200OK

PEOPLE

今月、SHIFTのカバーデザインを制作してくれたのは、ドイツ、ベルリンを拠点に活動する200OK。ニューメディアでの変化を探究し、プログラムをベースに多くのインタラクティブ作品を制作しながら、大規模なプロジェクトも手掛けている。「ファイト・ザ・フラッシュイズム」をスローガンを掲げ、活動する彼等。その姿勢についてお話を伺った。


まず初めに、自己紹介をお願いします。

GBLAHAKとHNEHLSの2人からなる、200OK-ファイト・ザ・フラッシュイズム。ベルリンが拠点です。

最近はどのような活動をしているのでしょうか?

夏の間は、リラックスできる時間を取って、コラボレーションのプロジェクトに向けてのアイディアをいくつかまとめていました。ここ何週間かは、ブールベースの検索可能なリンクコレクションに取り組んでいました。ヘビーなものです。見ていてください。

どのようにしてウェブデザインを始めたのですか?

もともとそんなにウェブデザインを深くやった事はないです。ベルリン・ファインアート・ユニバーシティでインタラクティブのアプリケーションとサービスから始めました。ニュー・メディアにおける根本的な変化を探求、理解し、そのためのグラマーを確立するという事を目的に活動でした。3年後、未発表のストックがたくさんたまってきたんです。それでオンラインで発表する事にしたわけです。

「ファイト・ザ・フラッシュイズム」で最も重要な意義というのは、どのようなものでしょうか。

フラッシュイズムと戦うということは、インターネット、デザイン、金儲けに関するリアクションに対してのムーブメントの一つだと捉えています。ファイト・ザ・フラッシュ・イズムはあるツールに対しての論ではなくて、どのようにしてそのツールが使われるか論じているものなんです。商業活動がどうやってデザインの淀みを示しているか。フラッシュによって、構造の知識がなくてもそこそこやっていく事ができるようになりました。それこそがデザインの発展における疑問点なんです。僕達はTシャツのデザインもしています。

最近のプロジェクトについて教えてください。

先に述べたとおり、私たちは膨大な量のリンクデータを簡単に検索できるようにして管理するツールを完成させたところです。もうすぐ、オンラインになります。そして今度は、そこでフィーチャーするサイトを集め始めました。GBLAHAKは、デジタルのリアルタイムビデオ操作とフェース認識による彼の卒業プロジェクトとインスタレーションを構築しています。HNEHLSは、普通のペイントローラーの使用目的を、音楽演奏可能なツールとして変えてしまうという作品を、完成させたばかり。楽しいです。

インスピレーションや、アイディアはどのようなところからくるのでしょうか?

幸運なことに、私たちの興味はとても幅広いので、一つの大きなトピックに焦点を置くということはしていません。その一方で、私たちどちらも異なる個人的背景を持っています。一緒に活動するとき、そのことはとても有益なのです。

ウェブデザインで最も重要なことは何だと思いますか?

ウェブという手法において、ダイナミックで本質的なものが私たちは好きです。しかしこれまでに、それほど深くは探求されていません。近い将来のデザイン発達において、これは焦点になるだろうと私たちは考えています。そして、ハイ・バンドワイドの時代においても私たちは、自分たちの表現のために使うさっぱりして不要なものが削ぎ落とされたようなデザインやデザインの中にある個性が好きです。

今月のシフトカバーデザインの制作にあたって、イメージしたことは何ですか?

特に考えませんでした。ただ、何かダイナミックで、私たちのスタイルと「シフト」を一緒に届けるような、そしてそんなに重くないものを作りたかっただけです。

ドイツ、ベルリンで活動することについてどう思いますか?

ベルリンは、今でもヨーロッパのグラフィティライティングの首都です。だから、毎日の生活の中で、モチベーションを高め、影響力のあるものはたくさんあります。もっといえば、ベルリンは、生産的にさせるような環境を約束しているといっていいほど鮮明なのです。

ドイツのインタラクティブアートとマルチメディアシーンについてどう思いますか?

私たちが見る限り、つまらないなあとおもいますね。でも、たとえたくさんの破壊があろうとも、良いものを見つけることもあります。たとえば、ごちゃごちゃのコンピュータークラブ「IECCCベルリン」の何人かが作った、ベルリンのハウス・デ・レウラースの正面を照らすインスタレーションなど。

日本についてはどう思いますか?

ヨーロッパ人が典型的に抱くような日本像しか持っていないんです。クリアで明るい。無。きれい好きで正確。慎み深い。その反面、変などぎつい色も氾濫している。こういうのが、ヨーロッパ人が日本に対して抱く、相反するイメージですね。正確さと純粋主義という点でドイツと日本のモダン・デザインは似ているように思います。僕達がそういうスタイルが好きだって、わかるでしょ?

現在最も興味があるのは何ですか?

ころころ変わるんですよね。HNEHLSは、現在3Dモデリングとテクスチャリング、アニメーションのスキルを磨こうとがんばっているところです。GBLAHAKは、C+++とオープンGLプログラミングで頭がいっぱいです。2人の大きな興味は、インフォメーションのビジュアル化と共同作業の組織、視覚化になってくるでしょう。

好きなビジュアル・グラフィックデザイナーは誰ですか?

ジョン・マエダと、彼の美的にコンピューターを操作するグループによる作品が好きですね。それから、OTLエイチャーや、フランスの地図製作者ジェイキュス・ベーティンのように、頑固なセオリーを持った人たちも好きです。

最後の質問です。今後の予定について教えてください。

まず、200OKを活発な状態に保ちたいので新しいアイディアを展開したり、新しいものを頻繁に入れたりしたいです。他には、海外のデザイナーとコラボレーションしてできるだけたくさんのインスピレーションを受けたいと思っています。

200OK
住所:Schhauser Sllee 114, 10439 Berlin, Germany
hnehls@200ok.de
http://www.200ok.de

Text: Taketo Oguchi
Translation: Naoko Ikeno

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE