NIKE 公式オンラインストア

ゲーム・オン 展

HAPPENING


私はよくテレビゲームをする。初めてやったのは10歳の時だっただろうか。ディフェンダーやアステロイズといったゲームに10ペニーコインを何時間となく注ぎ込んだものだ。80年代初頭のぴくぴくと動くクラシックものである。それからZX81やスペクトラム等、自分だけのコンピューターを持つようになった。そしてアタリ、メガドライブ、PS1ドリームキャスト任天堂64PS2、X-BOXの登場である。しかし、水膨れができるほどまで夢中になったザ・ハンドヘルズ、ドンキ−コング、スーパーマリオ・ブラザーズを忘れることは私にはできない。私はコンピューターおたくの子供だったのか、あるいはクールだったのか?その時代だけがその答を知っている気がする。私が唯一考えずにいられないのは、あらゆる面から見てもこれらのゲームは今でもそうであるように私の生活の一部であったし、それ故にロンドンのバービカン・ギャラリーで現在開催されている「ゲ−ム・オン」エキシビジョンに行かずにはいられないのも、みなさんには想像がつくところだと思う。


left: Pacman arcade game © Steve Belkowitz. Image courtesy of John Sellers, from “Arcade Fever: The Fans Guide to the Golden Age of Videogames”. (Running Press 2001) Early arcade games. right: Donkey Kong arcade game © Steve Belkowitz. Image courtesy of John Sellers, from “Arcade Fever: The Fans Guide to the Golden Age of Videogames”. (Running Press 2001) Early arcade Games.

私が今まで見た限りでは、今回のこのエキシビジョンは、トレードショー以外ではコレクションの数は最大である。この大規模で非常に広範囲にわたるエキシビジョンは、コンピューターゲーム産業の開発と、メインストリームとなる消費文化への入り口に、主な興味のポイントを置きカバーしている。歴史的な見解で構成され、PDP-1コンピューターの強剛「SPACEWAR!」から、X-BOXやPS2の未発売の難題であるコンソールへとあなたを導くジャンルでテーマ化されている。このエキシビジョンの素晴らしいところは、あらゆる年齢層にアピール出来るような土台をカバーしており、ダンスをするピクセルの楽しさや、ノイズを除く、ということをしていない点である。ハードコアなゲーマーにとって、じっくり堪能したいクラシックゲームが満載のエキシビジョンなのである。キャビネットに入っているディフェンダーやセンチピードも久しく目にしていなかった。マシーンに近付き、手をボタンに、ロールボールに、ジョイスティックに置くだけで、もう至福である。そして私は、10歳の時の自分と比べて随分自分自身の背が伸びたことに気付いたのである!それよりももっと好奇心が強い人たちの為には、十分な情報と、現代におけるエレクトロニックゲームの役割と重要性について問いかける、気持ちを刺激するようなアート作品も用意されている。ウェブサイトもアップされており、そこでは、子供達がゲームとは何か、そして何故それで遊ぶのか?について深く考えることができる教育材料としてこのエキシビジョンを扱っている。


Pong screenshot © Atari, 1971 Early arcade games.

クラシックものを展示してある会場は、私にとって懐かしい場所へ旅行するような感じだった。それらをじっくりと鑑賞し、もう一度プレイすることは、その時に感じていた気持ちを思い出させてくれたし、しばらく思い出すこともなかった昔の過去のについての思いも蘇ってきた。実際の所、そういったものも少なからず期待していたのだけれども、それらのマシーンが、その時の気持ちを私に思い出させたパワーに私は驚いたのだ。昔の友だちの部屋の中を歩いているような気にもなった。僕はまた子供に戻った気がしたし、すぐに興奮して、まるで半狂乱のパックマンが星を獲得するのに奮闘し、山を越えるようにマシーンからマシーンへと走り回り、その時を楽しんでいた。私が言えることといえば、それは完璧にセラピーであるということ。と言うのも、その日は私にとって本当に大変な一日だったにもかかわらず、仕事場を離れて10分後に私はこじんまりとしたマシーンと、ピュアな8ビットゲームプレイのグラフィックにどっぷり漬かっていたのである。このような初期時代のものには、何かしら信じられる魔法があると思う。それらが開発される前は、産業のルールやアイデアは、今日私達が知るような大規模な企業形態に凝固されてしまっていたのだから。


PDP-1 computer © Computer History Museum / Barbican Art Galleries Early arcade games.

次の会場に行ってみると、そこではコンソールマーケットにおける主なプレイヤーの出現について扱っていた。たった10年前のことなのに、コンピューターがエリート学者や化学者の特別な分野だった時代の、シンプルなおもちゃのように扱われていたコンピューター開発の歴史を見ることができるのはとても良かった。もちろんゲームもシンプルで技術的には限界があった。しかし、そのようなことはどうでもいい問題である。その時代を象徴するもっとも適した例をあげるとすれば、それは、そのゲームは今でも尚、十分プレイすることを楽しめるものだ、ということである。ギャラリーの他の会場では、ゲームのその他の特徴や、マーケティング、ジャンル、キャラクターデザイン、オウディオデザイン、産業ヒーローといった特別なゲーム産業のキャラクターを紹介。また、アメリカと日本のゲーム産業の違いにハイライトを当てるだけではなく、ゲームをこれほどまでの超社会現象を引き起こした共通点にも着目している。上の階に行くと、アートとして定義される未来の開発、マルチプレイヤー・ゲーミング、インターネット・ゲーミング、そして新製品のアイデアについての展示がなされていた。


Computer Space, 1971 © Al Kossow Early arcade Games.

すぐにでも遊べるゲームなら、今ではどこにでもある。強調して言ってしまえば、これは完全な手近な文化の体験だし、静かな夜に自分自身を次の場所から場所へと飛び回すことができ、何か新しいものへと完璧に没頭出来るものだ。そう思うと、ゲームとは素晴らしい。スーパーモンキーボールやソニック、ヘッジホッグ、はたまた初期の斬新なインターフェイスでの経験や、コンセプトを受け付けないジャンルなどのからは歴史的、テクニカル的な関係を見い出すことができるのだ。宮本茂のような著名人のキャリアを垣間見ながら、任天堂のキャラクターブランドの開発についても探究出来る。このような包括的なエキシビジョンの形を目指していたエキシビジョンには、常にメインプレイヤーがその他のあまり知られていないデジタルゲームカルチャーのランドメーカー達の費用としてみなされていたことが多かった。しかしこれは、スペースが10倍にも大きくすることができるダイナミックな産業なのである。そして、もしかしたらあなたはそれでも何かを見落としてしまうかもしれないのだ。私は特に、イギリスの80年代初頭のコードシーンは明らかにかなり怠慢であったと感じたし、アメリカや日本の開発者と同様にイギリスの開発者に焦点をおいたセクションを見学できたのはとても良かった。スペクトラムの「マニック・マイナー」のマシュー・スミスのことを忘れることはないだろう。いらいらさせられながらもやったあのゲーム、あの音、ザ・バイソン・エスクのユーモアを忘れられない。

全体的に振り返ってみて、これは私達の生活に突如舞い込んできた、新しい社会現象の素晴らしいレビューである、と言えよう。エキサイティングで、夢中になれて、つまらなさのかけらもない。もしあなたがこの会場に行ったら、必ずしやはまってしまうゲーム、あるいはあなたの子供時代に戻らせてくれるようなゲームに出会えることは間違いない。一番奇妙だったのが、10年もやっていなかったのにもかかわらず、マシーンに近付くとすぐに次の動きやタイミングを思い出すことが出来たことだ。このエキシビジョンは今年の終わり頃にも東京で開催される予定だ。ゲームカルチャーの神聖なホームランドで、必ずしや成功するにふさわしいエキシビジョンだ。

“Game On” Exhibition
会期:2002年5月16日〜9月15日
会場:Barbican Gallery
住所:Barbican Centre, Silk Street London EC2Y 8DS, UK
join-gameon@barbicanlist.org.uk
http://www.gameonweb.co.uk

Text: Alistair Beattie from Me Company
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE