シスマ

PEOPLE

今月は、ブラジルを拠点に活躍するグラフィティ・アーティストのグループ、シスマカバーデザインを担当。ポルトガル語で宗教分派、疑惑、断罪、という意味を持つ「シスマ」をグループ名として掲げる彼らの活動や、ブラジルについてお話を伺った。


はじめに自己紹介をお願いします。

シスマは、ブラジルのアートグループです。メンバー全員が、グラフィティ・アーティストです。警察と問題を起こしたくないので、実名は公表しません。それに、無名であるということは、プレッシャーを受けない秘訣でもあります。

シスマは、どのような活動をしていますか?

ビデオを作ったり、グラフィティを仕掛けたり、デザインを楽しんだり。ピザを食べて、犬と散歩をして、フリぺラマで遊び、セックスをするというようにして、活動しています。

どのようにして、シスマは設立されたのですか?

シスマは、2000年8月に設立されました。暇だったので。

ウェブサイトでは、人体や、魚など、生き物を多くモチーフに用いていますが、それらを通して、どのようなことを表現しているのでしょうか?

そういうものは、単にコミュニケーションの要素にすぎません。モチーフ自体には、何も意味がありません。本当の意味は、最後に構成されて生気を得た時に、見い出されるのです。

インスピレーションやアイディアは、いつもどのような所から得るのでしょう?

思い出や、願望からです。

ウェブデザインで、一番大切だと思うことは何ですか?

盗むことです。みんながみんなをコピーしています。盗むという行為は、インターネットをリードしているのです。みんな、どのようにしてそれが動くのかや、とにかく速いという事とインターネットを簡単に行き来する事の利点を知っているから、新しいことに挑戦するのは怖いのです。K10Kや、サーフステーション、リンクダップなど、ものすごく多くのデザイン・ジーンがあるでしょう?みんな、何が今のトレンドかを知っています。そして、90%のウェブデザイナーがそれに従っています。

今月のSHIFTのカバーデザインは、どのようなことをイメージして作りましたか?

このカバーは、悲しみとエジプト研究、そしてタイポグラフィーの足し算でできました。

ブラジルで活動していることについてどう思いますか?

私達の仲間の一人は、ブラジルの素晴しいデザインスタジオ、ロボで働いています。他にシンディカートもいいですが、そういった場所はここでは少ないです。独立して仕事はしていますが、収入面も厳しいですし、ブラジルで認められることも難しいですね。

ブラジルのニューメディアシーンについて、興味深い動きはありますか?

ニューメディアのトレンドですか?いいえ、無いですね。でも、グラフィティアートのシーンでは、ちょっと盛り上がっています。ハーバートオス・ジェメオスヴィッチェ、オネスト、VI・オールスターズなどが、ここでは本当にオリジナルなことをしています。

日本についてどう思われますか?

日本は大好きです。日本からたくさんの影響を受けました。

好きなビジュアル/グラフィックデザイナーについて教えて下さい

土佐信道ゼウス・アンド・スペース・インベーダーズパワーグラフィックスナンド・コスタGHSウェブ・グラフィカMK12ハウスインダストリー、リース、エスポ、ウルフギャング・ウェインガート、稲葉英樹、その他本当にたくさんの人達です。

最後に今後の予定を教えて下さい。

とにかく私達の何か好きなことをする、というのが私達の予定で一番重要なことです。


www.cisma.com.br

Text: Taketo Oguchi
Translation: Naoko Ikeno

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
チーヤン・チェン
MoMA STORE