スティーブ・パワーズ「マイ・リスト・オブ・ディマンズ」

HAPPENINGText: Carlos J. Gomez

ウースター・ストリートからグランド・ストリートへ横切って、次はスティーブ・パワーズの最新展覧会のオープニング「マイ・リスト・オブ・ディマンズ」に向かった。

彼は「ESPO」として知られている有名なグラフィティ・アーティストで、作品は「ディア・レインドロップ」に比べるとシンプルなものだった。高速道路などにある食堂を表す標識や、大柄なステッカーのようなものが中心で、それらがギャラリーの壁中に散らばっていた。

ちょっと変わった言葉やコメディチックなストーリーには、憂鬱な絵が使われていたりする。

大きな部屋では、自分がコミックの中に入ってしまったような感じで、空間でそのストーリーを楽しむことができた。

十分に取材用の写真を撮り終えた後、タクシーのなかなかつかまらない夜のちょうど良い避難場所だったな、そう思いながら雨の降る中、会場をあとにした。

Dearraindrop: Riddle of the Sphinx
会期:2004年6月25日〜8月7日
会場:Deitch Projects Wooster
住所:18 Wooster St., New York, NY 10013
TEL:+1 212 343 7300
http://www.deitch.com

Steve Powers: My List of Demands
会期:2004年6月25日〜8月7日
会場:Deitch Projects Grand
住所:76 Grand St., New York, NY 10013
TEL:212 343 7300
http://www.deitch.com

Text: Carlos J. Gomez
Translation: Naoko Fukushi
Photos: Carlos J. Gomez

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE