MVRDV「KM3:中国都市開発プロポーザル」展

HAPPENINGText: Wong Joon Ian

ヨーロッパにある最も小さい国が、世界最大の国に都市デザインをいったいどれほど教えられるのだろうか? 実に沢山ある。それが答えだ。もしもあなたがまじめに、オランダの建築設計会社MVDRVを中国に当てるのならば。

MVDRV、それは風変わりであるのだけれども、実に歓迎されているデザインスタジオである。彼らは「MVRDV KM3」と呼ばれる中国都市のプロポーザルを紹介する展覧会を 7月2日から8月21日まで上海アートギャラリーで行っている。

展覧会のテーマは新たなるアジアの中枢に似合った興味深いものである。「居住空間の急激な減少に対し、一方では都市人口の爆発するという事態に、いかにしてバランスをもたらすか。」というものである。その答えはきっと何百万という数の、北京やベンガルの都市住民を助けとなり、きっとアジアの新たな「百万都市」で、よりのびのびとした、より豊かな生活を助けてくれることになるだろう。

MVRDV は決して失望していない。展覧会ではもったいぶった専門用語を使い、「3D都市」を「飢饉や、悲観、保護を乗り越えた都市」と称し、そしてその建造物は無限の空間、繁栄した文化産業、都市空間に置ける束縛のない自由を想像させた。

MVDRVに、魅惑的なプロジェクトを巧妙なデザインで解決させるチャンスを与えるのは、なんら不思議ではないことであろう。アムステルダムの廃棄アパートである「Wozoco」が彼らの手によって生まれ変わり、賞を獲得したときのように。

実際問題として、この展示会自体がスペースの無駄使いであったのならば、上に述べたことは全て机上の空論になったのであろう。しかし、MVDRVにはそのような心配は一切ない。高架道路と水の道が広がり。1000平方フィートのギャラリーの展示室には、「MVDRV広州プロジェクト」の抽象図が広がりつつあるのだ。

インフラジャングルと呼ばれるその一部は、巨大なクモがその木のような肢体を部屋の中央から広げているようだった。 MVDRVの名声のために観客たちは勇気を出しクライス・クロッシング・ギャングウェイという場所を通り抜け、そこで出会うのは、よくある中国の都市像。環境の意識、歴史的文化的感覚、そして恥知らずな切り立ったエッジ。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE