ディジタイズド・ボディズ

HAPPENING



10月もあと2、3日で終わりというある日、キャッスル・ヒルの上にあるブタペスト・ラドウィング・ミュージアムで、サイバーアートのマルチメディア・エキシビジョンの珍しいオープニングを見た。

10月25日から11月25日まで開催されるエキシビジョン、「ディジタイズド・ボディズ」。グループ・アクティビティーの一貫としてトロント(カナダ)、ブタペスト(ハンガリー)、ルビヤーナ(スロベニア)などからのアーティストの協力のもと10月26日に行われる日本とカナダからのパフォーマンス・アーティスト、アタウ・タナカのパフォーマンスも含まれている(これは第三会場で行われた)。

中心となったインスピレーションはディジタイズド・ボディ(デジタル化された体)から摘出される薬の使用増加からであった。例えば、ある特定の遺体の3D描写をVRMLというビジュアル・リアリティ・マークアップ・ランゲージに記録し操作出来るのだが、これによって世界中にいる医学生がこれらの3Dで表された臓器のモデルを見ることが可能なのである。しかもこのように徹底的にスキャンされた人体に、徐々にではあるが、世界中の医師達がリアルタイムで難しい外科手術に協力できる間接的にアクセスすることができるシステムや、インターネット・ビデオ・フィーズを使ったり、時には外科のある特定の正確なタスクの為のインタネット・リモートコントロールによるロボット化されたツールまであるのだ。

本イベントはこのインターネットによる新しい医療の2つの状況に着目した。
サイバースペースのいくつかの別々の場所に同じ時間にいるという感覚は、人体物質減少の増加と、私達自身の操作情報としての組織が実際の細胞と組織を操作するのとが同じように増加している、という人体についての実感を薄れさせる働きがある。

インターネット自体が調和する感覚は、臓器の存在、血管の色のスライドを見たことのある人には馴染みの実在するネットワーク、神経繊維の縮図、あるいは、木のような形をした様々な種類の細胞が 生きている組織の中へ集合するという構図のように着実になりつつある。

連続してではなくても一度でも、このように何ケ所かに分けてライブビデオ・フィーズやリンクスアップを使ってエキシビジョンを開催することは必要不可欠である。同時に、主催者側は、エキシビジョン、出品者、そしてエキシビジョンを催すこと、そして有機体について考えることが 広まるようにと願ってているのである。

ディジタイズド・ボディズ
http://www.digibodies.org

Text: Judith Finn and Mark Griffith From Live Budapest
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE