デイビッド・ビンセント・カミュギーロ

PEOPLE

7月のパリは、豪華なハッピービジョンで満ち満ちている月だ。次々とショーが開催され、国際的に有名なVIP達が勢ぞろいする。夏だからといっていつも晴天とは限らないが、2003年の春/夏コレクションからは、パリのトップファッションシーンに向けて様々な名前が浮き上がり、シックとファンタスティック、というアイディアが次々のリニューアルされている。


「むかしむかし、ある雪が降りしきる寒い国に、小さなお家がありました。夜になり、その小さな女の子は眠りにつきました。女の子が抱いていた人形は動きだし、彼女に服を着させ始めたのです・・・。」

この物語をプレゼンテーションで使用したのは、デイビッド・ビンセント・カミュギーロ。ショーでは人形や王女達と戯れ、少女達にさまざまな色、装飾品、リボンがついたぶかぶかの服を着させた。コルシア人である彼は、アニメや自分の子供時代からインスピレーションを受け、ファッションについての考えを再考し、フランスの特性を活かし、この業界で頑張っているアーティストだ。

新しい様式、実験的な色使いや素材のミックスは、彼がもつ完璧なテクニックと混ざりあい、変化と新鮮な風を吹き込むのにつながっている。今までに積んできた豊富な経験が才能と溶け合い、30歳の彼という一人のクリエイターを作っている。

すでに10年以上ファッション業界での経験がある彼。4年前まではパリにあるザ・スタジオ・ベルコットで活動をしていた。彼がその細かさや手作り感に夢中になった仕立て屋から、ファッション界の中ではトップとされるブランドまで(SHIRTOLOGY、CARRIE ROSSMAN、JEREMY SCOTT、JEAN-CLAUDE JITROIS等)、デイビット・ビンセントはこの業界でのコツをそれらの場所から習得し、経験と忍耐を積み、自分の夢へとつなげてきたのである。そしてこれが、成功へのカギとなったのだ。

人との出会いも彼の中では重要な部分を占めており、時には彼の仕事を賞賛し、プロジェクトの後押しをしてくれるものであった。「LVMH」のコンサルタントであるジャン・ジャッキー・ピカルトは特に、昨年と今年に渡ってデイビッドの作品を管理し、発表する場を提供して来た人物だ。そのお陰で、昨年7月に行われたショーには、多くの報道関係者や世界中のバイヤーが集まった。2003年春/夏コレクションの作品の日本での発売が決定し、デイビットは上機嫌である。

10月には、彼のパリにあるショールームにてプレゼンテーションとセールのキャンペーンが開催される予定。これは、彼の31回目の誕生日も兼ねたものだ。どちらにおいても、彼の天才的な才能が成功に繋がるよう、私達は願うのみだ。

David Vincent Camuglio S.A.S.
住所:7 rue Suger, 75006 Paris
TEL:01 53 10 32 65
プレス:Sylvie Grumbach 01 42 33 93 05

Text: Clarisse Dusser
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE