姉川たく

PEOPLE

絡みあい、もつれあい、結ばれて、また、ほつれる。そんな糸の持つ魅力を見い出し、最近では刺繍という手法を使った創作活動を積極的に行っている姉川たく。今月のカバーデザインは、活動10年目という節目を迎える彼が手掛けてくれた。とは言え、彼の名前を初めて耳にする人も多いのでは?アートディレクションやプランニングなどのクライアントワークも手掛ける彼が、自身の創作活動により力を注ぎ始めたのはここ最近だ。アーティストとして今注目を向けずにはいられない、そんな彼にお話を伺った。


まずはじめに、自己紹介をお願いします。

姉川たく。イラストレーター、アートディレクター、プランナーなど。

現在はどのような活動をしていますか?

2004年からは個人的な作家活動も積極的に行っていますが、依頼をお受けする形での仕事も多くしています。開拓型、受注型。どちらも魅力的なので。

個展/グループ展他にも、携帯電話のカスタムジャケットの展覧会やNHKの番組でのオープニングなどいろいろな活動をされているようですが、最近の活動内容をそれぞれ簡単に紹介してください。

P900i meets artist“crossing”
パナソニック・モバイルからの提案で、企業との新しいコラボレーションの形態を模索しているプロジェクト。第一回目は「P900i」のカスタムジャケットを様々なアーティストに依頼し提案してもらいました。
参加者はMAI、ten_do_ten、白根ゆたんぽ、菱川勢一、ARKO、HIRO、Imaitoonz、moss design unit、福井利佐、海老沢正敏、遠山敦、nem、姉川たく。
会場にて“crossing”のためだけにアーティストたちがデザインしたカスタムジャケットの販売もしました。

NHK親と子のテレビスクール
新しい現場感覚の親子番組というコンセプトのテレビ番組。毎週土曜日、午前11:00から。
姉川はオープニングアニメーション、タイトルデザイン、キャラクター、撮影セットの壁画などを担当。
オープニング音楽は「グリーングリーン」をBUFFALO DAUGHTERの 大野由美子さんが編曲、それをUAさんが歌っています。

他にも、最近では名古屋万博NEDOブースで流れるナノ映像のアートディレクション、パナソニックCQの映像制作、某玩具メーカーと某ゲームメーカー共同企画の〜リンガルのディレクション、東京デザイナーズブロックのためのキャメル自販機のデザイン、某代理店で展開するための新規キャラクター提案、など行っています。

キャラクターの仕事と今回のような展示(作品発表)の違いを教えてください。

今回のような展示の方が、より濁りのない表現ができるということはあると思います。クライアントがいるかいないかという違いはもちろんありますし、自分の生活や考え方から出てくるひとつの答えという感じもします。

2004年から、展覧会を積極的に行うようになったのは、純度の高い表現がやりたくなったということもあるし、東京に来て4年、ようやくそういった環境が自分の側に整ってきているということもあると思います。

今見ると、受注型のキャラクターなどと、今回のような展示作品は見た目も雰囲気も違って見えるかもしれませんが、10年、20年して眺めてみれば、やはり同じ人間のやったことですし、根っこは同じでしょうね。
自分の中でも、その辺りは少し俯瞰して眺めているところもあるので、本当はあまり大きな違いはない、とも言えますね。

2003年までは、開拓型の表現を、展示という形態でなく、企業への提案、持ち込みという形で行っていたのですが、それを2004年からは、展示という方向にシフトさせた。という風な説明もできますし。

LABOというシェアリングスペースについて教えてください。

中目黒に大学時代の友人達と共同の作業場を作りました。その場所の名前がLABOです。元家具工房だった場所を借りて、内装などはやはり友人の建築家に依頼して、自分達にとってとにかく快適な場所を、ということで計画しました。

現在は、デザイナー、プログラマー、アーティストなどの人種10数名がシェアーするスペースとなっています。

自分にとっては、非常に重要な場所で、展示などに積極的になったのもLABOの存在は大きいでしょうね。基本的に「ええかっこしい」なので、誰かに見られている方が仕事するということもありまして…

2003年に刺繍ミシンを購入されたそうですが、どういった作品で使用しているのですか?

南青山のCPFで行った展覧会で、始めて刺繍ミシンの作品を発表しました。完全に手作業というのでもなく、手も、デジタルも、機械も通るという作業形態は非常に魅力的。

10月の札幌での展覧会の内容はどのようなものになる予定ですか?

先頃東京で開催された合同展(@CPF青山)で発表した作品のシリーズを大幅にバージョンアップしてお披露目します。

絡みあい、もつれあい、結ばれて、また、ほつれる。糸を表現する言語は多様で、関係性を様々に言い表わしています。おそらく、糸そのものがそういったイメージを内包しているからなのでしょう。今回の展示は、糸の存在感をどこまで、引き出せるのかということをひとつの着眼点としています。

また、刺繍ミシンを中心に、シルクスクリーンやスプレーといった糸との新しい関係性を見つけだすためのチャレンジも行う予定です。

今回のカバーデザインのコンセプトを教えてください。

ミシンが描き出すステッチに焦点をあてました。淡々と一見機械的に描き出される線は、実はそれぞれに表情を持っています。写経を行うのは心を集中させて、祈りや願いを高めるためと言われますが、ミシンが描き出す線はその写経にとても似ています。しかし、写経が2度と全く同じ文字が書けないのと同じように、同じプログラムで書かれた線も少しの揺らぎとの組み合わせで、2度と同じ線を書くことはできません。それでもミシンは、淡々と黙々とただただ美しい線を引いていくのです。

今後の予定やチャレンジしてみたいことを教えてください。

例えば、展覧会を国外でやるとか。新しいことはつねに、続けていくことになると思います。

最近は、自分がかかわるものがすべて、本来あるべき姿になるようにと心掛けています。
少し伝わりにくいかもしれませんが…無理せず形にはめていく…。そんなイメージでしょうか。
そういった感覚で仕事をすることが増えてきました。

最後に読者にメッセージをお願いします。

いつかどこかで御会いしましょう。以外と狭い業界みたいですし。

姉川たく
東京都目黒区中目黒1-9-6 LABO
info@philspace.com
http://www.philspace.com

Text: Naoko Fukushi

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE