エレクトリックシャドウ

PEOPLE


ヤシン・アイト・カシとナジーハ・メスタウイは、エレクトトロニックシャドウのニュー・メディア・デザイナー。ヤシンの様々な施設への作品についての評判を耳にすることは多い。そして今回、ナジーハと手掛ける興味深く、革新的な活動についてお話を伺う事ができた。

自己紹介をお願いします。また、エレクトロニックシャドウについても教えて下さい。

ヤシン・アイト・カシです。ニュー・メディア・デザイナーになって6年目になります。グラフィックデザインの学位を取得してから、アート・ディレクターとしてイヴ・サン・ローラン等のカルチュラル・マルチメディアの分野でしばらく経験を積んでいました。最近では、ルーヴル美術館のCD-ROM(小学館より日本での発売)を、コンセプター、デザイナー、ディレクターとして手掛けています。2年前にナジーハ・メスタウイと出会ったのがエレクトロニックシャドウを設立したきっかけです。彼はベルギー人の建築家なのですが、当時、建築におけるニューメディア問題について活動していました。エレクトロニックシャドウは、完璧にインディペンデントなエージェンシーです。ハイブリッド・デザインという新境地を開拓する為に、私達が今までに身に付けてきたノウハウを全面に取り込んでいます。建築からニュー・テクノロジー、デザイン、グラフィックデザイン、そしてビデオにいたるまで、様々なクリエーションのエリアが私達の作り出す作品のベースになっているのが特徴です。それらが一つになって、フィジカルワールドとニュー・エレクトロニック・テリトリーの関係を構成しているのです。私達のメインテーマは、ハイブリッド・エリアをデザインすること。この特別なエリアはフィジカルワールドとデジタルの間にあるもので、私達のグループ名、エレクトロニックシャドウを示唆しています。

ハイブリッドデザインとはどういう意味ですか?

この言葉は、私達の活動そのものを指しています。ニューメディアは、伝統的な活動をある意味変革してしまった、と言えます。それら伝統的な活動の多くは現在、似た様なツールと共にコンピューター化されており、それによって新しくてリアルな、複合的な規律が元になったアプローチが可能になりました。ハイブリッドデザインはまた、フィジカル的な存在と、新しいハイブリッドな次元を作る為の、デジタルエクステンション間にあるデザインというサブジェクトの考えでもあります。

その他ではどのようなプロジェクトを行っていますか?

私達は活動自体を、リサーチとアーティスティックな作業とに分けています。そうすることによって、リアルコンテキストを調和させることができるのです。これは、革新的な作品を制作する為でもありますし、それらの作品をビジネスパートナーやクライアントに提案する為でもあります。2000年に私達は、ファッションデザイナーのクリストフと共同でフランステレコムR&D用にコミュニケーティング・スカーフを制作しました。こちらは、昨年ニューヨークで行われた MOMA の「WORKSPHERES」展にて展示されました。ルシャルプ・コミュニカンテは、見る、聞く、話す、触るといった私達のコミュニケーションをする為の感覚の延長として考えられた、コミュニケーション洋服です。各々のファンクションが、単純な動作にしっかりと適応しています。このようなファンクショナルな模型は、私達のセンスとコミュニケーションをする上での第二のあなたの肌としての服、という考えを広げてくれるものです。

このプロジェクトの後、私達はシシリー島のパレルモに出向きました。これはザ・ニュー・フレンチ・カルチュラル・センターをトータル的にデザインし、設立する為です。このプロジェクトは、リアルとバーチャルの間でハイブリッドな建築物を作ることによって、私達自身のテーマを具体化することのできた大変重要なものでした。
インタラクティブ・インスタレーション(V-Med 2.0) の制作で、私達のアイデアを表に出すこともできました。これは、パレルモでもヘルシンキでも同様ですが、2つのフィジカルなスペースであるデジタル・シーの記憶とインターネット上のタイムゾーン、その名もザ・25th・タイムゾーンを拡張を確立できたのです。

ウェブでは、最近「Palimpseste 3D Navigator 1.0」をデザインしました。これはウェブサイトを含むどんな種類のインフォメーションコンテンツから、3Dのナビゲートできるスペースを作る為のインタラクティブツールです。このツールでは、テーマやカテゴリーによってリンクを表示することができます。このシステムもまた、トータル的に発生力のあるものです。「インフォメーション・アーキテクチャー」と称されるものの、一例だと思います。
エレクトロニックシャドウ設立以前のプロジェクトは、私達のサイトで見ることができます。

パレルモのザ・ニュー・フレンチ・カルチュラル・センター設立までの活動について教えて下さい。

建築からデザイン、グラフィックデザイン、照明、バーチャルスペース、そしてインターネットに至るまで、全てのクリエイティブな面を担当しました。アイデアは、倍以上のトータル時にコミュニケーションができるリアルスペースを作ること。スペースの構造は、フィジカルスペースとデジタルエクステンションに共通したものです。そこではみなさんがリアルスペースとウェブサイトでインタラクトできるのです。ザ・25th・タイムゾーンのコンセプトは、みなさんがこのスペースにいる時に、バーチャル的に違うスペースや時間にいる、ということを想像してほしいからです。建築面はすでに完成しており、あとは2002年5月のオープンを待つだけです。

最近はどのような活動を行っていますか?

新しいプロジェクトに取り掛かっています。ビジネスパートナーを説得し、私達と一緒に活動してもらう為にリサーチをしているところです。これは基本的に私達のコンセプトやテーマを確立し、個人的に投資をしてくれる方達に私達のプロジェクトを発表する方法です。この他には博物館、市、ゲーム等にも使用可能なハイブリッド・アイデンティティーを制作しています。最新の携帯電話用のハイブリッド・アプリケーションも制作しています。

あなたの目標は何ですか?

何かを作らない限り、私達の活動は存在しません。これが理由で私達は多くのプロジェクトを手掛けますし、私達の計画に乗ってくれるビジネスパートナーを探す必要があるのです。私達の第一目標はハイブリッドデザインについてコミュニケーションすること。このことによってこの新境地は認知され、確立されていくのです。メインとなる目標は変わることはないのですが、リアルワールドとネットワーク間に新しいタイプのインタラクティビティを作ることです。コンピューターを忘れ、そのインタラクティビティを、テクノロジーの分野だけではなく、人同士のやりとりやインタラクティビティなどの本当に重要なものを見る為には、目に見えないものにすることです。

普段はどういったものからインスピレーションを受けていますか?

難しい質問ですね。常に幾つかの活動が同時進行しているので、色々なものを参考にしていますが、メイン的な作品にはダイレクトなインスピレーションは取り入れていません。新しい場所と方法を見つけてそれらを活用するような、遊牧民みたいな作り手で居たいのです。これは、私達のどちらもが、色々な民俗が混合した家庭で生まれ育ったのがあるからだと思います。ハイブリッドなスペースのコンセプトと、地理学的、政治的スペースを私達が作り上げていることは、最終的にはインターネットで適応すると思います。

今日のマルチメディアクリエーションについてどう思いますか?

私達は今、変革の時に居る思います。5年前に私が理解していたマルチメディアは、もう存在しません。このことがとてもエキサイティングだと思うのは、明日がどうなるか、私達に何が必要なのか、を誰もわからないからです。テクノロジーだけではなく、私達のそれの使い方も重要だ、ということです。
テクノロジーがもはや新しいものではない、ということに私は嬉しく思います。そのことで、テクノロジーを通じてクリエーションの本質が見えるからです。

日本についてどう思いますか?

まだ一度も行ったことがないので、想像するしかないのですが、確実にバーチャルなイメージが日本に対してはあります。日本の魅力は、アートとテクノロジー、エクスペリメンタルなリサーチと産業開発において、永久的な関係が確立していることです。これらは将来のデザインにおいては、素晴らしい条件だと思います。

Electronic Shadow
electronicshadow@electronicshadow.com
http://www.electronicshadow.com

Text: Jerome Lacote from 6um
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE