フラッシュフォワード 2001

HAPPENING

昨年にに引き続き、 フラッシュフォワード2001カンファレンスが、2月19日から21日の3日間サンフランシスコで開催された。世界最大のフラッシュイベントであると同時に、 3000人を超えるウェブアニメーター、プログラマー、デザイナーが参加した3日間に及ぶカンファレンスでは、50を超えるセッションに加え、フィルムフェスティバル、ワークショップ、ネットワークセクションが開催され、世界屈指のフラッシュアーティスト達のアイディアや制作プロセスを目のあたりにすることのできる貴重な機会となった。今月SHIFTでは、ゲストスピーカーとしてフラッシュフォワード2001 に参加したジミー・チェンがリポートする。


ウェブで仕事をしているデザイナーの多くは、自分達のカンパニー/パーソナルサイトとクライアントのサイトともに、その機能を最大限に高めることのできるフラッシュのテクノロジーは、お馴染みのものとなっている。アイディアや方法論をシェアし始めたデザイナーやプログラマーにとって、このフラッシュフォワードは、フラッシュデベロッパーがこれまでやってきたことをシェアするプラットホームとなった。

今年のカンファレンスは、サンフランシスコのビルグラハム市民ホールで開催され、リンダ・ウェインマンUDAのステュワート・マクブリッジによる開会の挨拶の後、マクロメディア・プロダクト社長であるケヴィン・リンチが基調演説を発表。主な話題のひとつとして有用性について触れ、フラッシュを使用した良い例と悪い例のサイトのサンプルを紹介した。ジョルジョ・アルマーニのサイトやマイケル・ダグラスのウェブサイトなどは、ユーザーにとって、複雑なイントロを最後まで見て、その奥にあるコンテンツに辿り着くのが困難になっている。また、MTV2ジェネラル・モータースのウェブサイトにも触れ、クリエイティブなデザインと良い有用性が互いに邪魔をし合わない、巧くデザインされたフラッシュサイトの例として紹介した。

カンファレンス最初のプレゼンテーションは、ヒルマン・カーティスのセッション「目に見えないものの視覚化」で幕を空けた。彼の作品の簡単な概要と、誰もが賞賛するデザイナー達のサンプル作品を紹介し、効果的なプロジェクトを実現するための彼自身のクリエイティブなプロセスと鍵を握る構成要素を発表した。

FLASHZOOMのクリス・マクレガーは、ユーザーに優しいフラッシュサイトをデザインすることに関してフラッシュデザイナー達を啓発した。ユーザーは、ダウンロードや扱いにくいナビゲーションシステム、曖昧なタイプフェイスを使うほど我慢強くないのかもしれないと力説し、調査とテストを行うことが、エンドユーザーを理解する手助けとなると説明した。ユーザーにコントロールさせ、ユーザーとの信頼関係を築き上げることで、サイトが成功するチャンスを得ることができるのだ。

I&O RESEACH は、「本当のインタラクティブ性:歴史、応報&マルチユーザースペース」というプレゼンテーションを発表。まず始めに、ジョッシュ・ウルム、クリス・グリフィス、ライアン・タンディー、ジョン・ウィリアムスのチームが、観客に対してインタラクティブ性とは何だと思うかという意識調査を実施し、チームのインタラクティブ性の7つの特色(テーマと参加者、意図、投資、参加、変化、効果の自覚、進化の歴史)を、彼等の過去のプロジェクトを例として用い発表した。自分達が一体何について話しているのか間違いなく分かっているのは I&O RESEACH 自身だったに違いない。

SECOND STORY のブラッド・ジョンソンとそのチームは、ブロードバンドの物語性に関する詳細なプレゼンテーションを行った。ディスカバリーチャンネル/TLCのために制作したプロジェクト「UNWRAPPED:ミイラの神秘的世界」を例に、彼等がサイトを制作するためのプロセスを明らかにしていった。インタラクティブ性からダイナミックなオーディオトラックに至るまで、複雑に入り組んだプロジェクトが観客の前でそのベールを脱いだ。

PRAYSTATION のジョシュア・デイヴィスは、「物の見方と変則」というプレゼンテーションにおいて、インスピレーションを発見する方法を出席者に教えてくれた。ペインティングの破壊や物事の分解からコンピューターのクラッシュまで、彼のメッセージは、いつもの物を新しい見方で見るということを僕達に教えてくれるものとなった。

MARCHFIRST のインタラクティブデザインディレクター、ナタリー・ジーの「企業のクライアントへのフラッシュの投げかけと巧妙な売り込み」に関するプレゼンテーションは、洞察力があると同時に面白かった。フラッシュを使ったプレゼンテーションを通してクライアントを教育する方法について説明し、また、特にクライアントへプレゼンテーションをする場合に、フラッシュの使用についての提案を綿密に説明する資料や過去のフラッシュプロジェクト(商業/パーソナル両方)、クライアントの目的に関する将来へのビジョンを事前に用意し、プレゼンテーションに臨むことが重要だということを強調した。

彼女はまた、テクノロジーをきちんと理解し、それによってクライアントの為に何ができるかを把握することでクライアントを満足させることが重要だとも述べた。それを成し遂げることによって、より多くのアイディアをクライアントに投げかけることが可能になるのだ。

第1日目の夜には、サウンドファクトリーでパーティーが開催された。一日を締めくくる楽しいパーティーに、フラッシュデベロッパー達が集結した。

3日目となる水曜日には、ジョナサン・ゲイとマクロメディアフラッシュチームへの授賞式が開催され、彼の素晴らしい業績に、フラッシュフォーワード・オレンジアローが授与された。

また、ブレンダン・ドーズTYPOGRAPHIC のジミー・チェンによるプレゼンテーションも開催された。ブレンダンは、アクターエフェクツとそのモーションスクリプトを活用し、アフターエフェクツのアニメーションがフラッシュのアクションスクリプトと同じ方法で操作できるということを教えてくれた。ジミーは、イメージのシーケンスをムービークリップに出力することにより、いかにアフターエフェクツがフラッシュと融合可能かということを証明した。

GROKメディアのブラッド・コザックは、「ビジネスにおけるフラッシュ作品の制作」というプレゼンテーションを発表。フラッシュを使い、ブランドの視野を広げることができると説明した。シンプルなインタラクティブ性とアニメーションを使用することにより、誰もがミニコマーシャルやバナー広告などの魅力的なマーケティング素材を作ることができるのだ。

全体的に、カンファレンスは成功を収めたようだ。フラッシュデベロッパー達が彼等のこれまでの経験を出席者とシェアするプラットフォームを提供し、技術的なことからクリエイティブな話題まで、初心者であれエキスパートであれ、全ての参加者にとって何かを得ることができる良い機会となった。

FLASHFORWARD 2001
会期:2001年2月19日〜21日
会場:San Francisco’s Bill Graham
住所:Civic Auditorium, San Francisco CA

Text and Photos: Jimmy Chen From Typographic
Translation: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE