NIKE 公式オンラインストア

ツジコノリコ ライブ

HAPPENING

ツジコノリコという、女性アーチストをご存知だろうか?作詞、作曲も自ら手掛ける彼女は、2001年にオーストリアの実験/音響レーベル「メゴ」よりデビュー。現在は、パリを拠点としながら世界中で活躍している注目のアーチストだ。2月に行われたトランスメディアーレや、ソナー、ミューテックなど世界各国のフェスティバルを飛び回り、待望のここ日本でのライブツアーの皮切りとして、3月20日、雪の降るここ札幌ソーソーカフェでライブイベントが開催された。


僕が会場に入った時、すでに会場は人と熱気で溢れ、たくさんの観客が、これから会えるはずの彼女の登場を期待して待っている。その一方、マイペースな今日のメインアクトである彼女はというと、いつもと何変わらずといった様子でビールを飲みながら、リラックスしている様子。

会場の照明が落とされ、まず、ひとりステージに登場したのは、今回サポートメンバーとして彼女に同行している「DISCOM」のリオネル・フェルナンデス。彼のプロフィールにもある「MAX/MSPを駆使したハードなデジタルノイズ」の通り、彼はラップトップ1台でライブパフォーマンスを行った。ほぼ全般に渡って激しいノイズで構築された20分程度のライブ。目を閉じノイズの中に身を投じるものもいれば、スピーカーから逃れるように座り込む人など様々。

少しの休憩を挟み、耳がフラットな状態に戻ったところで、カジュアルな装いの彼女がステージに立ち、ライブがスタート。先のライブとは対照的なメロディアスなトラックからスタートし、ライブが進むにつれノイジーで壊れたトラックと彼女の透き通る歌声が、唯一無二の独特の世界へと会場を包み込んでいく。

ライブも中盤にもなると音圧も次第に強くなっていき、ノイズや歪みなどのバックトラックが(そのジャンルとしては音響系のそれであるのは間違いないのだが)まるでおもちゃ箱をひっくり返したかのように、リオネルのハードなノイズと彼女の歌声が交じりあう。その声や詞は妖艶でもありその反面無邪気でもある。
驚いたのは、今回のライブシステムには一切のボーカルエフェクトが無いのにも関わらず、彼女の歌声は、CDとなんら遜色のないどころか、それ以上に透明感がある歌声だったことだ。ぜひ機会があれば一度は、ライブで聴いてみて欲しい。

終盤は、ツジコノリコがソロで歌い上げ、見事なまでに会場をさらに高い次元に押し上げた、なかでも最後3曲は本当に感動的で素晴らしいものであった。

最後になってしまったが、独特な歌詞の世界が彼女の大きな魅力のひとつだ。彼女独特の感性からわき出てくる、時折ハッとさせる言葉が、会場にいる聞くもの全員の心に響いていた。彼女は最近まで音楽離れをしていたらしく、その間は自ら脚本・監督も手掛け映画を撮っていたそうだ、いまのところ予定はないが、そのうち上映イベントも開催しようと思っているらしく、あの音楽作品を創り出す感性で映画となると、さらに面白いことになりそうだ。また、今年の秋にはアルバムをリリース予定というのもファンには楽しみだろう。「天衣無縫」という言葉がぴったりであった彼女から今後も目が離せない。

ツジコノリコ ライブ・イン・ジャパン
日時:2004年3月20日(土)
開場:19:30 開演:20:00
会場:SOSO (011-280-2240)
   札幌市中央区南1西13三誠ビル1F
出演:TUJIKO NORIKO (with Lionel Fernandez/Discom)
http://www.shift.jp.org/soso/

日時:2004年3月21日(日)
開場:17:30 開演:18:00
会場:青山CAY (03-3498-7840)
   東京都港区南青山5-6-23
出演:TUJIKO NORIKO and more…

Text and Photos: Shinya Sagai

TUJIKO NORIKO:2001年、オーストリアのレーベル「メゴ」より「少女都市」でデビュー。電子音のコラージュの中を漂う感動的なまでに美しいボーカルが、各国の音楽ファンから大絶賛で迎えられ、以後ヨーロッパを中心に活動する。2002年には同じくメゴより「ハードにさせて」を、2003年には、独「トムラブ」から恩田晃プロデュース、リョウ・アライ、大野由美子(バッファーロー・ドーター)等参加の「フロム・トーキョー・トゥ・ナイガラ」をリリース。
DISCOM:リオネル・フェルナンデスとエリック・ミンキネンによるフレンチ・ラップトップ・デュオ。2001年に発表したファーストアルバム「SMUGLO」が各方面で絶賛され(PITAにいたっては一生涯のベスト盤に上げ、彼らを熱愛する)、メゴ、オヴァルに続く存在として、ヨーロッパを中心に絶大な人気を築いている。人気ソフト、MAX/MSPを駆使したハードなデジタルノイズと、対照的にポップなハーモニーが融合されたそのサウンドは独創的かつ先鋭的。

※ツジコノリコの曲は、アマゾンで購入できます。

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE