DEMANIFEST

THINGS

「DEMANIFEST」は、作り手であるアーティストのテイストが全面的に散りばめられた作品集。元ATTIKで、現在はフリーランス・デザイナーとして活動する、マイケル・スポルジャリックとスティーブ・ジョンストンの制作により、ドイツのゲシュタルテン出版社からこの3月にリリースされた。フォントからシルクスクリーン、そしてグラフィティまで。さまざまなアートワークを味わえるこの作品集について、お二人にお話を伺った。


まずはじめに自己紹介をお願いします。

マイケル(以下M):ニューヨーク州立大学パーチェイス・カレッジを卒業した後、1997年から「ATTIK」での活動を始めました。ATTIK時代は、コマーシャル・キャンペーンやブランディング・プロジェクトを主に手掛けていました。そこでの活動は2002年まで。2000年に「パントン」という、これから需要が増えるであろう、エクスペリエントなプロジェクトに関するリサーチを行う会社にも参加。現在は、ブロードキャスト・デザイナーとして「R!OT・マンハッタン」で働いています。コマ−シャル的な作品以外にも、ペイント作品を個人的に多く制作しています。R!OTでは、ブロードキャスティング・デザインを主に手掛けています。

スティーブ(以下S):北イングランドにあるヨークで、デザインと写真を勉強した後、ヨークにあるカレッジで、デザインとレクチャーの教鞭をとっていました。1999年に「パントン」を設立。「パントン」は、音楽やデザインのプロジェクトを行うリサーチ会社です。ATTIKに参加したのは、同じ年の後半から。マイケルが、ATTIKのニューヨーク支社で働いていて、彼と会ったのはそこでです。太陽を追い駆けるように、僕はATTIKのシドニー支社での活動を開始。今回制作した「DEMANIFEST」が完成するまで、シドニーで働いていました。

今回その「DEMANIFEST」という本を、ドイツの出版社「DIE GESTALTEN VERLAG」から3月に出版されました、どのようなきっかけでこの本のリリースにまで至ったのでしょうか?

S:イタズラっぽいメールが来たんですよね。あと、酔っ払いに大声で説得された感じ。

M:スティーブとは、「ノイズ・フォーやタイポグラフィー21」というプロジェクトを一緒にやったことがあるのですが、そういった経験を積んでいるうちに、注文された通りに特徴を描写したり、ある一定の期待に応えるようなデザインではなく、僕達だけのものを作りたい、という気持ちが芽生えて来ました。ゲシュタルテンは、グラッフィク・デザイン書の出版社の中でも最高峰のひとつ。そんな訳で、彼らと一緒に活動するのは、ある意味正しい選択ではないか、と思いました。

「DEMANIFEST」は、どのような内容になっていますか?またタイトル「DEMANIFEST」にはどのような意味合いが込められているのでしょうか?

S:「DEMANIFEST」には、英文で使われるピリオドのようなもので、あるひとつの作品が完成したポイント、そして次の「MANIFEST(明白なもの)」へのポイント、という意味があります。次の段階へ前進するために、ある程度のプロセスを踏む必要がありましたが、これは僕達にとっては、はじめての出版物ですし、僕達なりにも、新しい展開がスタートした、という感じです。本の題名は、どのプロジェクトにおいても、何か新鮮なものを作り出す、という僕達の決意を表しています。

M:コンテンツもさまざまなんですよ。ある一定のスタイル、というのもはこの本にはありませんが、本の至る所で、個人が作った、という手作り的な感触が感じられると思います。過去2、3年の間に蓄積しておいたアイディア、プロジェクト、経験、スケッチ、スクラップブックなどから作品を抜粋しました。

キャンバスでのフィリグリー(金属のすかし細工)作品やグラフィティ、フォント、2トーンのポスター、レコードのジャケット、シルクスクリーンの作品など、実にバラエティに富んだ作品が満載ですが、どのような基準で作品の選出は行われましたか?

M:作品を選ぶ際の主な基準は、その作品を発展させてみること、体験してみること、あるいは壊してみたり、そして批評しないこと。僕自身、スタイルにはあまり興味がありません。それは、ある特定のスタイルを作ってしまうと、それ以上の展開が望めなくなってしまうから。この本では、何に対する期待感を無いものとして、そのものを探り、体験する、ということを心掛けました。デザイナーやクライアントのためではなく、自分自身のためにデザインをする時、そこには何も心配する物事はないと思いますよ。

S:今回のような本を制作する最大の醍醐味は、コンテンツに関しては全面的に自分の思い通りにできること。そしてどんな基準も自分で作れることだと思います。実際、今回紹介している作品に対しても、何も制限はありませんでしたしね。

「決然とし、かつ折衷的、野心的な名作集」という、この本についての評価もありますが、制作者として本が完成した今、どのような想いをこの作品集にはお持ちですか?

S:みんながそうであるように、誰しも作品がもっとよくなる方法を常に模索していると思います。僕は自分自身に対してとても批判的なので、そのことでかなりイライラしてしまうこともある。だから今回、マイケルと一緒に活動できて良かったです。彼は、素晴らしいビジョンを持ってるし、かなりの野心家ですからね。

M:これについてはあえて「ノーコメント」にしておきます。

この本のおすすめポイントは何でしょうか?

S:この本の制作は本当に楽しかった。だから、僕達が味わった楽しさが、読者にも伝わればいいな、と思います。おもしろ本だな、と思ってくれたり、読者がこの本から何かを得てもらえれば何よりです。

M:特に「ここ!」というのはないですね。後ろのページから読みはじめてもいいし、横から眺めるのもそれはそれでアリ。スティーブの言う通り、読む人がこの本を楽しんでくれればいいですね。

現在、フリーとなってからは、どのような活動を行っていますか?

M:僕はちょうど、ESPNとESPN2のプロモーション・キャンペーン用の、かなり大規模なデザインの手直しを終わらせたところです。

S:オーストラリアを去って以来ずっと、パントンのプロジェクトにどっぷり浸かった状態でした。なので今は、コマーシャル的なものに集中したいな、という感じです。

一番のお気に入りの都市はどこですか?

S:実は僕は今、イギリスに居ます。この本の制作を始めた当初は、マイケルがいるNYに少し滞在していました。この本は、それぞれの国が及ぼす影響をかなり反映しています。そしてそのことが、本が持つ幅を広げていると思います。オーストラリアという国や、シドニーという街で生活できたのは、すごくラッキーでした。素晴らしいデザインやファッションが繁栄している場所でしたが、イギリスやアメリカの影響力がちょっと強すぎるかな、という気もしました。

M:ニューヨークは今、かなり盛り上がりに加速がついているようです。多くの若いアーティストが、クールな作品を生み出しています。でも将来的には、こことは違う、郊外の納屋付きの一軒家に、僕は住むと思います。

今後はどのような活動を行ってきたいと考えていますか?

M&S:いくつか面白いプロジェクトをかかえている他、夏にニューヨークで展覧会を開催、それとライブミュージックイベントをロンドンで行う予定です。どんなメディアでも、コレボレーションに関しては僕らは常にオープンです。さまざまな分野の人たちとの活動を率先してやっていきたいですね。


Demanifest
144 pages, 23×29 cm, Full colour, Coftcover
Released: March 2003
Publisher: Die Gestalten
ISBN: 3-931126-94-3

※Demanifestは、アマゾンで購入できます。

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE