NIKE 公式オンラインストア

EBOY展「ピクセレスク」

HAPPENING

eBoy」初のバルセロナでのエキシビジョン「ピクセレスク」が、マクサロット・ギャラリーにて5月7日オープンした。ベルリンを拠点に活動するピクセルアートの巨匠とも言える彼らの世界は、ロボット、不思議な乗り物、大量破壊兵器などがぎっしり。このエキシビジョンでは、eBoyの23作品が、キャンバスに印刷され、クラシカルな金の額縁に入れられて展示された。これは、グラフィックデザインを近代美術のように“アート”のように楽しんで欲しいという、マクサロット・ギャラリーの想いからだ。


初日のオープニングパーティーでは、グラフィックデザインのエキシビジョンにあえてベートーベンやモ−ツァルトなど“ウィッグ世代”のクラシック音楽をチョイスし、ちょっとひねりを加え、豪華なシャンパンも振舞われ、会場はコミカルな雰囲気に包まれた。

残念ながら当日、eBoyは参加できなかったのだが、マクサロットのスタッフはその1週間後、彼らのベルリンにあるオフィスで彼らに会う機会に恵まれた。eBoyは、ステッフェン・ザワータイク、スベンド・スミタル、カイ・ベルミア、ピーター・ステムラーの4人が1998年から活動しているグループ。(上の写真)

「ピクセレスク」では、おなじみの「eCity」シリーズの他に、新しい作品が登場した。砂漠のような風景にインカ文明の雰囲気漂う建物と、巨大ロボットと戦う人間が描かれた作品だ。この作品の他にも、キュートなモンスターや、豪華な金の額縁に飾られた素敵な女性、「eCity」からの部分的なセレクションが展示された。

eBoyの作品は、ゲームのようなピクセルグラフィックの親しみやすさとノスタルジックな雰囲気に、未来感のある都市やセクシーさをミックスしている。こんなくらくらしそうなカクテル、飲まずにはいられない!

eBoyはこの、誰にでも親しみやすいスタイルで、マクサロットに訪れる客層も広げた。マクサロットのネットワークは今、世界のグラフィクデザイナーやクリエイターだけではなく、もっと広い一般の人々へと広がっている。例えば、道を何気なく歩いていた人が、ちらっと「ピクセレスク」を窓から見かけ、つい歩み寄って見てしまうという風に。マクサロットの願いは、グラフィックデザインの美しさとその良さを、もっと多くの人にも見て欲しいということなのだ。まさに彼らのエキシビジョンは、その手助けをしてくれた。

eBoyの作品を見ていると、アタリのような古いコンピューターを思い出す。それはおそらく、eBoyメンバーの4人中3人が、東ドイツでコンピューターゲームに触れることなく育ったからかもしれない。これは彼らの、おもちゃを作るという今後のプロジェクトでも同じく言えることかもしれない。最近よくある、フィギアなどのコレクター向けのものではなく、実際に子供が遊ぶことのできる本物のおもちゃを作ろうと考えているらしい。彼らの爆発的なイマジネーションとファンタジーなら、おもちゃを大きく羽ばたかせることもできるだろう。

「ピクセレスク」で展示された作品は、25ユーロからマクサロット・ギャラリーのサイトで購入できます。

eBoy 展「ピクセレスク」
会期:2004年5月7日〜6月26日
会場:Maxalot Gallery
住所:c / Palma de Sant Just 9ab, 08002 Barcelona, Spain
開場:11:00〜14:00 16:30〜21:00
TEL:+34 933101066
Info@maxalot.com
www.maxalot.com

Text and Photos: Lotje from Maxalot Gallery
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
鈴木将弘
MoMA STORE