LONDON & BRIGHTON GUIDE – DVD

THINGS

イギリスといえば、多くのクリエイター達が誕生し、精力的にその活動を発展している国。多くの人がそのクリエイティビティに感銘を受けていることだろう。そのイギリスを代表するクリエイターであるトマトレッド・デザインが、彼等の目線から見えるロンドンとブライトンの街を紹介しているのがこのDVDだ。
トマトのグラハム・ウッドとサイモン・オーエンスが案内しているのはロンドンのSOHOエリア。 トマトのオフィス(現在は移転)や作品だけではなく、彼等御用達のレコードショップやショップ等も紹介している。そして海辺の街ブライトンの案内役は、「FAT BOY SLIM」のジャケットデザイン等を手掛けたレッド・デザインのエド・テンプルトン。“クリエイターの街”と呼ばれるこのブライトンでは、ショップ紹介の他、スキント・レコーズの会社社長とのインタビューも折り込まれている。
そして今回、このDVDの制作を担当した蜂賀亨氏にお話を伺うことができた。実際に彼等と接し、自らの足で歩いたロンドンとブライトンを、蜂賀氏はどのように感じたのか?


まずはじめに、自己紹介をお願いします。

大学卒業後「ピエブックス」を経て、デザインをテーマに執筆・企画、編集などで活動。97年には雑誌「+81」を創刊。11号まで編集長として刊行したが、疑問や不満を感じて新しいプロジェクトを開始、現在に至ります。

今回、このDVD制作のきっかけは何ですか?

「+81」という紙メディアをやっていて、いろいろな意味で不満を感じるようになってきたから。そして映像メディアに新しい表現の可能性を感じたから。なので今回は「ガイドBOOK」ではなくて「ガイドDVD」を作りました。

このDVDで最もやりたかった事は何ですか?

DVDという商品パッケージにおいて、今までにないものを作りたかった。もちろん全てが斬新というわけではないかもしれないですが、私個人としてはこういったDVDパッケージは今まで見たことがないです。

コンセプト的には、映像にグラフィカルな付加価値をつけてどこまで面白くすることができるのか。そして単なる映像的な面白さを追求するだけではなく、そこに様々な情報を盛り込むことによって、ある程度役に立つ商品パッケージにしたかった。基本的にはドキュメンタリーです。作りものではない、脚本のない、リアリティとでも言ったらいいでしょうか。

また、 ロンドンは多くの注目すべき街、というのは周知のことですが、ロンドンの他にブライトンに注目されたのは何故でしょうか?

簡単にいうと、気になる多くのクリエイター達がブライトンという街に住んでいる、あるいは拠点としていたから。そして過去に一度訪ねた時にとても気持ちいい街だったから。夕方の海の景色がきれいでした。

以前、シフト13号で掲載された「+81」に関する蜂賀さんのインタビューを読んだ時に、「いま」という言葉を沢山使われていたのがとても印象に残っていました。「“いま”は、いったい何が面白いんだろう。デザインには“いま”がとても大切」。この「いま」を今回発売になるロンドン&ブライトンDVDに照らし合わせてみると、どのようなロンドンとブライトンの「いま」が見えてくるでしょうか?

世界中のどの都市・街も同じだと思いますが、ロンドンそしてブライトンという街は、けっして「いま」だけが面白いということはないと思います。自分が普段生活している街ではないので具体的には分からないですが。おそらく過去もそして未来も面白い街なのではないでしょうか。
でもそれは都市そのものが面白いという意味ではなくて、その街で生活している人々、活動している人々が面白いということなのだと思います。先程言ったように、今回は私が「いま」気になる人々の多くが、たまたまブライトンそしてロンドンにいたというだけで。他の人であればそれはそれで違う街を特集するでしょうし。
同じように東京にもパリにも沢山のクリエイターたちや、面白い人々がいると思います。なので現在は続編として「パリガイドDVD」をつくっています。パリも私にとっては面白い街のひとつです。

作品を通してでしか知ることのできなかったクエイター達が、実際にカメラの前で話し、彼等のスタジオ、そして彼等の目線から見た街を私達もDVDを通して知ることができる点がとてもいいと思います。彼等と実際に街を歩いてみて感じたことを教えて下さい。何かイギリスのクリエイター特有の共通点等を発見することができましたか?

彼らと一緒に歩きながら、話ながら、時には食事をしながら撮影をするという行為は楽しいものでした。作品からだけでは伝わらない、彼らの日常的な側面をみることができました。クリエイター達は誰もが親切に案内をしてくれましたし、協力してくれました。なかでもグラハム・ウッドが少し照れながらもトマトビルを案内してくれたのは貴重な体験です。DVDのなかでその感じが伝わるといいのですが。

ただのタウンガイドDVDではないな、と思ったのは、アートテイストたっぷりの映像にどんどん惹き付けられている、と気付いた時でした。特に編集、アートディレクションは斬新でしたが、どなたが手掛けたのでしょう?またどのように映像編集は行われましたか?

内容は3つのパートに分かれているのですが、「トマト」のパートをパワーグラフィックス、そして残りの2つのパート「レッド・デザイン」「BEN SANSBURY」を「a/o」が担当してくれました。どちらのチームも若手で今最も気になる映像クリエイター達です。基本的にはパートごとに自由に映像編集・ディレクションをお願いし、私の方で途中段階で映像や構成を数回チェックしながら進めていきました。といってもどちらのチームも毎回面白いものをつくってきてくれたので、修正はほとんどなかったですけど。レッド・デザインのパートについては15本以上(15時間以上)もあるミニDVテープの中からどこをセレクトするのかというのだけでも大変な作業でした。

テレビとは違う手法、オンエアを前提としないDVDのようなものでしかできない方法論というものもあります。低予算で、DVカメラ1台(時には2台)だけを使って撮影する。ピンマイクやガンマイクなども今回は使用していません。スタッフもカメラマンと私、そして通訳がいるくらいです。

グラフィカル的なアプローチは、時にはその粗い映像や音をごまかすために使っているところもあります。でもそれはグラフィックの付加価値が映像にデザインとして機能しているという証拠ではないかと思います。そこがこのDVDの狙いでもあったのですが。ハイクオリティの映像やサウンドがあれば、ある程度のドキュメンタリーをつくることは簡単だと思うのです。でもそうではないところでグラフィック処理があることで映像の面白さ、楽しさを表現することができるのではないかと思いました。

制作にあたり苦労した点、良かった点など教えてください。

まだまだ未完成な部分があるのですが、今までにないDVDになったのではないかと思います。グラフィカルな処理も他ではあまり見ないものだと思いますし。でも、映像は消化されるスピードが早いので、常に毎回違う表現方法、違うアプローチを探し続けていくことがこれから大変だと思います。

最後に今後の予定などお願いします。

現在はこの続編「PARIS GUIDE DVD」を制作中です。今度はできれば一緒に「PARIS GUIDE BOOK」もつくりたいのですが。

私個人としては今後は映像+グラフィックといったプロジェクトを展開していきたいです。いまのところは印刷物とDVDというメディアをうまく使い分けて、あるいは組み合わせて新しい表現ができるのではないかと思っています。新雑誌も現在準備中なのですが、それも単なるクリエイターを紹介するだけではない新しい切り口のものにする予定です。また秋に向けて少し大きなプロジェクトが動いているので、それも楽しみにしてください。


London and Brighton Guide – DVD
仕様:68分、NTSC/Regional code is ALL
価格:3,900円 (税別)
制作:Newsbase, inc

Text: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーヴン・チータム
MoMA STORE