トモアキ・リュウ展

HAPPENINGText: Yurie Hatano

洗練された空間を、様々な形に難なく適合させてしまうソーソーカフェ。2005年3月5日のオープニングパーティを皮切りにして、この度その白い魅惑的なスペースは、トモアキ・リュウのダイナミックな色に染められた。

トモアキ・リュウは、グラフィティ、ウェブサイト、ファッション、グラフィックデザインなど、多分野に渡って独自の作品を創り出す、ロンドン在住の日本人アーティストである。ここシフトでも、シフト2005年カレンダーにて作品が選出されている他、2005年1月のカバーデザインを手掛けるなどの活躍をしており、その名や作品になじみのある人は多いであろう。

オープニングに行われた彼のパフォーマンスは、始まったというよりもむしろ、いつの間にかそこにあったと表現したい。開始時間には、彼はすでに大きな3枚のクリアパネルの制作に黙々と挑んでいて、スプレーを用いた着色作業のために会場と外の出入りを繰り返していた。

入り口付近に展示されたのは、シフトとリュウ氏のコラボレーションによるオリジナルTシャツと、デザインスニーカーなどの作品である。その色や配置は、一見ポップなアパレルショップのようでもあり、入り口に明るい印象を創り出していた。会場内の壁やテーブルには、シルクスクリーンやステンシル作品、ポスターなどが張り巡らされ、また、奥に位置するDJが、心地よいビートと共に会場全体を一つにした。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE