ムラタ・タケシ

PEOPLE

11月に開催されたDOTMOVフェスティバルで、審査員の一人である、デザイナーズリパブリックに作品が選出されたムラタ・タケシ。彼のアニメーションは、平面的であるにもかかわらず、その形と動きで特殊な空間を作り出している。このようなアニメーションを作り続けていきたいという彼に、現在の活動や作品制作についてお話を伺った。


まずはじめに、自己紹介をお願いします。

ムラタ・タケシです。ロサンゼルスで彼女のフランと、テリア犬と一緒に暮らしています。ここには一年ほど住んでおり、サイケデリック調の実験的アニメーションを制作しています。ロサンゼルスに来る前は、ブルックリンに5年間住んでいて、97年にプロビデンスにある、アートスクールを卒業しました。

フリーランスのデザイナーということですが、どのような活動をされていますか?

仕事の大部分はアニメーション、イラストレーションあるいは、キャラクターデザインで、よく他のアーチストとコラボレーションをしています。これまで、実に幅広い分野のクライアントと仕事をしてきました。ここ最近では、カール・アッカーマンと仕事をする機会に恵まれました。彼は、ミルキー・エレファントを手掛けた素晴らしいアーチストの一人です。彼が僕に声をかけてくれたおかげで、何度か窮地から救われました。スーパージャムとカールとヒューマンフェイスという組み合わせが、気に入っています。

ヒューマンフェイスについて教えていただけますか?

ヒューマンフェイスは、1998年に2人の友人、ジョン・ブルズィスキとポール・キムとで始めたウェブサイトで、各々の、実験的に制作したアートワークやアニメーションを発表する場として使っていました。そして、次第に3人でフリーランスの仕事を取るようになり、ヒューマンフェイスという名前を仕事でも使うようになりました。そのせいで、クライアントに混乱を与えることもありました。クライアントは、経歴や、その他何か情報を得ようと僕らのウェブサイトに行っても、狼人間の絵や、3Dの下着姿でテレビを見ている男などしかないので。しばらくして、それぞれ個人での仕事が多くなり、そのサイトを更新するのをやめましたが、今でもヒューマンフェイスという名前で一緒に仕事をすることもあります。

11月にシフトによって開催されたDOTMOVフェスティバルで、あなたの作品「Melter 2」が、デザイナーズリパブリックによって選出されましたが、その感想はいかがですか?

大変うれしく思っています。シフトで紹介されているアーチストには、たくさん好きな人がいたので、このフェスティバルに参加しようと思ったのですが、自分がそこで選ばれるなんて本当にうれしいことです。イアン・アンダーソンの僕の作品に対するコメントは、僕自身が書くよりも上手いと思いました。

その作品は、どのようなコンセプトで、どのようなことを表現しようとしたのですか?

アニメーションで何か新しい種類の空間を作りたいと思っていました。何らかの方法で見ている人を引き込みたかったのです。制作し始めるとき、なんとなくあいまいに形を作っていくことが好きで、今回もそこから始めました。そして、アニメーションを使い、その形から動きへとポイントをシフトさせていきます。この段階こそが、僕がもっとも表現できるポイントだと思っています。サイケデリックアートや音楽からインスピレーションを得ることが多いですね。何か超越しているような感じがして、同時にふざけた感じもする。そんなアニメーションを作りたいと思っています。

その他にはどのようなものからインスピレーションを受けますか?

アイデアは、スケッチをしている時や、作品を制作しているときに浮かぶことが多いです。散歩をしているときやドライブをしているときにアイデアが浮かぶ、というタイプではなく、音楽を聞いているときや他のアーチストの作品を見ているときにインスピレーションが降りてきます。好きなアーチストを何人か挙げると、シフトのコントリビューターでもあった、c404のヨシ・ソデオカは、1997年にWord.comを友人に教えてもらったときからのファンです。ディア・レイン・ドロップのペインティングやビデオは、リアルタイムで作られているかのような印象を受けます。彼らはプロビデンスで、常識を超えた実験的なアニメーションを制作している、アラ・ピーターソン、ジム・ドレイン、イーモン・ブラウン。最後に、何年も僕にインスピレーションを与え続けているガリー・パンターです。彼は、アメリカではそれほどでもないと思うのですが、日本では非常に有名だと聞いています。彼の作品とその制作過程には、僕自身本当に影響を受けていますし、他にもたくさん僕と同じような人を知っています。

今回手掛けて頂いた、カバーデザインのコンセプトは?

これは、Melterシリーズの新しいバージョンです。フラッシュで手書きした、1つの平面アニメーションを重ね合わせ、動かしていきました。アニメーションの周りにフレームがなく、それが浮いているかのように見え、見る人のブラウザのサイズに合わせられるようなものにしたいと考えていました。

ロサンゼルスで何か面白い動きはありますか?

まだロサンゼルスに来て間もなく、ほとんど家の中でアニメーションを作っているので、よく知りませんが、一つ興味があるショーで「Tedious Limbs」というのがあります。2004年1月3日にロサンゼルスのフリン・ファーム(3765 Legion Lane)という場所でスタート予定です。

将来のビジョンについて教えてください。

サイケデリックなアニメーションを作り続けるために、フリーランスの仕事を続けていきたいと思っています。そしてこの活動を通して、気の合うアーチストとたくさん出会うことができれば、と思っています。

読者にメッセージをお願いします。

僕のインタビューを読んでくれてありがとうございます。もし、Melter2や僕の実験的なアニメーション、音楽、アートワークなどに興味があれば是非連絡をください。

Takeshi Murata
住所:2449 Hidalgo Ave. Los Angeles, CA, 90039, USA
TEL:323-666-5145
t@takeshimurata.com
http://www.takeshimurata.com

Text and Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーブ・ベイカー
MoMA STORE