NIKE 公式オンラインストア

浜田武士

PEOPLEText: Sachiko Kurashina

今月のカバーデザインを手掛けてくれたのは、オンライン上でスクリーンマガジン「タイガー」を制作している、グラフィックデザイナーの浜田武士。無国籍なこのマガジンの制作者が日本人というのは以外とご存じないだろう。

また、「タイガー」の制作の他、各国への雑誌などへの作品寄稿など、ワールドワイドに活動し、現在公開中のウェブシネマ「TRUNK」では、アートディレクターとして参加するなど、これからが気になる人物だ。

まずはじめに自己紹介をお願いします。

都内でいくつかのデザイン事務所を経て、2000年に渡独し、学校やデザイン事務所で働き、「タイガー」というスクリーンマガジンを発足させました。帰国してから都内で、グラフィックデザイナー として活動しています。

普段はどのような活動を行っていますか?

デザイナー個人としての制作活動やコラボレーション、「タイガー」を通じた各国の雑誌や書籍への作品の寄稿。「タイガー」の運営と制作。が中心になっています。

浜田さんの個人サイトと運営されている「タイガー」について教えて下さい。これらはどのようなサイトですか?

個人としてのギャラリーサイトは、1998年から「617」という名義でサイトを展開していましたが、「タイガー」のADとして他の媒体への新規作品制作なども入り乱れてきた事で、作品名義が混乱しました。ので、ギャラリーの方の名義は廃止して、個人名のドメインにしました。「タイガー」は、サイトというよりは雑誌をスクリーンで出版している感覚です。

「タイガー」を始めたのはいつからですか?

留学先の学校での夏休みの課題として、オンライン部門の学生から、「何か参加してくれよ」と言われ、冗談半分にフラッシュで「DIE DAUMENKINO」(パラパラマンガの意味)という作品をつくりました。その学生からは「なんだこれ…?他に無い?」と言われてしまいましたが、僕の中ではそれが、フリーペーパーのプロトタイプになり、半年後の2000年冬に、0号を完成させました。ネーミングは、当時冗談半分につけられてたニックネームが「タイガー」だったため、そうつけました。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MATZ(マッツ)
MoMA STORE