4U・ラグ・エキシビジョン

HAPPENING


「RUG(ラグ:手織り絨毯)」は、アフガニスタンが世界に誇るクラフトワークの一つであり、生活に密着した道具。その使い方は細分化され、たとえば食事用だったり、お祈りの際に使用したり、あるときは嫁入り道具として母子でラグを織りその思い出をつれて持っていくような、“スピリチュアル”で“リアル”なもの(日本では高級品として飾り物とされることが多いけれど)。

そのラグを、日本のアーティストとアフガニスタンの職人たちとのコラボレーションで制作するというプロジェクトが「4U RUG Exhibition」。「戦争」「ランボー」といった、同国のステロタイプなイメージを払拭するべく、unite(合同する)、unique(無比の)、unison(和音)、universe(宇宙)という、アフガン復興支援という願いが込められたピースフルなラグが、遠くアフガニスタンから届いた。

参加アーティストは、浅野忠信、宇川直宏、白根ゆたんぽ、田名網敬一、タナカカツキ、生意気など14組。そのデザインを、現地の職人が長い時間をかけて丁寧に織るというものだ。一日に2〜3センチほどしか織り進めることができないため、手の込んだ作品では2人ががりで半年を費やしたものもあるとか。間近に見ると、確かにその作業の繊細さが見て取れる。また何より大変だったのは、色や絵柄についての、職人への翻訳作業だ。あまりにもかけはなれた文化に暮らす彼らとの間にある感覚の違い(※「赤」一つとってみても、それが夕焼けの色なのか、血の色なのか)を埋めなければ、アーティストのデザインを再現することはできないからだ。残念ながら下絵の展示はなかったので、どのくらい再現できているかを知ることはできなかったが、ラグとして完成された作品を見て、下絵を想像するのもまたよしということで。

入り口を入ると、まず田名網敬一の作品が目に入る。おなじみの金魚をモチーフにしたデザインは、田名網テイストはもちろんそのままに、色、風合いなどラグ独特の質感が加算され、「自分でデザインしたものよりおもしろかった」と本人も満足の仕上がり。

さらに、宇川直宏とのトークショーでは、「金魚」に込められたその意味を語った。そもそも田名網は、現在金魚は飼っていないし、好きなわけでもなく、戦争時に見た、照明弾にきらめく水槽の中の金魚が今でも印象的なのだという。彼にとっては日常化された戦争のイメージが「金魚」であり、4U RUGのテーマと重なる部分があったのかもしれない。それは単に、“戦争の国”というイメージではなくて、今回のプロジェクトのきっかけとなった「WAR RUG」と呼ばれるラグの存在がある。これは、戦争を直接的に批判するデザインが織り込まれた「画報」の意味合いが強く、誰の作品かはわからない。半永久的な耐久性をもつラグに込められたそのメッセージは、見る人に強く、そして長く届けられる。直接的ではないにしても、田名網作品の根底に流れるテーマはまさに「日常化された戦争」であり、難民キャンプなどで織られたというWAR RUGと近しいメッセージが込められている。

一方、コンドームをかぶったノンノンをデザインした宇川直宏は、コンセプチュアルなその作品についてのテーマを語った。コンドームを使わない国でどのようにそれが表現されるのか。アフガニスタン・ラグの特徴である草木染めでは出ないビビッドな色(※合成染料によって染色)をあえて用いることで、化学兵器の脅威におびえる同国の反米、反戦メッセージを逆説的に伝えようという試み。ラグの周囲に配された、ノンノンのしっぽに見立てたポンポン(フサ)。そして、あれだけ流行っていたのに、いろんなニュースに埋もれて報道される機会が極端に減少しているHIVを暗示し、ニューストレンドに対するアンチテーゼをも示していると言うのだ。もはや言うことはない。お見事。

白根ゆたんぽの作品、モチーフは髪の毛(!?)。ラグとしての完成形を考えるよりもむしろ、本来の“生活に密着した道具である”という部分に着目し、「金髪、ブラウン、ブルネットなどのいろいろな髪の色は人種を表していてそれが同じ平面にならんだ絵面で平和な感じを表現してみたり、まあそんな平和な世界中の女性の髪の毛の絵面の上でゴロゴロしたいですね。ってな感じ」 なのだそう。

タナカカツキによる、上下を逆にしても顔に見える作品。実は、現地の職人が図案の意味が理解できず、最初の数ヶ月間、まちがえたまま織り続けていたというエピソードも。

こちらは、次にラグを作るとしたら「絨毯職人をそのまま絨毯にしたい」という浅野忠信の作品。このプロジェクトを受けた時、「絨毯作りの技術にアフガニスタンという響きを感じた」とのこと。「できればこういうことを続けていきたい、お互いを知らないところでの作業に感謝!」と、丹念にラグを織り上げてくれたアフガニスタンの職人さんたちへのメッセージを語っている。

左から、できやよい、松本弦人、小町渉の作品。できやよいの作品は、下から上へ暖色系の濃淡で人の顔が描かれているのだが、職人はなにを間違ったのか、上半分あたりで突如、濃い色の層が登場。

くり返しになるけれど、ラグはそもそも、所有して触って、5感で味わう生活の道具。今回は「展示」という一時的な接点でしかないけれど、次回はぜひ、座ったり寝転んだりできるような、触って体感できるラグとの出会いを期待する。

4U RUG EXHIBITION
会期:2004年10月8日〜22日
会場:Camel Pleasure Factory(CPF)
住所:東京都港区南青山5-13-3 FIK MINAMI AOYAMA 8F
TEL 03-3407-8477
キュレーション:今井みはる(BAMVI)
協力:NPO法人 MOGU VILLAGE Project、渡辺純(Nomadic ART)

Text and Photos: Yuki Ishida from Web Designing

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE