NIKE 公式オンラインストア

ダニエル・リベスキンド展

HAPPENING


今でこそ大規模なコミッションで有名なダニエル・リベスキンドだが、いつもそうだった訳ではない。ベルリンのユダヤ人博物館が建つ前まで彼は学理的な建築家として活動しており、自分のデザインを実現した事がなかった。だからこうして、彼が世界的建築家として生まれた場所で彼の作品を総合的に集めた展覧会、コントラプンクトが開催されるのは、一周終えたようで適切に思える。モデル、スケッチ、写真や映像を含む14のプロジェクトが提示され、その中にはワールド・トレード・センターの為のプロポーザルも含まれているのだが、私にはその周りを取り囲む「小さな」作品が面白かった。

ベルリンの印象的なアトラクション、又は目障りな悲劇と話す人により化するポッツダマー・プラッツがリーベスキントの元でならどの様に操られたか、考えてみる。最終的に受け入れられなかった「アウト・オブ・ライン」と呼ばれる彼のデザインは、意義深いオーペン・スペースを10個の「パズル」の破片の間にぬうというもので、これらの「パズル」はポッツダマー・プラッツに埋められている記憶のかけらに由来している。彼はそれを「サンダーボルト・オブ・アブソルート・アブセンス(絶対的な無の稲妻)」と呼んだ。

70年代、80年代にリベスキンドは建築上の空間に対しての考えを表した二つの図面の技法、マイクロメガスとチェンバーワークスを生み出した。幾何学に基づいているマイクロメガスは一味違った青写真にも見え、チェンバーワークスはリーベスキントの生い立ちに深く根ざしていて今でも作品に大きな影響を及ぼす音楽と建築の連関を探っている様だ。リーベスキントの劇的で幾何学的に複雑な建築はここから発展しているのかと感心し、彼の想像が図面から建物に実現されていくのが面白かった。

北帝国戦争美術館やフェリックス・ヌスバウム美術館など有名作品の展示を含む600平米のスペースを過ぎ去ると建築から一歩離れたスペースがあり、そこではフェルディナン・トイブナー監督のフィルム・インスタレーションが上映されている。まだ何もおかれていないユダヤ人博物館内で、サシャ・ワルツにコレオグラフされたダンサーたちがリベスキンドの建築との対話を繰り広げる、という作品だ。その先にまた控えめなスペースが設けてあり、ベルリン・ドイツ・オペラで公演されていたメシアンの歌劇「アッシジの聖フランチェスコ」の映像が流れている。その隣に同劇のコスチュームも展示されているのだが、このコスチューム及びステージデザインはリーベスキントが手掛けたもので、ここでもやはり幾何的なアプローチが明らかだ:「架空の形、リズム、色、和音、調音、表面と動きが乱暴で整えられた平和までの迷宮の様な道を開いた」と彼は語っている。

空気から確かなプライドが感じられ、ベルリンがどれほどこの展示会を、このユダヤ人博物館を、そしてリベスキンドが一度はベルリン市民だったという事実を誇りに思っているかに気づく。彼のアイディアとビジョン、そしてそれらの発展がわかりやすく展示されている隣に、クロースアップの映像などから彼自身の性格や生き方を拾い取る事もできる。全てが彼はまだまだ始まったばかりで、この展覧会をレトロスペクティブとみなすにはまだまだ早い事に指をさしていた。

コントラプンクト:ダニエル・リベスキンドの建築
会期:2003年9月10日〜2004年1月4日
会場:Jewish Museum Berlin
住所:Old Building Exhibitions Room 1st Floor, Lindenstr.9-14, 10969 Berlin, Germany
www.jmberlin.de

Text and Photos: Kristy Kagari Sakai

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE