NIKE 公式オンラインストア

オプトロニカ・フェスティバル 2005

HAPPENING

オプトロニカ・フェスティバルは、イギリスのサウンド・ヴィジュアルアートの進展にとって、何らかの跡を残した。“サウス・バンク”という大きな流れの中にいるたくさんの世界的なVJやエレクトロニックミュージシャン、ビデオアーティストを集めた初のイベントであった。活気に満ちた川沿いのエリアに「ナショナル・フィルム・シアター IMAX」がある。これはイギリスで最大級のシネマスクリーンであり、両者ともイギリスのシネマ団体により運営されている。イギリスのフィルム団体は、マルチメディアプロダクション会社「アディクティブTV」とのコラボレーション、「シネフィール」のキューションによりこのイベントを行った。


フェスティバルは水曜の夜、多くの人でにぎわう「IMAX」で幕を開けた。AVパフォーマーの「メロウトロンズ」は、私達を、地球についての黙想を用いて変化をつけた、SFと1960年代のTVサンプルをミックスした陽気な世界へと連れて行ってくれた。会場は「プラッド」とビデオアーティストの「ボブ・ジャロック」による「グリーン・ベイビー」の封切りとともに、次第に暗くなっていった。画像は大迫力の都会の景色から、コミックヒーローの「スーパー・バリオマン」が貧困救済のために立ち上がるメキシコのストリートのものへと変わっていった。私はスクリーンに夢中になった。とても大きなテクノのビートと明るくまぶしい抽象的なものの連続が、たとえ私の目や耳、そして脳に過激すぎるものだったとしても、それらは会場を並外れた空間へと導いてくれた。

木曜の夜は、ゆったりとしたパフォーマーの作品が、IMAXを飾った。コンピュータミュージックの草分けである「クラフトワーク」のメンバーのカール・バルトスが、エレクトロニックアーティストだけではなく、ジャンルにかかわりなく、全ての人々に感動を与える音楽と映像で、会場をわかせた。クラフトワークの「トランス・ユーロ・エクスプレス」や「ザ・モデル」は、すばらしいサウンドシステムにより、鮮やかで、そしてリズミカルでさわやかな音楽であった。一方で、最近の作品である「エレクトロニック・エイプマン」は、バルトスが、コンピュータ世界で人生を切り開いていくという音楽で、バルトスが今もなお、シンプルでありながら印象的な作品をつくる才能があることを証明した。一方ヴィジュアルの方は、クラフトワークスタイルの明るいグラフィックシンボルの連続映像であった。これは、やや音楽の二の次に感じられた。しかし当たり前のことではあるが、それも音楽と合わせると、良いものであった。

金曜は「IMAX」と「NFT」の両者によるパフォーマンスでフェスティバルは更に盛り上がっていった。オプトロニカラウンジは、「ザ・サンチョ・プラン」の映像インスタレーションを映しだすスクリーンとプロジェクションにより、人々に居心地の良い空間を提供した。人々はビールを片手にショーみて、そこは最高のリラックス空間となった。

昨夜のパフォーマンスに感動して、私はカール・バルトスのレクチャー、「ザ・インターポジションズ・オブ・メディア」をみることにした。そこで彼は、マーシャル・マクルーハンの「マスメディアはメッセージである」という考えを追求し、異なるコミュニケーションの形が、どのようにして社会を発展させてきたかを述べていた。バトスの話を聞くのはおもしろかった。モダンテクノロジーにとても近いということ、彼はその限界(特にテレビのありかた)を非難し、自分自身コンピュータを使うのを楽しめていないことを認め、自分が愛するのはシンプルな3分間のポップソングだと言い切った。

さて、IMAXの話にもどり、私は「エクシーダ」による短いパフォーマンスをみた。「エクシーダ」の活動はテレビやフィルムの模倣から、頭がゴチャゴチャするようなコンピュータグラフィックスへとおよぶ。「リバース・オブ・ア・ネイション」は、ニューヨークのビデオアーティストで、オールラウンドの音の魔術師である「DJスプーキー」によるものだ。彼は、アメリカの市民戦争とクー・クラックス・クランの繁栄に対抗している、1915年のサイレント・フィルム「悪名高い人種差別主義一家の物語」のあるシーンを高めるために、グラフィックを上塗りしている。同時に彼のサウンドトラックは陰気で、雰囲気に富む音楽をブレンドしている。初期の時代のブルースのモダンなビートと忘れられないエコー。

人種差別主義の「クランズマン」の英雄的行為をたたえる一方で、動物や野蛮の対象のような、解放された奴隷を表現しているフィルムのイメージ、そのループは、それをみた人々が、後になってもそのイメージを思い出す働きをしている。嫌な映像だが、これはアメリカ映画の誕生は人種差別主義と社会主義のステレオタイプを押し付ける強力なプロパガンダに基づいている、という事実を人々に訴えている。

「サウス・バンク」の話をしよう。私は「アディクティブTV」のライブを見るために川の方へ急いだ。IMAXシアターを形作っている巨大なコンクリートキューブに映し出されたイメージは、テムズ川を渡った右側に見え、ウォータールーブリッジをこえた先に群がっている人だかりに、通行人は困って立ち止まってしまっていた。

シアターの野外テラスにのぼると、人々はデッキチェアに並んで座っていた。見上げると、様々なところで、ハウスとテクノのオーディオ・ヴィジュアル・ミックスや、エルビス、ローリング・ストーンズ、そして1960年代イギリスのポップ・シネマ・クラシック「イタリアン・ジョブ」にのせて、楽しそうに酔っ払って踊る姿が見えた。

一方、「アイ・オブ・ザ・パイロット」を見逃してしまった。そこで、アンコールの感じでショーがどうだったかを判断した。そして、人々はこのパフォーマンスに夢中になっていたのだと確信した。

土曜の午後、NFTに戻ると、「ビッグ・イン・ジャパン」では「トモグラファー」や「グラムーヴ」「デビルロボッツ」のようなヴィジュアルアーティストの作品が披露されていた。抽象的なコンピュータグラフィックスは、たくさんの機械的な光の中、力強い繰り返しのハウスビートにマッチしていた。これらは、クラブにあるヴィジュアルというより、映画のスクリーン外であるようだった。それと対照的に、次に始まった、デヴィッド・シルヴィアンとのコラボレートでも知られるマルチメディアアーティスト、高木正勝によるショートライブでは、エレクトロニックパフォーマンスの人間的側面を見せてくれた。タカギの優しく古典的で、フォーク的なキーボードの構成は、シンプルなペインティングスタイルのイメージとともに演奏された。それらは、自分の子供時代や、遠くにある大切な場所の記憶を、人々に呼び起こさせるものであった。

土曜の夜は、オプトロニカ・クラブナイトだった。川をわたってイーストエンドの「スピッツ」へ。イギリスの「サイ・ベグ」からフランスの「ヨアキム」やドイツのリミキサー「レゴウェルト」まで、世界的なDJやVJが集まっていた。「クラフトワーク」「スージー・アンド・ザ・バンシーズ」「マイケル・ジャクソン」「ザ・オズモンズ」まで、エレクトロ、ハウス、テクノのビートが流れるなか、全部ごちゃまぜ、なんでもありの世界!!

日本の「トモグラファー」、フランスの「イームービー」、「アディクティブTV」、そしてオランダの「スタンザクルー」はコンピュータアニメーション、「タン・イン・チーク TV ムービー」のサンプル、目を引くモーショングラフィックスなど、視覚的な作品を発表した。しかし私にとって最高のVJは「ミロシュ」だった。「ミロシュ」は目がくらむようなマルチレイヤードブレンドのタイポグラフィー、アニメーション、ファストカットビデオ、そして写真の画像などの作品を発表した。

夕方、人々のリアクションはVJナイトの2分をあらわしていた。立って見ている人、ダンスする人、あなたならどっちだろうか?DJとVJ達は、ステージのブースに隠れることはなく、とても目立っていた。うるさい観衆も、パフォーマンス中はステージに夢中になるほどの迫力であった。そのうち時間がたつにつれ、2分していた状態はなくなり、人々はパフォーマンスを見ることも、ダンスすることも楽しんだ。

オプトロニカでは、人々は2つのイベントでフィルムとTVの視聴覚的な作品を楽しんだ。そして日曜の午後に「NTF」にて幕を下ろした。「オプトロニカスクリーン」では3分間のミュージックビデオから9分間のショートフィルムにいたるまで、想像をかきたてるオリジナルの作品が人々を楽しませた。

まだ昨夜のことが忘れられない。私はAVライトと音楽のうるさいなか、暗い部屋で過ごすことに興味はなかった。しかし、上映されたビデオはとても面白く、バリエーションに富んでいて、私を夢中にさせた。ハイライトは「ロングタイムアフター」の都会の風景、「ジェネレーターP730」でとりあげられたコンピュータサーキットボードの街、「イントラミュラル・アンド・ノークシャス」で表現された忍び寄る不吉な死の雲、そして鈍くてレトロな「ZX スペクトラムズ・オーケストラ」による「ルック・アンド・リッスン」であった。

最後のイベント「ザ・ベスト・ミックス・マスターズ」は「アディクティブTV」が「チルアウト・ヴューイング」シリーズのハイライトを集めて10分間のAVミックス形式にした。この選集は、近年作られてきた沢山の作品のなかから、「サイ・ベグ」「メロウトロンズ」「DJスプーキー」そして「エクシーダ」など、すばらしい作品を集めたものだった。

全日程を通して、オプトロニカはパフォーマーのすばらしい多様性を集め、オーディオヴィジュアル文化の最前線をレポートしてくれた。このイベントが、ブリティッシュ・フィルム・インスティチュートのある一流の場所で開かれたということは、今やAVアーティストはアンダーグラウンドからイギリスのメインストリームになったのではないだろうか。

オプトロニカ・フェスティバル
会期:2005年7月20日〜24日
会場:National Film Theatre, BFI London IMAX, National Theatre and The Spitz
mail@optronica.org
http://www.optronica.org

Text: Phil Petty
Photos: Matt Cheetham from Samurai FM
Translation: Yu Murooka

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーブ・ベイカー
MoMA STORE