イエロー・フロッグ

HAPPENING


8月と9月はブエノスアイレスにとって写真の時期。「ライト・フェスティバル」が現在開催されていて、すべての美術館やアートギャラリーがクリエイティブなエネルギーで満ちあふれている。

MALBA(ラテンアメリカアート・ブエノスアイレス美術館)のメインエントランスでは最近、新進気鋭のアーティストによるショートフィルムや写真を上映する「イエロー・フロッグ」が開催された。

そのショートフィルムと写真は同時に2つの巨大スクリーンに映しだされ、DJはアンビエントな音楽でなごませてくれた。

外からみると現実離れしたレイブのように見えたのだが、中へ入ってしまえばショーを楽しめた。

通りすぎる人や車も、プロジェクターで“展示”されていた14名のフォトグラファーによる素晴らしい写真を覗くことができた。

このイベント終了後、このようなイベントは続けるべきだと誰もが感じ、現在「イエロー・フロッグ」の第2弾が計画中。次回は、バスの中で行われ国内をツアーする予定となっている。

意欲的で興味深い新しいローカルの動きは、“新しい”だけではなくそれ以上の意味を持っている。

イエロー・フロッグ
日時:2004年8月12日
会場:ラテンアメリカアート・ブエノスアイレス美術館 (MALBA)
sonoamarilla@fibertel.com.ar
http://www.malba.org.ar

Text and Photos: Gisella Natalia Lifchitz
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE