NIKE 公式オンラインストア

ロボデックス 2000

HAPPENINGText: Iyomasa Yoshikazu

世界初のパーソナル・ロボット博覧会、ロボデックス 2000が、ミレニアムクリスマスで賑わう横浜を舞台に11月24日から26日の3日間にわたり開催された。人間共存型のパーソナル・ロボット産業の育成と発展を目的とした今回のイベント。会場の前には人類が作り出した新たな友を一目見ようと世界中から集まった人々の長蛇の列ができていた。

『4時間並んだ甲斐があったよ』と老人はパラパラを踊るソニーの「SDR-3X」を眺めながらつぶやいた。彼はこのロボットにどんな未来を見たのだろうか。メインフロアで行われる「AIBO 100台一斉起動」を見るために30分も前から席を確保している人もいた。ホンダのロボットと一緒に記念撮影をする人も後を絶たなかった。

現時点では実用性がほとんどないパーソナル・ロボットたちだが、来場者の誰しもがその一挙手一投足に興奮していた。ホンダ「P3」が階段を下りたときには歓声がわき起こったほどだ。それは、輝かしい未来への期待でもあろう。子供のころに夢描いた未来が近づいてきていることを実感していたのかもしれない。

なかから注目を集めていたロボットをいくつか紹介したい。

テムザック・コミュニケーション・テクノロジーの災害対策用ロボット「T-5」。人力による救助が困難な場所で活動することを想定している。まだ試作機ではあるが、その勇姿と秘めたる力に多くの人々が釘付けになっていた。マーク・ポーリンにもぜひ使ってほしい一台である。

人型ロボットとしてその登場に世界中が驚嘆したホンダの「P3」も前世代の「P1」、「P2」とともに展示。「P3」のあの2足歩行も実際に披露された。よろよろと足を進める姿はあまりに人間くさく、なんとも不思議な違和感を感じずにはいられなかった。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
鈴木将弘
MoMA STORE