アイコ・ディンクラ

PEOPLE


アイコ・ディンクラは、実に美しい服を創造するファッションデザイナーだ。しかし、彼をその言葉だけでくくってしまうのは、どこか違う。アーチストと呼ぶのがいちばん正しいだろう。ファッションとアートの垣根を超えた彼の作品は、もはや既存のカテゴリーでくくることはできない。

29歳、 アムステルダム育ちの彼は、 最近発表したコレクションが最も有名だ。その洋服は一見、異なる布地を重ねて作ったかのように見えるのだが、注意して見てみると、キラキラと光る薄いシリコンが重ねて作られているのがわかる。以前、ポストパニックで制作した、「リガヤ」というミュージックビデオの、コスチュームデザインを手掛けてくれたというつながりもあり、今注目すべきアーチストの一人である、彼の話を直接伺うことができた。

「僕は、コロンビア生まれなのですが、オランダ人の両親に養子として引き取られ、オランダで育てられました。しかし、常に自分のルーツはコロンビアにあると感じています。妹のイェフケは、オランダ人の両親の元に生まれた子で、僕とは全く似ていなく、背が高く、ブロンドという、典型的なオランダ人です。」

アイコと、彼の妹であるイェフケの特別な関係が浮き彫りになっているのは、ユテルフト美術館で現在開催されている、ネオ・エキシビジョンに限らず、アイコの作品はイェフケの存在なしに語れない。彼は常に、イェフケをモデルにして作品を制作していたそうだ。そして、彼女はプロのモデルになり、彼はファッションデザイナーになった。彼は、「イェフケは僕のミューズ—女神だ。」と語る。これまで彼のコレクションは、順調に賞賛を獲得し、ファンを増やしてきた。そして彼は今、方向転換の必要性を感じている。

アイコは、アムステルダムのファッションアカデミーで、テキスタイル・デザインを学んだ。そこで、あのシリコンのアイデアが生まれたのだそうだ。皮膚をテーマにした課題が出た時に、彼はオゾン層からインスピレーションを得、それが皮膚に与える影響についてあれこれ考えていた。そして、何か特殊な効果を作りたいと考え、様々な素材を実験的に試し始めた。ある日、ストッキングにシリコンを注いでみた時、これだ!と感じたのだそうだ。

彼の洋服は、ホンコンを始め、ロンドン、アムステルダムと、主にクラブ向けの店を中心に成功を成し遂げた。そんな彼の作品は、アシンメトリー、ミニマル、未来的、ロマンティック、演劇的、クラシック、モダン、ポストモダンなどさまざまなスタイルを包含する。しかしまた同時に、ユニークで印象的な素材は、この多様性を強く結び付ける力を持っている。

ユテルフト美術館がアイコに、今年のネオ・エキシビジョンで彼に部屋を丸ごと提供するという話を持ちかけ、参加が決定した後、彼は新しい方向性の作品を制作し始めた。
「僕にとって、夢や過去、そしてイェフケと共有するストーリーをビジュアル化することが重要なポイントでした。僕は、1つの部屋全体が、僕らの夢の世界そのものであると同時に、幻想の世界のようにもしたかった。なぜなら、僕は、それこそがファッションの本質だと考えているからです。僕は、僕とイェフケの生活から生まれる、さまざまな要素をこの部屋に表現するという、個人的な傾向の強い芸術作品にしたかった。しかし、美術館側から、ファッションから内容を広げすぎるのは、ネオ・エキシビジョンには適さないとの指示があり、今は、このアイデアが表現できる美術館はないかと、探しているところです。」

「僕は、“シリコンを使うファッションデザイナー”というふうには呼ばれたくないです。それは僕の表現方法の1つでしかなく、他にも新しい素材や方法を模索していくつもりです。僕は自分自身をマルチアーチストと考えており、表現方法が彫刻、写真、文章と変わっても、表現することができる。だからといって、ファッションを捨てるというのではなく、むしろ詩や文章やなどと結び付けていきたいと考えています。自分がファッションデザイナーではなく、アーチストなのだと認識することができてよかったと思っています。」

近い将来、アイコはコミッションワークと、映画や、バレエパフォーマンスなどでファッションデザインを続ける予定だ。また、彼のプロジェクトを実現できる美術館を探しつつ、自身の作品制作の上で、インスピレーションを受けた国々で、展覧会を開きたいという野望も持っている。「一番興味があるのは、日本です。ここ数年、日本から得た影響は大きいので。」現在は、ユテルフト・セントラル美術館で開かれている、ネオ・エキシビジョンで彼の作品を見ることができる。

ネオ・エキシビジョン
会期:2004年1月4 日まで
会場:ユテルフト・セントラル美術館
住所:Nicolaaskerkhof 10, Utrecht, Amsterdam, The Netherland
http://www.centraalmuseum.nl

Text: Ania Markham from Post Panic, Photos: Mark Visser from Post Panic
Additional Photos supplied by Aico Dinkla
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE