販路拡大を積極的にサポートまでしてくれる。

こんなことを聞いて普通に思ったのは、ここまで開かれたデザインのインフラづくりが、かつて日本にあっただろうか、ということ。*ALLRIGHTSRESERVEDの使命は、来るべきクリエイティブな未来に確実に向けられていて、思わずカラダが震えた。

そしてその会場となるのが、なんと東京ドームだ!『東京ドームは規模が大きいってのもあるけど、何といっても“東京”をシンボライズする場所。ベンチ裏とかブルペンとかも展示場所になるけど、使い切れてない部分をどう使うかを考えるのもクリエイティブだよね。』と佐伯さんが言うように、「ビジネストレードショー」のホットスポットとなるメインアリーナだけでなく、ブルペンなどドーム内の隠れたスペースはクリエーターの遊び心のために開放される。また、50000人もの観客席は、「ジャンブルマーケットゾーン」として一般の人も一席1000円で参加することが出来るのだ。

会期中は、コンペティションやセミナー、ワークショップからスタジアムライブまで、ドームならではの趣向を凝らした様々なイベントも予定されている。ここでは作り手、買い手、その流通を支える人、今を伝えるメディアなど、様々にデザインに関わるギークスたちが、出展者/ゲストの枠を超えて、多層に交わる現場となるだろう。

『普段と違う空気だけど、いいものはを超えるっしょ!』と、AFRAがライブであげてくれた後、佐伯さんに『真の価値って何?』と聞いてみた。『それはマーケットが自然に決めてくれるよ。』と力強く答えてくれた。

HAPPENING 2001年のプレスリリース、『あとは、我々の残した環境が自然に育っていくんじゃないかな。で、もしその環境が悪い方向に向かったとき、また軌道修正しようよ。』と謳ったあれから5年。今がそんな時期なのかはわからないけど、この新しい動きにワクワクは止まらない。

*ALLRIGHTSRESERVED(オルライツリザーブド)
プレス・カンファレンス&ローンチパーティー

日時:2005年9月16日 18:00〜20:00
会場:恵比寿ガーデンホール
http://www.allrightsreserved.jp

Text: Yoshihiro Kanematsu
Photos: Tomoaki Kumano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE