ゲイビー・マンガノ

PEOPLE

「前に一度、人々の痛みを吸収し、次第に死に至っていく男の話を書いたことがあります。『リンク』というこの物語の結末では、その男が街のまん中で人々の痛みを吸いとりながらこの世を去ります。」(ゲイビー)


完璧。人はこう呼ぶ。力が抜けて、椅子にしっかりと座らなないと今にも倒れてしまいそうな感覚をもたらすその音楽は、私たちを異なる時空間へと連れて行ってくれる。これが初めてそのステージを見たときの印象だ。天国の音楽。 25 人で構成されるオーケストラは、ギター、ドラム、そして完璧すぎるほどの女性ボーカルというトリオのために完璧なシナリオを提供する。完璧すぎて恐ろしいくらいに。

そのバンドのリーダー、ゲイビー・マンガノに、彼の自宅にてお話を伺った。

「僕は、初めて音楽と出会ったときのことをよく覚えています。音楽を初めて奏でるとき、人はその小さな自分の世界から、大きな世界へと音楽を届けたくなるものです。僕が音楽を始めたのは、 22 歳の時、もうすでに大人になってからでした。」

彼は、デュアルフォニックを「ヨーロッパのトリップホップと、オーケストラ的なポップミュージックのトレンドを組み合わせようなプロジェクト」と、位置づける。彼は自分の部屋で、長い間頭の中にあった曲を形にしようと椅子に座ると、曲は夢のような一連の映像の流れと共に頭に浮かんでくると語る。実際に聴いていみると、どの曲も独特で、彼自身を表現しているかのように思える。

「曲を考えるとき、アイデアは映像のように、なにか一つにまとまって浮かんできます。僕たちは、映像と音をリンクさせようとしているし、それが普通のことだと考えています。僕は、映画を見ながら、想像で音楽をつけたりするのが好きです。」

この地では、英語で自分を表現するのを嫌う人がいる。しかし彼の楽曲は英語で書かれており、繰り広げられるショーのセリフも英語だ。しかも発音はアメリカ英語。

「僕は、たとえ言葉が分からなくても、音楽を通して何かを伝えることができると信じています。字幕はつけようと思いましたが、スペイン語でストーリーを作ろうとは思わなかった。字幕を読むという行為によって、オーディエンスに能動的な姿勢をとってもらうことができる。あえて危険な事をしたり、人を驚かせるのが好きなんです。」

これからの活動予定は?

「僕らの次の舞台は、『ライズ・オブ・トレードマーク』というタイトルで、今までトレードマークというものには無縁だった僕自身を語るストーリーです。」

彼は、あたかも普通のことのように、テレビへの深い執着を話す。しかしそれは決して普通とは呼べないものだ。数年、テレビやコンピューターの前にずっといることが続いたために、外の光がだめになってしまったらしい。それでもなお、彼は画面から離れようとはしない。終わりのない戦いを続けるゲイビーは、トレードマークとその革命の間でもがき続けるが、事実から目を背け、未知なる戦いに挑むのだ。

「ビデオクリップでは、反逆的な表現をしているところもあると思います。もちろんリスクはあるけれど、やらなくてはいけない。そうしたいと思うし、それが意味深いことかどうかというのは関係なく、僕の考えている事、見ているものをストレートに表現したいと思っています。」

コンセプトはどのようなものなのでしょう?

「僕自身のストーリーを語りながら、誰もが持つ共通点を模索します。そこにコンセプトがあるのかは自分でもわかりません。僕は矛盾だらけの性格で、それが音楽にも反映されています。昨日好きだったものが、今日は好きじゃない。デュアルフォニックは、ある意味、そういう性質が根本にあります。」

今、あなたにとって最も大切なものとは?

「音楽を作り、自分で作った曲を聞いて楽しむこと。それが一番僕にとっての大切な事です。彼女や友達と一緒にいるときでも、家に帰って音楽を作りたくなる衝動に駆られることがあります。」

なぜ、舞台では、ステージから直接観客に語りかけず、ステージから離れているのですか?

「本に書かれた物語のように、ショーを見ている人達が、あたかも自分で読み進めているかのような感
覚を提供したいと思っているからです。」

どのようなタイプの観客が多いですか?

「僕らのショーは控えめで知的な方に向いていると思うのですが、実際は、はっきりした傾向はなく、僕の性格みたいに入り交じっています。」

そう話して、彼はまるで子供のような笑顔を見せ、小さな薄暗い部屋で曲を作り始めた。まるで少年のなかにアーチストが宿っているような感じがし、とても魅力的に見えた。私が静かに立ち去った後も、彼は夢中でストーリーを作り続けるのだろう。


Symphonic Dualphonic

日時:2003年11月22日
会場:Astor Piazzolla Auditorium, Centro Cultural Borges
住所:Viamonte Street and San Martin Street
TEL: 5555-5449
http://www.dualphonic.com.ar

Text and Photos: Gisella Natalia Lifchitz
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE