TYPOTHERAPY+DESIGN

PEOPLE

カナダのグラフィックシーンを国際的なものにしようと、精力的に活動しているデザインスタジオがある。トロントを拠点に活動する「TYPOTHERAPY+DESIGN」だ。デザインというジャンルから選ばれたデザイナ-作品を展示し、同時にカナダのデザインスタジオが国際的な舞台へ導く為の掛け橋となるのが「TEKKO」であり、第2回目の開催も目前に迫った。そのTEKKOの主催者であるスティーブン・クロウハーストに、第1回目の反響等も交えながら、TEKKOに込められた思い等を伺った。


自己紹介をお願いします。また。ご自身が活動を行っている「TYPOTHERAPY+DESIGN」は、どのようなデザイングループですか?

カナダのトロントにあるスタジオ、TYPOTHERAPY+DESIGNのスティーブン・クロウハースト(リードクリエイティブ兼共同経営者)です。ノイル・ナントン(リードクリエイティブ兼共同経営者)、ケイト・カシディ(プロダクションマネ-ジャ-兼共同経営者)と活動しています。


Above all: Studio of typotherapy+design.

スタジオとしては主にプリントデザインに力を入れ、メディアとしてのアートをとても重視しており、私達が持つ様々な現代音楽とアートのバックグランドを作品に反映させています。またこれは、トロントにある他の大規模なスタジオと私達の大きな相違点でもある、と思っています。その他にはアイデンティティ・ビルディング、パッケージデザイン、ブロードキャストデザイン、タイポグラフィ、サウンドデザイン等を行っています。

クライアントも、ジェイ・マニュエル(アメリカ)、アリアンス・アトランティス(カナダ)、シルヴァーナ・マタロ(カナダ)、ネクシスマガジン(カナダ)、NRKレコード(アメリカ)と様々ですが、最近はフォトニカ(アメリカ)とのプロジェクトを進めています。私達自身が最もコンセプチュアルに、そしてクリエイティブに活動出来るような建築事務所、インテリアデザインスタジオ、映画会社、レコードレーベル、クローズレーベル、出版者、アートギャラリーと仕事をする機会が多いです。こうすると、何だか生意気に聞こえてしまうかもしれませんが、自分の事を語るのは得意では無いのでご了承下さい。


Above: Studio of typotherapy+design.

今年で2回目の開催となるTEKKO。シフトでも、第1回目の開催時から、インフォメーション等を紹介させていただきました。TEKKOを開催しようと思ったきっかけは何ですか?

トロントでNISENの展覧会を開きたい、というのが事の始まりでした。その当時、彼等の作品は私の大のお気に入りで、また彼等の作品以外に上質なものがトロントにはありませんでした。その上質な作品とは、マーケットの価値を飛び越えた実践としての現代グラフィックデザインを奨励するものであり、NISENがまさにそれを行っていたグループでした。残念なことに、当時トロントで何かをやることについて彼等には興味を示してもらえず、彼等のためではなく、私自身の為に何かを始めた方が、コミュニティー全体としても良いのではないか、という意見をもらいました。そのような経緯でTEKKOが生まれ、もし彼等からそのような励ましの言葉をもらわなければ、TEKKO自体も今、存在していないことになります。今でもNISENのメンバーとジョイントエキシビジョンを開催したい、という気持ちはあります。彼等と何か一緒にできれば、きっととても面白いショーになるだろうと思っています。


Left: A work of Mud Pub. Right: A work of Rinzen.

TEKKOとはどういう意味なのでしょうか?

TEKKOという名前は当初、強く聞こえる文字の組み合わせとなるように、適当な文字を混ぜ合わせたものでした。でもすぐに、TEKKOがある種の小さい武器と同じ名前であることと、日本企業の名前であることを知りました(もちろんこれはただの偶然なので、その企業の為に私が何かをするということも、子供がその武器を使って遊ぶことを促しているわけでは決してありません)。

第1回目のTEKKOでは、そのデザイナーの知名度に関わらず、デザインというジャンルから選ばれたデザイナーの作品をポスターという形で紹介しましたね。その反響はどうでしたか?また、有名、無名のデザイナーの作品をミックスして展示するということで、どのような発見がありましたか?

様々な作品を一同に展示することに、最初はとても難しさを感じました。でもこれこそが、私達がすごく印象付けたいと思った点ですし、トロントやカナダが世界のデザインコミュニティの一部である、という強い主張でもありました。ディビット・カーソンには、本当に手を焼きました。彼の展覧会参加への同意も得ていましたし、彼の名前が展覧会のマップ等に載ることについても問題はないと私達は思っていました。しかし、展覧会前日、彼から展覧会用の作品を制作するのを忘れた、との知らせを受け、これで私の人生は終わりだと思いました・・・。実際、展覧会に現れた私はちょっと酔っぱらっていましたし、哀れに見えたと思います。でもディビットは基本的にはいい人ですし、24時間以内に私の人生をめちゃくちゃにしてやろう等と思ってやったことではないことはわかっています。これも今では笑い話です。

展覧会の期間中、そして終了後にいただいた反響は、トロントで私達が開催した初の挑戦として望んでいたものよりも、遥かに良いものでした。会場も小規模でしたし、最終日の夜は余りにも大勢の入場者が来たので時間内で終了することが出来ず、来場者を追い出すように鍵を閉めることになってしまったのです。これは冗談ではありません。脚を運んでくれたお客さんは、彼等がここ何年か注目して来たデザイナーの作品を見れるチャンスを逃したくなかったのではないかと思います。無名のスタジオにとっては、ビューロ・デストラクトプラネット・ピクセルのようなスタジオと肩を並べて彼等の作品を展示することが、結果的に彼等の背中をポンと押すことになったと思います。一番困ったのは、最終日にポスターを盗もうとする人が多かったことです。スコッチウィスキーを振る舞ったのが良くなかったのかもしれません。

国際的なデザインコミュニティがとても協力的であったこと。そして少しづつではありますが、私達もそのコミュニティの一員になりつつあることを実感しました。胸の辺りが暖かくなるのを感じました。


A work of typotherapy+design.

第2回目のTEKKOも開催目前ですが、こちらはどういった内容になっているか、具体的に説明してください。また、主催者としての今の心境を教えて下さい。

第2回目のTEKKOでは、8組のデザインスタジオが参加し、縦横2.75メートルのプリントの「壁画」を展示します。作品の内容は、全面的に各々のスタジオに任せています。この展覧会は、総意の下にテーマが無い、特別なものなのです。

今回は前回のポスターから更に規模が大きくなり、壁画での展示、ということですが、実際にアーティストにはカナダまで脚を運んでもらい、制作を行ってもらったのでしょうか?参加アーティストもビュ-ロ・デストラクトマット・オ-エンスリンゼン等、第一線で活躍するアーティストが勢ぞろいしており、興味深いです。数ある中から、今回参加するデザイナーやデザインカンパニーを選んだ理由は何ですか?

壁画については、実際に壁にペイントしてもらうのではなく、印刷されたものとして提出してもらいました。予算も多いとは決して言えない状態でしたので、トロントまで来てくれたアーティストはいません。MOVEABLEという会社が、巨大なフォーマット・デジタル・プレスで印刷を手掛けてくれました。デザインは2.75メートル四方でしたか、パネルでは縦2.75メートル、横2.5メートルという大きさになります。

今回の展覧会に参加してくれた全ての人たちとは、良い関係を気付く為にかなりの時間を費やしたので、私が参加してほしいな、と思っていたスタジオが実際に参加してくれたのは、それ程驚くべく事ではない気がします。まずスタジオを探して、彼等と個人的に良い関係築き、もし上手い具合に彼等と親しくなれたら、TEKKOに参加しませんか?と誘った、という訳です。


Left: A work of typotherapy+design. Right: A work of Buro Destruct.

「TEKKOはデザイナー自らの作品や考えを発表できる自由な場所」だそうですが、回を重ねるごとに、TEKKOとしてのその意味は強まってきていると思いますか?

この展覧会がブルース・モー・マニフェストの展覧会の様なものになって欲しいとは微塵も思っていません。デザインがある、日々のインタラクションは、市場価値のコンテクストにあるものだと思っていますし、TEKKOではデザインスタジオがクライアントとのごたごたを忘れたり、違う視点から彼等自身だけではなく、彼等の作品を見つめ直す機会を得てくれれば、と思っています。できるだけ面白く、知性のある展覧会であり続けて欲しいと思いますが、同時に手の付けられない「クライアントチック」な作品を展示するようなものにはなって欲しくない、という気持ちがあります。これは、トロントで開かれたブルース・モーの展覧会に行く度にいつも私が感ることですし、そこでは、ただ高そうなクライアントワークを展示し、現代デザインや現代アートさえ感じられないのです(もちろんこれは主観的で私個人の意見です)。

カナダのグラフィックデザイナーを国際的な舞台に導くことが、TEKKOの目的の一つですが、カナダのデザインシーンについて教えて下さい。

現在のカナダのデザインシーンがどういったものか言い表わすのは、本当に難しいです。ジェネレーションギャップは確実にありますし、それが若いデザインスタジオが現代的なアイデアを発展させるのを阻止しているように思えます。カナダの企業は今だにかなり保守的なところが多いですし、新しいアイデアを提供してデザインスタジオにそれを行わせるのを恐れているように見えます。しかしこの状態はゆっくりではありますが変化しつつあり、それが良い面だと思います。カナダの文化はヨーロッパのそれに更に影響を受けていますし、この影響力によってカナダの企業が更にスタイリッシュに、そして保守的な部分を切り捨てて行くことに繋がると信じています。

実際の所デザインシーンは、かなりばらついています。例えば「IdN」のデザインカンファレンスや、カナダ人による何か似た様なものがカナダで行われれば、この傾向は次期に弱まると思います。もしかしたらTEKKOがそのような存在になるかもしれませんし???ヘリオス(素晴らしい作品を制作します)、マッド・パブ、コンフォーミスト、ブロック・デザイン等は、とてもレベルの高いスタジオですし、Q30等の作品には時々驚かされたりします。

ビジターには会場で、どのようなことを感じてほしいと思っていますか?

国際的に活躍しているデザインスタジオのことをもっと知るだけではなく、彼等はこのビジュアルカルチャーのクリエイティブな構造を、単純に具体的に表現している様な広告代理店ではない、ということに気付いて欲しいと思います。また、この大規模な作品から受ける圧倒感も感じて欲しいですし、そこから感じること、そしてその作品を制作したデザインスタジオの存在を受け入れてもらいたいと思います。このようなことを言うのは、もしかしたらヨーロッパやアジアでは適切ではないのかもしれませんが、カナダの人にとっては耳を傾けるべき事柄だと思います・・・。本当にそう思います。

最後にシフトの読者に向けて何かメッセージをお願いします。

7月12日に WWW.TEKKO.CA をチェックして下さい。TEKKO 02に参加してくれたデザイナーのみなさんを見ることが出来ます。機会があれば7月12日にトロントまで脚を運んでもらい、実際にあなたの目で展覧会を見て下さい。
来年4月に予定されている TEKKO 03にも注目して下さい。ヒントはオートバイです。
TEKKO クォータリー・レポートもチェックして下さい。これは私達が最近手掛けているデザイン雑誌です。
一ヶ月内に「TEKKO・アニュアル・リポート」が、TEKKOのサイトに掲示されます。これは年に一度私達が制作しているデザインブックです。

Typotherapy+Design
住所:569 King Street West, 2nd Floor, Toronto, Ontaro, M5V 1M1, Canada
TEL:+1-416-260-6284
studio@typotherapy.com
http://www.typotherapy.com

Tekko 02 Mural Exhibition
会期:2002年7月12日~8月25日
会場:The Museum of Contemporary Canadian Art
住所:5040 Yonge Street, Toronto, Ontario M2N 6R8, Canada
Tel:+1-416-395-7430
http://www.tekko.ca

Text and Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
クォン・オサン
MoMA STORE