NIKE 公式オンラインストア

ホームワーク

PEOPLEText: Natsume Shiroyama

「ホームワーク」は、プロダクトデザイナーのアンセル・トンプソンとアレックス・エルチがセントラル・セントマーティン学生時代に出会い、卒業一年後パートナーシップを組んだユニット名だ。パートナーシップを組んで、わずか4ヶ月で「アキュパンチャー」のトレイナーディスプレイや個人プロジェクトなど沢山の仕事をこなしている。

今回の新作もイギリスの大手通信会社、BTやスターバックス、ノキアなどの広告代理店、ケッチャム・ロンドンの東ロンドンのスピタルフィールドにある新しいオフィスビルのレセプションアリアに宇宙から表れたUFOとも思われる美しく、物理的にもスケールの大きさで人々を圧倒させるインスタレーションを生み出した。

「UFOとも思われる」と表現したのも正に言葉の通り、このインスタレーションは一瞬私達の物事に対する一般的視野を疑わせ、何とも一言では表現できない感覚にさせられるからだ。飛行物体の一部のような大きさでありながら柔らかい羽のような感覚を与え、鏡やメタルのような色を持ちながら水や雲のように透いた実質を持つ。さらに一本の線を潜り抜けるスピード感と同時に心を落ち着かせる静けさもある。

作品のコンセプトに着いて聞くと、『このスペースは人々がクリエイティブなアイディアを生み出す場であり、人々が出会う場でもあるんだ。この作品が人々のインスピレーションになったり休憩の場になったり、目印になったり掲示板になったり色々な機能をもたせたかったんだ。』

会社のレセプションは会社の顔とも言われるが、この重要点をしっかり押さえ、大規模だが、押し付けがましさがなく、人々にアイディアと平穏を与え、クライアントの要望やイメージに答えながらアーティスティックで、且つ機能的なインスタレーションを創った。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
葛西由香
MoMA STORE