NIKE 公式オンラインストア

トウキョウ・ゾーン

HAPPENING


今回で3回目となる「トウキョウ・ゾーン」。10月23日から26日の4日間、パリ市内の国立図書館、ポンピドゥーセンターで開催された。

定期的に行われるこのフェスティバルは、日本とヨーロッパのアーチストが、新しいテクノロジーによる音楽、ビジュアルアート、そしてパフォーマンスのもとに集うということを意図している。アートディレクターのエリック・プリズィスワは、過激で驚くようなアートディレクションで新しいアプローチを観客に仕掛けようとしていた。

今回、日本は、エキゾチックなアジアの色というよりは、ハイブリッドなイメージが強調され、魅力あふれる日本に対する、ヨーロッパのステレオタイプ的なイメージとは全く異なっていた。

ジャパニーズアバンギャルドは、様々な影響力を統合し、新しいテクノロジーを使いこなすことで、それらをまた特殊な形で再構築していた。

ゴトウ・スグルと恩田晃のコンサートは中でも特筆すべきものだった。ゴトウは、数年前にデジタルを使った表現を始める以前は、クラシック音楽のピアニストだった。彼とダンサーのカメタニ・ユウコとのパフォーマンス、「ボディスーツ」は映像、音そして体全てで表現され、ある種のパワーを感じた。

恩田晃は、ニューヨーク在住の、独特のスタイルを持つミュージシャンだ。彼は、日常に溢れる音をサンプリングし、そのノイズで繊細な空間を作り上げるのが特徴だ。

オルタナティブシーンの象徴とも言える、トランペット奏者のジャック・ベロカルと、恩田晃のパフォーマンスは最後の夜に相応しいものだった。フランスや欧米諸国のクリエイティブ界に与える日本の影響力は、次回のこのフェスティバルへの大きな原動力となるだろう。

Tokyo Zone
会期:2003年10月23日〜26日
会場:Bibliotheque Nationale de France, Centre Georges Pompidou, Batofar,
Sentier des Halles
http://www.tokyozone.org

Text: Eric Dalbin from Dalbin
Photos: courtesy of Tokyozone (DR)
Translation: Naoko Fukushi

※恩田晃のCDは、アマゾンで購入できます。

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE