アルベルト・ザノーネ

PEOPLEText: Loredana Mascheron

40代に足を踏み入れたばかりの、アルベルト・ザノーネは、デザイン探究の情熱と20年以上の経験の強さを持った高品質なニットウェアの創造者。1986年に設立された「ザノーネ」だけでなく、1991年から様々なテーマに基づいた、アンダー35と展覧会のもとで行ってきた、若いデザイナー向けの有名なコンペティションである「オポス」、そして、ブリッジファンドによる非営利の、カシミヤとヤクウールを使ったニットコレクション「ファイバー・チベット」をリードするにあたって、ビジネスアプローチよりも、最初にくるのは考え方だ。

テキスタイルから、プロダクトデザインにいたるまで、常にハイクオリティ・デザインの名のもとにある。それらは、アルベルト・ザノーネが喜んで言うように「マーケットの論理によってもたらされた特別な状況に提出する事なく、パーソナルな道に続く事からの、確かに望まれたマージナリティ」だ。ユートピア?多くの部分では、イエスだろう。しかし、ザノーネのケースは、商業的な観点から見てもきちんと作用するユートピアなのだ。


Shawl with pockets, Fibre Tibet collection

高校時代から培われた情熱が、ニットウェアを中心としたテキスタイルを専門とした、様々なファッション・ハウスのアーティスティックコンサルタントの道へと彼を導いた。彼が1987年に、メンズ・ウィメンズの初めてのニットウェアコレクションのプレゼンテーションが行われるまでコンサルタントを続けた。そのコレクションは、現代の技術で柔らかな色に染められた、天然の繊維のみを用い、リサーチと実験の賜物である洗練された技術を持って制作され、深く考え抜かれた「控えめな」衣類のスタイルとして、特徴づけられた。デザインオフィスとショールームはミラノにあり、工場はビエラの近くの村にある。そこが、ザノーネの源だ。

『私達のブランドは強いアイデンティティを持っています。』とアルベルトは言う。『そして、商品のクオリティについて確かな意識を持つ人達のためのブランドです。ハイファッションの世界での特徴は、コミュニケーションの点でも、強く姿勢が打ち出された個性の欠如の埋め合わせといったものが、ますます強くなってきています。我々のバイヤーは、出しゃばらない商品を求めています。気付く事はあまりないでしょうが、内側には、何かあるのです。アルマーニが売られているのと同じお店で、私達のブランドが展示されているとしても、要求されているアプローチは異なるのです。』


Woman sweater of the Fibre Tibet collection, 80% yak and 20% wool

ザノーネのショップウィンドゥでも同じスタイルが見受けられる。ディスプレイには、ディスプレイの個性を際立たせ注目を集めるために、赤々とした絵がたたんでおかれているニットウェアと共にあり、蛍光灯がウェアの色とテクスチャーを照らして、彼等のスタイルをあらわしている。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
スティーヴン・チータム
MoMA STORE