アート・ミーツ・メディア 展

HAPPENING

一般的に広く使われながら厳密に定義しづらい「メディア・アート」とは何か?というテーマに取り組んだ意欲的な展覧会が、1月21日から東京・NTTインターコミュニケーション・センターで「アート・ミーツ・メディア:知覚の冒険」というタイトルのもと行われている。冷戦体制の崩壊後以降を一つの年代的区切りと捉え、コンピューターの普及とあいまって、メディア・アートがどの様に変化し現在に至ったのかということや、またその特徴や可能性を考察していくという展覧会だ。


さて、展示の内容だが、インタラクティブな作品からテクノロジカルな作品、視覚・聴覚につよく訴えかける作品、また社会性が強い作品など、およそメディア・アートという枠組みの中で考えられる作品が様々な文脈の上で語られていた。


db/池田亮司 2002
Courtesy of NTT InterCommunication Center (ICC)

いくつかの作品にふれてみると、まずは池田亮司の「db」。一切光を排した無響音室でのインスタレーションと、蛍光灯を百本以上使い過剰なまでの白い光に包まれた二つの部屋を合わせた一対のインスタレーションで、空間とサウンドを対照的な二つのベクトルに極限まで結晶化したような作品である。
この作品を完璧に語りうる言葉を持っていないのは残念だが、それでもなお、何か語りうるとすれば、この人工的に作られた空間とサウンドが、ぼくらが日常生活するフィールドに決して存在していないものでなく、日常に溢れているものということだ。
だが、それは余りにもその他のノイズに埋もれいて、うっすらと感じることしか出来ずにいるということを、この作品を通して触れることで、知ることができる。現実に存在しているものそのものを、光と音など無駄な情報の一切を排除し、池田亮司的観点で配置した形で表現した、美しくも凶暴なインスタレーションであった。


フリークエンシー&ヴォリューム/ラファエル・ロサノ=ヘメル 2003

また、ラファエル・ロサノ=ヘメルもサウンドと空間を用いたインスタレーションだが池田亮司とは全く違った内容。
「フリークエンス&ヴォリューム」は大きなライトで観客の影を浮かび上がらせ、その影が公共空間に存在する様々な無線の周波数をリアルタイムでスキャンし部屋に設置されたスピーカーからその周波数の音を放送するというもの。影の大きさで音量も調節でき、まるで自分自身が無線機になったような錯覚に陥る。


フリークエンシー&ヴォリューム/ラファエル・ロサノ=ヘメル 2003

彼はその日に行われたアーチスト・トークでも、カナダからインターネットで参加し、過去のプロジェクトについて説明していた。例えば、山口情報芸術センターで行われた「アモーダル・サスペンション」についてその作品に反映された歴史的背景や、アートと公共性についての興味深い説明などを行った。モニター越しに会場の聴衆との質疑応答などを見ていると、物理的な距離を越えたコミュニケーションが現在では普通に成立していることを実感した。


ヴィニールヴィデオ/ゲープハルト・ゼングミュラー 1998-

ゲープハルト・ゼングミュラーの作品「ヴィニールヴィデオ」は、テレビが開発され、現在ぼくらが使用している状態に至る過程で、もしかしたらこんなものが出来ていたかもしれないという仕様を、メディア・アートというフォーム上で再現し、現在は音だけを扱っているヴィニールレコードを映像も記録・再生できる装置に作った。


ヴィニールヴィデオ/ゲープハルト・ゼングミュラー 1998-

彼もアーチスト・トークに参加し、この作品について詳しく説明していた。展示されている作品「ヴィニールヴィデオ」のブースはまるでレコードショップのようで、作られた「ヴィニールヴィデオ」専用のヴィニールレコードのジャケットも実際に売っているのではと思わせる精巧な作り。


キドニー・スーパーマーケット/シルパ・グプタ 2002

そして、一見ポップだが、ヘビーな社会性のあるメッセージを突きつけてくるシルパ・グプタ。「キドニー・スーパーマーケット」はタイトルの通り腎臓をテーマに扱い、それらに関連する情報をビデオなどで扱い、砂糖でつくられた色とりどりの腎臓がディスプレイされるという、ちょっとした不気味さをもったインスタレーション。


キドニー・スーパーマーケット/シルパ・グプタ 2002

この砂糖で作られた腎臓は実際に買うことも出来る。また、彼女もアーチスト・トークに参加していて、その他の作品などもそこで紹介された。


ビヨンド・ページズ/藤幡正樹 1995

その他にも藤幡正樹の「ビヨンド・ページズ」や岩井俊雄の「メディア・テクノロジー〜7つの記憶」なども今回の展覧会に出展されていた。

今回の展覧会のテーマ上、決して展示されている作品がメディア・アートの最前線というわけではないが、80年代末をメディア・アートにおける一つの出発点と捉え、現在に至るまでの全体像を俯瞰するという意味では、とても充実した内容となっていた。3月21日までの開催なので可能な方は是非行ってみてもよいのでは。

デジタル端末の発展と共に、ぼくらは生活する環境で非常に多くの情報を扱えるようになった。そして、テクノロジーや社会問題など、以前は専門家が扱うような事象が横断的に関連していっている。だが意外とこういった出来事や関連性などを日常で感じたり、考えたりすることは無いのではないだろうか。しかし、アートという切り口でアーチスト達がテクノロジー、情報、人、環境などの問題や可能性を顕在化することで、遠く離れていると思っていたことが突然目の前に現れ、ぼんやりしている頭を覚醒させ、何気ない事柄が豊かな意味を持ち始める。

アート・ミーツ・メディア:知覚の冒険
会期:2005年1月21日〜3月21日
会場:NTTインターコミュニケーション・センター
参加アーチスト:グレゴリー・バーサミアン、藤幡正樹、池田亮司、ラファエル・ロサノ=ヘメル他
http://www.ntticc.or.jp

Text and Photos: Yasuharu Motomiya

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE