NIKE 公式オンラインストア

プレイス展

HAPPENING

PLACE」とは、バサバがプロデュース、キュレーションを手掛けたクリエイティブな探究プロジェクト。世界中の35組のデザイナーとコラボレーションし、グラフィックデザインというメディアを通して、文化や社会規範がクリエイティビティに与える影響を探究するというものだ。


18カ月の間、白紙のスケッチブックとDVカメラ、カスタマイズされることを待ちわびている白いTシャツが入ったスーツケースが、世界中170,000kmの旅をした。コペンハーゲンからカラカス、モスクワからモントリオール、ダーバンからダカールなどなど・・・。つまり、そのスーツケースが、世界中からバサバが選んだスタジオのドアへ赴き、その中に用意されている道具だけを使って、それぞれのアーティストに自分の生きている世界を表現してもらうというプロジェクトが「PLACE」なのだ。

そのスーツケースが何ヶ月もかけて地球を走りまわりながら、参加アーティストそれぞれの“場所”という解釈をモノやイメージという形で集めてきた、35のアートワーク、カスタマイズされたTシャツ、スケッチ、映像を展示したとびきり素晴らしいエキシビジョンが、バルセロナのアートなホットスポット「CCCB」で開催された。

会場に入ってまず目の前に飛び込んできたのが、「PLACE」の本から抜き出した主な作品を拡大し、壁一面に貼付けた巨大なコラージュ。その他の壁には、クラシカルな額に入れられた“場所”を表現したグラフィック作品が、飾られていた。

このプロジェクトには、参加アーティストはアナログの作品のみしか提出できないというルールがあったそう。それによって、このエキシビジョンには、生っぽく、かつシンプルな要素が溢れ、それがデジタルが支配している今日のグラフィックデザインと対照的で、とても新鮮に感じられた。それらの作品は、デザイナーが近代的なツールを取り上げられた時に発揮する真のクリエイティビティをよく表し、“アート”としてのグラフィックデザインの価値を実証していた。

その部屋の中心には、横長のガラスケースが置かれていて、スーツケースが旅中で集めてきた記念の品や切符や、ステッカーやセキュリティチェックのシールとともにぼろぼろになって帰ってきたスーツケースそのものが、無造作に展示されていた。まるでそれは、ワールドツアーを終えた後のスーパースターの、ドラムスティックケースみたいだった。

さて次の部屋へ。そこには、「PLACE」に参加したアーティストの住んでいる位置を示した巨大な世界地図が壁に広がっていた。それぞれの位置は、35のモニタとリンクしており、同時にそれぞれのコントリビューターによる映像作品がループで流されていた。その映像は、アーティストの住む街が、ごく個人的な視点で切り取られたものだった。

その向かい側にあった横長のガラスケースには、コントリビューターの名前とポートレートをのせた「PLACEパスポート」と、このプロジェクトのグローバル感をダイレクトに感じさせる品々や、アーティストのパーソナルな面を覗くことのできるものもあった。その横にあった暗い部屋は、ある人にとっては、うたた寝スペース、またある人にとっては映像作品を完璧なサラウンドスピーカーと大きなスクリーンで楽しめる場所になっていた。

エキシビジョンの最後の空間には、それぞれのアーティストによってカスタマイズされたTシャツと、本から抜き出されたイラストレーションが展示され、「PLACE」プロジェクトをビジュアルでもう一度振り返ることができた。オリジナリティと強さを持つアートワークが、申し分のない方法で展示され、完成度の高いエキシビジョンだった。驚いたのは、“場所”というテーマが、文章では、ビジュアルでの表現ほど大きな差がなかったことだ。このエキシビジョンでは、その共通項によって、地理的な違いの中にあるデザインの流れが持つパワーや、インスピレーションとしての物理的な“場所”が証明されていたように感じる。

グラフィック作品と、このプロジェクトが巡回した街についてのショートストーリーが収録された、PLACEの2冊の本(Actar, 2004)は、 www.vasava.es/leisure にて購入可能。

PLACE 展
会期:2004年11月23日〜12月12日
会場:CCCB、スペイン・バルセロナ
http://www.place.carochejeans.com

Text: Lotje from Maxalot
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE