マルコス・ウェスカンプ

PEOPLE

様々な情報が溢れ、飛び交う現代。その形を持たない情報を、アカデミックで興味深いコンセプトと技術でビジュアル化したプロジェクトを代表作に持つマルコス・ウェスカンプにお話を伺った。


まずはじめに、自己紹介をお願いします。

1977年、アルゼンチンのロサリオに生まれました。大学では、建築、ファインアート、グラフィックデザインを学びました。建築のクラスでは、日本の現代建築についての授業をきっかけに日本に興味を持ち、図書館でよく日本の伝統技術を研究していました。日本文化のシンプルさ、清楚さ、そしてまた控えめなところがとても好きでした。

1998年、日本の文部省から奨学金を受け、日本にやってきました。1年間語学学校に通い、その後グラフィックデザインの学校へ入学しました。アナログのツールを使ったスケッチやペインティングを主にしながら、実はコンピューターフリークでもあります。10歳の時に、シーモア・パパートの、幾何学とコンピュータープログラミングを学ぶには素晴らしいツール、LOGOをきっかけにコンピューターと出会い、それ以来コンピューターは私の良き仲間です。

同年、インターネットの商用利用が日本でちょうど始まったころでした。PCを手に入れ、プロバイダーと契約するのに、アルバイトで貯めたお金をすべて使いました。通っていたデザイン学校を卒業した時には、すでにフリーランスでHTMLやCGI、FLASHの仕事をいくつか経験していましたが、ただそれはその日の食事代を稼ぐためのようなものでした。そのような中で、素晴らしい人達と一緒に仕事をして刺激を受けることができ、とても幸運だったと思います。

現在の活動内容を教えてください。

昨年の9月にイタリアに引っ越し、「Interaction Design Institute Ivrea」のインターアクションデザインでマスターコースに在籍しています。これは2年間の集中コースで、僕は様々なバックグラウンドを持つ学生や研究者と一緒に過ごしています。プロトタイピングの他、コンセプチュアルな作品を強調しています。今は、実在の空間と同じ様にバーチャルの空間に参加する人たちの間で可能なコミュニケーションに、興味があります。

ウェブサイトでの仕事の多くは個人的な実験作品のようですが、クライアントのいる作品としてはどのようなものがありますか?また、個人的な作品とは、どのように線引きをしていますか?

そうですね。主なものは実験作品です。幸い、今、僕はあまりクライアントのいる作品を制作していないので、多くの時間を自分の作品研究に費やすことができます。今も、そしてこれからも、クライアントから仕事を引き受けるのは、プロジェクトが本当に面白そうだと思う場合ですね。だいたいはコンセプトとコンサルタントの段階で決めます。

Social Circles」や「Newsmap」のサイトに見られるように、「情報のビジュアライゼーション」にこだわっていますよね。どういった点に面白さを感じていますか?

「情報のビジュアライゼーション」というよりは、「情報の中にあるパターンのビジュアライゼーション」と言ったほうが良いかもしれません。街中、電車、テレビ、ラジオなど、私たちの身の周りには様々な情報が飛び交っています。インターネットは素晴らしいコミュニケーションツールですが、情報が溢れ過ぎてしまっているという側面もあります。今日、インターネットは新しい試みを見せつつあると思います。

情報が広く、規制にとらわれず提供される環境により、新しいビジュアルのパラダイムが、膨大なデータを集め、整理し、分析することが求められてきます。新しいユーザーインターフェースは、その増え続ける情報を処理するために開発されています。つまり情報のビジュアライゼーションとは、グラフィックデザイン、科学的ビジュアライゼーション、人間とコンピューターの相互作用の結果なのです。

しかし僕はそこから一歩踏み込んで、情報自体が表現できるものにすることに興味があります。ベン・フライは、「情報の代謝」という表現を使い、こう述べています。「ビジュアライゼーションは、データを消費する。もしそのデータが“栄養のある”ものであれば、そのビジュアライゼーションは“肉付きの良い”ものになる」今日、ネットワークをメディアとして利用することにより、僕たちは核となるエンジンを作ることができます。そこに事前に育てていたもの、あるいは、リアルタイムのデータを付加する。そのデータの質と量によって毎回全く異なる結果を見せながら、ビジュアライゼーションとして様々な形で表現されていくのです。

制作で最も重視しているのは「コンセプト」だと聞いています。以下のプロジェクトのコンセプトを教えていただけますか?また、それぞれのアイデアはどのように生まれたのでしょうか?<

Social Circles」のアイデアは、ある日会議に出席していたときに思いつきました。会議中に交わされる会話が、とても階層的であることに気付いたのです。またそこでは、会話内容や実際に使われる言葉以外に、ボディーランゲージ、服装、席につく場所、上下関係、人間の心理など、様々な情報があり、こういった情報も、そこで何が話されているのかを知る重要な鍵となります。

逆に、ほとんど情報のみで行なわれるオンラインでのディスカッション、例えばメーリングリストやチャットは、このような情報が見えてきません。 マサチューセッツ工科大学では、この点に関して様々な角度から研究を重ねています。Social Circlesも、この問題にアプローチをするものです。しかし、その対象はメーリングリストのみで、リアルタイムで新しい情報を更新しながら、メーリングリストの“今”の状況をリアルタイムで映し出していくというものです。また、このプロジェクトは、メーリングリストは閉ざされたディスカッションの場であるというパラダイムを、オープンなものへと変えます。たとえ少々過激なメーリングリストであっても、誰かが選んだ訳でもなく自然に、必ずそれを中和する存在が現れます。その人は、最も多くのスレッドで話題を投げかけ、コメントをします。初めて分析したメーリングリストの結果が、このようにグラフに現れた時に、とても興味深く感じました。

他に、大規模なディスカッションの始まりを目撃しました。好んで積極的に参加する人もいれば、逆に突然いなくなってしまう人もいます。このSocial Circlesは、プライベートな空間を覗かれているようだと感じ、嫌う人もいます。またある人は、メールをたくさん送り、ほとんどのスレッドに参加し、グラフの中心になるべく戦う人もいれば、自分が中心にいることに気付いて、恥ずかしくなるのか、ゆっくりと姿を消してしまう人もいます。

Treemapは新しいアイデアではありません。米国メリーランド大学のベン・シュナイダーマン教授が1人の著者として参加している「Readings in Information Visualization」という本で、Treemapを知りました。1990年、彼はハードディスクの中にあるディレクトリと、ファイルやフォルダの状態を表すため、新しいビジュアルアルゴリズムを生み出しました。Treemapは、ピエト・モンドリアンの作品と良く似ています。僕は、そのビジュアルのインパクト、科学とアートのミックスに惹かれ熱心に研究しました。初めてgoogle newsを見た時、その集合体の中でどのように情報が置かれているかに気付き、すぐにこれら何千ものニュースがTreemapを通して見ることができたらどうだろうと思いました。

Newsmap」では、それぞれの四角形の大きさはそのニュースに関連する記事がどのくらい存在するかによって決まります。ゴラン・レビン教授は、見慣れたものを全く違う角度から見る為には、情報をビジュアルで再構築することが必要だと指摘しています。「Newsmap」は「google news」に取ってかわろうというものではありません。データと、ニュースメディアに存在する目に見えないパターンとの関連を、ビジュアルで表現するアプリケーションです。これは、ニュースを均等な視点から見る為のものではなく、逆にニュースの比重の違いを強調するものです。

これからビジュアル化してみたい情報はありますか?

難しい質問ですね。世の中には目に見えないあまりに多くの情報がありすぎます。人類全体が1時間に生み出す情報量を考えてみてください。そしてその量を1年分で考えると…もう膨大な量です。
絶対にやってみたいと思っているのは、状況に応じて変化する情報のインスタレーションです。これが現在少し取りかかっており、最も興味のある分野です。なかなか日本でインスタレーションできる場所を探すのは難しいですが。

シフトのカバーデザインのコンセプトを教えてください。

これは「セルオートマトン」に近い動きを持つ抽象的な構図になっています。このアイディアは、格子状のセルそれぞれが隣り合うものの明度を平均化するために常に更新されるというものです。外部の要素が加わり全体のバランスが崩れると、すべてのセルが変動し、あるいは隣のセルの明度にシフトしていくのです。

イタリアのデザイン事情について教えてください。

今は、イタリアの北部、イタリア−フランス−スイスにまたがるアルプスのそばに住んでいます。ミラノやトゥリンにも近いです。東京からアルプスへ、大きな変化でしょ。ここではウェブ界と関わりを持っていませんが、大きな都市に行くたびに、空気の中にデザインを感じています。どこにいてもそうですが。

読者にメッセージをお願いします。

近いうちに東京遊びに行くよ〜!

Marcos Weskamp
mail@marcosweskamp.com
http://www.marcosweskamp.com

Text and Tanslation: Ayako Yamatomo

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ステファン・マークス
MoMA STORE