イラリショナル・ライブラリ

HAPPENING


アムステルダム中央駅から海に向かう電車に乗り、15分も揺られると、ハーレムという街に着く。ここは、ジョシュ・バームガーテンが住む街だ。ニューヨーク出身の彼だが、現在はオランダ在住。「イラリショナル・ライブラリ」とは、彼が作った造語なのだが、彼こそ「日常生活を、アート、音楽、詩、そしてパフォーマンスによるコラボレーション」で表現を展開するアーティストだ。

イラリショナル・ライブラリが、ハーレムにある個人所有の文化会館「ディ・フェンツファブリック」で開催されたのが去年の事。残念ながらこの文化会館は今年の2月に閉館してしまったのだが、閉館するまでの3年間は、ハーレムの街にとっては特別な存在であっただけではなく、ライブミュージック、アート、フリーマーケット、さまざまなショー、それにビンゴ大会など、実に多種多様なイベントが行われてきた場所だ。この会館で行われたディスコはかなりの盛況ぶり。と言うのも、オランダで流行していたハウスミュージックに対抗するように、ここでは70年代のソウルからヒップホップ、そしてパンクロックを中心に流していたからだ。その他にも、幅広い世代の人たちがこの会館を愛していたのは特筆すべき点。例えば、十代の少年少女達が年輩のアーティスト達と何かについて論議を交わすなんて、そんな風景を今までに見たことがあるだろうか?しかし今年が始まった頃から、賃貸契約が更新できないという理由から人気は低迷。イベント自体がホームレス状態になってしまい、現在もなお、新たな場所を探し求めているのである。

ジョシュが、ディ・フェンツファブリックに姿を表すようになったのは、会館が全盛期だった頃。そこで彼は、会館に出入りする個性溢れる人々と接触するようになる。ロスアンゼルスでの活動後、ヨーロッパへの旅を決意したジョシュ。彼が最も惹かれる場所を求めての旅だった。そして彼が辿り着いたのがこのハーレムの街。街のいたる所で発生している、さまざまな出来事にのめり込んでいくのに、それほど時間を必要としなかったという。

「アメリカにこれ以上いても何も感じないなと思って旅に出たのですが、ちょうどそんな時、ヨーロッパに古くから伝わる豊富な知識は、とても新鮮なものとして僕の目に映りました。新しい人たちとの出会いや、ジャンルがアート、音楽、パフォーマンスであろうと彼らがやってきたことを知ることに、どっぷりとはまってしまった。それまではロスの5つ星ホテルでルームサービスをとって仕事をしているような生活でした。確かにそこではたくさんのお金を稼ぎ、ロック界のスターやお金持ちの人たちと知り合うことができました。でも僕は、アメリカでは常に孤立した存在でした。小冊子や詩集、アート作品を作ったりなど、自分の事だけを考えていたのです。でも僕はハーレムに来て、また僕も何かの一員になりたいなという気持ちが芽生えたことに気付いたのです。ここの人たちは、自分の作品に対してはものすごい情熱を注いでいますし、その姿は本当に魅力的です。その頃僕は、地元の友達によく手紙を書いていたのですが、ここでの経験や出会った人たちのことが書ききれなくて、一日に2、3通のペースでペンを走らせていました。友達もその日の出来事や彼が聴いた音楽について、マメに返事をくれていたので、最後には手紙書き大会のようになっていました。」

ニューヨークやアムステルダムで彼が訪ねた人物は誰もが素晴らしい人たちばかりだったが、ヒップホップ色が濃かったため、ジョシュは自己表現として詩という手段を選択。すべてのものの簡素性をできる限り保ち、彼がニューヨークで築き上げたパンクロックのバックグランドの影響にその詩を乗せる、というのが彼のやり方だ。どれが好きか嫌いか、何を聴きたいかといった選択肢についてのアイディアにもジョシュは影響を受ける。「誰でも自由に好きなものを選び、それで頭の中をいっぱいにしてもらいたかったのです。自分なりの好き嫌いを作ってほしかったのです。」と彼は語る。

さまざまな分野からのパフォーマー、アーティスト、そしてミュージシャンを織り混ぜて一晩に集結。そうすることで、イラリショナル・ライブラリには見る側にとっても、多くの選択肢を与えたのである。ジョシュの友人でもあり、ディ・フェンツファブリックのメンバーでもあるマーティン・クルイヴァーは、イラリショナル・ライブラリのデザインを担当することで協力。独特のポスター、フライヤーや出版物を制作した。

ディ・フェンツファブリックでの第1回イラリショナル・ライブラリが開催されたのは、昨年の4月のことになる。幅広い範囲のパフォーマ−が大勢登場したが、その中には地元で人気のあるフランス・クラークスの姿も。そのクラークスは(ジョシュに言わせると「パフォーマ−、アーティスト、ライター、そしてミュージシャンとしてかなりの才能を持つ、若き天才」である)自身の息子、ボリスについての詩を発表した。その他にも、ライブミュージックを発表する者、またディ・フェンツファブリックの生みの親でもあるメンバーが、お笑いグループとして登場した。40代から60代半ばまでの画家、ライター、アーティストも参加した。あまり知名度がないアーティストも少なくもないのだが、それもハーレムの新たな特徴とも言えよう。どのスケッチ作品も、かなり奇抜なものばかり。そんなイベントだからこそ、ジョシュがイラリショナル・ライブラリの開催オファーを待ち望んだのも自然なことだ。

ライブパフォーマンス・ナイトの企画運営を担当したのは、イラリショナル・ライブラリが発行する雑誌「SMECHT」。「これもまた、僕とマーティンの長年の夢が実現したような感じのものです。双方がパンク雑誌を好んで読んでいたという同じ過去があったので、そういったところからインスピレーションを受けることは自然の流れでした。SMECHTは、ひとつの独立した雑誌ですし、とても基本に忠実な内容だと思います。それに作業に必要な道具も、タイプライターとのり、はさみ、ホチキス、それに良いアイディアだけですし。何かをカットして、それをペーストして…という作業は結構好きです。それに、現実の世界から何か新しいものを選んで、新しい現実の世界を作り上げるのもおもしろいです。SMECHTでは、ジャンルの違いがあろうとなかろうと、イラリショナル・ライブラリで活動するすべての詩人やアーティストを紹介しています。でも同時に僕達は、常にできる限り国際的に活躍できるようなアーティストの発掘に全力を注いでいます。」

会館の閉鎖まで、見事な成功を成し遂げてきたイラリショナル・ライブラリ。しかしその閉鎖の時期はちょうど、ジョシュがアムステルダムでの展開を視野に入れ始めた頃だ。今の所アムスデルダムでは、カフェ・バンガローと文化施設「オッキー」でイベントを開催。どちらも高い注目を集めたのだが、同じイベントでありながらも、更に新たなネームと評判を作り上げなければならないものとなった。すべては時間の問題だ。そしてプロジェクトを必ず成功させたいと思う強い気持ち。そしてその可能性を見極めることだ。

イラリショナル・ライブラリの前には、どのような未来が広がっているのであろうか?

「ジャズからパンク、そしてラテンまで、さまざまな音楽の才能を持つアーティストを集めて、シームレスな夜を演出してみたいです。それにプラス、詩人、俳優、パフォーマ−も一緒に夜を盛り上げてくれたら最高ですね。イラリショナル・ライブラリが、お客さんの前ではじめてパフォーマンスをする、という人たちの為のプラットフォーム的な存在になってくれたら、という夢もあります。自由にマイクで発言できるセッションを開いたり、50年以上のキャリアを持つベテランアーティストをゲストに迎えたりするのもいいですよね。SMECHTの最新号も、あと2、3ヶ月で発行までもっていけそうです。コンピレーションCDの制作も同時進行しています。また、これまでにイラリショナル・ライブラリに参加した人たちをフィーチャ−する演劇も進められています。エイドリアン・アルセマ・アンド・ザ・グッド・ルッキング・インテレクチュアルズに、その劇のサントラを担当してもらえないかと考えているところです。コンピレーションCDに関しても、これまでこのイベントでパフォーマンスを行ったバンドが楽曲を提供してくれています。詩の朗読も収録されています。ちょっとした小冊子付きの、サウンド・コラージュのようなCDになればいいなと思っています。今年の夏には、ニューヨークでイラリショナル・ライブラリを行い、アンダーグランドで活動するコラボレーターや仲間達を紹介するという計画もあります。それまでは、また再びディ・フェンツファブリックが日の目を見られる場所を探したり、地元でイラリショナル・ライブラリを開催し続けていくつもりです」。

「イラリショナル・ライブラリ」について詳しく知りたい方、雑誌「SMECHT」の協力に興味のある方は、ジョシュに御連絡を。 joshua82371@hotmail.com

Text: Ania Markham from PostPanic
Photos: Mark Visser from PostPanic
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE