ドーマ

PEOPLE


マルバでの初の展覧会終了後、彼らの生活やプロジェクト、そしてどのようにすべてが始まったのかを語ってくれたデザイナーの彼ら。待ち合わせの色鮮やかなバーには、やや遅れて登場。現れたのが2人だけだったのは、他のメンバーが現在、世界中に散らばって活動しているからとのこと。バルセロナ、マイアミ、ブエノスアイレス…。次に彼らが向かう先はどこなのだろうか。

メンバーはどのようなきっかけで知り合ったのですか?

同じ大学の出身なんです。メンバーのうち何人かはその後、同じ会社で働いていたこともありました。僕達が好きなことをやってみようってことになったのは、98年のこと。まずはじめたのが、セリグラフィーと、通りにある標識制作。その後、ビデオ制作を始めたのですが、今ではビデオが僕達が一番得意な分野です。はじめての正式な仕事は、4分間のアニメーション・ビデオ・クリップの制作で、これは、TV番組の合間で流されました。僕達の「DOMA (ドーマ)」という名前は、スペイン語で「飼いならす」という意味です。例えば、乗るために馬を飼いならす、とか言うように。地元に根付いた、パワフルなコンセプトだと自分達では思っています。ガウチョ(南米のカウボーイ)やパンパス(南米, 特にアルゼンチンの樹木のない大草原)とも関連がありますしね。それに、歴史的なルーツともからんでいます。

ドーマという名前ででいこう、と決めたその真意は?

ドーマ(飼いならす)という意味も好きですしね。それに、飼いならす、なんて、なんか幻っぽいじゃないですか。

聴覚的にも力強いですよね。心地良く耳に響く、というか。

そのとおり。言葉自体、馬や馬が持つ強さなどに関連してます。

ロゴについて教えて下さい。

まずはじめに、フランスのトイレが写っている写真にちょっと手を加えてみたんです。抽象的な形をキャプチャーしたりして、デザインし直してみた。そして仕上げとして、子馬を描いたら、僕達のロゴが完成したというわけです。

ということは、そのものや言葉のセンスを取り除いてしまうということが、ドーマの意図とするところなのでしょうか?

そうですね。そうかもしれないし、それの逆っていうのもあるかもしれません。そのもの自体が満杯になるまで、いろんな意味を注ぎ込む、というかんじでしょうか。

ドーマとしての活動を定義してみると?

現代美術ですね。楽しんでいますよ。メンバー全員も、普通の人と何ら変わりはないですからね。もの作りが止められない理想主義的なアーティスト達です。

現在の活動の根源的なものは何ですか?

交通標識とか、電車とか地下鉄とか、とにかくストリートからでしたね。そのものが持っているものとは違うセンスを僕達が加える。それが持つルートとかメッセージに変化を与えてみる。そうすると、それが今までとは違った新しいものになって、みんながあれ?って思いはじめるんです。みんなが機械的に動いてしまうのを止めさせるのが、僕達の目指すところです。日々目にするものすべてに、みんながリアクションしてほしい。そうすれば、今までとは違ったことに気づけるはずです。意識しない限り、無意識にコントロールされていたり、どっちの道を選ぶべきかなんて気付かないのです。みんな反抗的じゃないんですよね。

つまり、世界全体を変えるつもりは毛頭ないが、人々のリアクションを刺激してみたい、ということですよね?

そうです。ちょっとややこしいんですよね。システムを打開しようとは全然思っていません。それは、僕達自身もシステムの中で生活しているのを自覚しているし、それはそれで僕達にもOKなことですから。でもだからこその部分に、ちょっと波風を立たせる存在になってみたいんですよね。

例えばどのような活動をしていますか?

メンバーそれぞれが、いつも何かしら違うことをやっています。一応、チームのように活動はしているんですけどね。コリエンテス通りに真夜中に行って、そこいらじゅうに標識を貼り付てみたことがあるのですが、これは、その翌日に街に来た人たちがメッセージに溢れた状況を目の当たりにする、というものでした。牛の絵を、地下道の階段に描いたこともあります。ジュリオ通り9丁目にこの地下道はあって、交差しているのですが、たくさんのアーティストに参加してもらって、それぞれの牛の絵を描いてもらったんです。明らかに今までとはまったく違う風景を作り出すことができました。しかも今でもこの状態のままです。

牛は特にお気に入りのモチーフなのでしょうか?

ドーマにとって牛は、強いものの象徴ですね。畜牛はここでは、すごく自然な存在。トラックに乗せられて、牧場からブエノスアイレスまでやって来る畜牛はよく見かけますしね。もうなんだか、ここら辺は牛でいっぱいです。とりあえず量だけはすごい、というかんじ。だから、時には人だって牛みたいに動くこともあるんだぞ、ということを表してみたかったのです。時々、まるで畜殺場に向かってるのか、っていう具合に歩いている人、いるじゃないですか。

場合によってはそれは、ちょっとタブーですよね。

そうですね。実際に殺されるわけではないですからね。

確かに。それに、牛はものを考えないですし。

去年の1月に、マルバ美術館での展覧会が終了しました。その結果には、感動しました。

どのように?その展覧会について教えて下さい。

リアリティというものに、ひねりを入れてみたかった。そこで、300個のオレンジ色の円錐コーンを真っ白な美術館においてみたのですが、これはかなりパワフルな試みでした。風船も天井から下げてみたのですが、これも贅沢な挑戦でしたね。オープニングの日、75歳の女性に、円錐コーンを蹴ってどかしていいか、と聞かれました。僕達の答は「もちろん」。そうしたら、彼女だけでなく、他の人も一緒になって蹴りはじめましたよ。こういった飛び込み的な出来事も、僕達にとっては刺激的でした。

ガラスの後ろに汚れたタンクがあって、その中に人間のからだが逆さまになって突っ込まれている彫刻がありますよね。これも、あの光が燦々と注ぎ込む美術館の中では、私達自身の一部のように感じました。紹介文には「ガラスを壊せ」とありました。壊すことで、私達の中にある、深い部分へと続く道があるんだぞ、と言われているような。私はずっと彫刻を見続けていたのですが、すると、静かで、常識ではあり得ないようなバス旅行の風景が思い浮かびました。何だかまるで、ドーマのみなさんが屋根の上から、あるいは雲の上からすべてを見透かしているような気分になりました。その彫刻について教えて下さい。

僕達が予想していたことなんてもうどうでもいいぐらいに、見に来てくれたみなさんが、本当にそれぞれのやり方で応えてくれたんですよね。今回のマルバでの展覧会は、美術館というものを超越した、僕達に影響を及ぼす気持ちから発生したものでした。リアリティというものに対して僕達が注意したこと。それは、窓の外にある世界です。カラフルな美しさや、性能の良い防犯カメラと一緒に僕らは、マルバに居るかもしれない。でも、すべては外部的な現実からくるもの。そして僕達は、その現実という世界に住んでいるんだ、ということを表現したかったのです。実際にマルバには住んでいないし、大理石の床もなければ、真っ白い家も持ってないですしね。

今後はどのようなプロジェクトを行っていく予定ですか?

現在は選挙活動を行っています。と言っても、これも全部、嘘の選挙活動で、もちろん立候者も架空の人物。革のジャケットを着た王様も登場します。ストリートに貼るポスターとか、商品マーケティングとか、この選挙活動がいろいろなものになる予定です。もちろんお金も発生します。あと、遂にスタジオを持つことができました。将来開催する展覧会に向けて、新しい作品を制作しているところです。

偽物の王様から本物の怪獣まで。その独特の考え方で、彼ら独自のリアリティを作り上げるドーマ。そしてその見解は、日々成長し続けているのだ。次に何を見せてくれるのか、ぜひ注目を。もしストリートで、テクノロジーが私達に何かを訴えかける時があったら、もし私達が窓をぶち壊すことができたら、その時にはきっと、今までとは違う目でこの世界を見ることができるのだろう。

Text and Photos: Gisella Natalia Lifchitz
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE