ハッピー・テクノロジー・ラボ

HAPPENING

「魅力的なメディア・テクノロジーを生み出す現場にいる研究者たちが持つ発想は常におもしろく、そこから生み出させるテクノロジーのデモンストレーションそのものがとっても魅力的なものになっている。そこで今、アートとテクノロジーの境目が分からなくなってきているのではないのだろうか」

メディア・アーティストの岩井俊雄さんは、テクノロジーの創造の現場にある発想力のおもしろさに着目し、その魅力を伝える試みを、漫画家のばばかよさんとのコラボレーションで『ハッピー・テクノロジー・ラボ』として、東京・原宿のギャラリーを舞台にこの秋、展覧会を開催した。


「アーティストの立場から発想をかたちにしたテクノロジーの現実化というアプローチをした場合、一体、どのようになるのかというのをあたかも工学系の最先端技術の研究所の公開風景とおなじかたちで、取り組んでみたのがこの展覧会」と岩井さんは語る。

その背景には、創造の現場にある瑞々しい魅力も「研究者たちが生み出したおもしろさが、コンシューマープロダクトになって行くと、なぜかSF的なファンタジーや楽しい部分がそぎおとされて行って」しまい「結局エンドユーザーはそのそぎおとされたプロダクトで自分たちのオリジナリティーを出そうと努力する」というある種、残念な関係をアートの力でハッピーなものにしようというアプローチがある。

ラボで“公開”された作品たちを見てみよう。まずあるのは『小鳥フォン』。着信音の音色の高機能化によって様々な音色を出せる今、着メロでは無く、鳥呼び笛を作れるのではないかというもの。かわいいさえずりの着信音で小鳥が集まるという、人間同士だけでなく、動物ともコミュニケーションできるツールと携帯電話となるのか?

実際に作ってみた音色の電話にかけられるようになっていて、その様子を実際にシミュレートする仕掛けが作られていた。そして“研究所”公開らしく、それぞれの“プロトタイプ”に関するパネルが展示されている。フォーマットは同じなのに、ただ大きく違うのは、ばばかよさんのイラストによって、そのアイディアと可能性を可愛らしく可視化していること。そのパネルのまわりには、プロトタイプへと向かうための絵コンテ案が同じくばばかよの手によって描かれその素の可愛さにさらに目が行くのであった。

「見る者、使う者に対して創造力の余地を残している」岩井さんは、ばばかよさんのイラストをこう評す。なるほど確かに、可愛らしさにも関わらず、確かにその提案されているテクノロジーに想いを馳せることが出来るものになっている。どうも、イラストそのものによって完結された世界観を押し付けようというよりも、テクノロジーから生まれる発想をそのまま、思いつくままにばばかよさんの手によって可視化してそのものを見せてくれている、まるであたまの中にあるもやもやの一端を目に見えるように見せてくれているみたいなのだ。

次に目が行ったのは、眠そうな目を持った箱。箱ロボ『キュビィ』。働くためのロボットだけでなくペット型ロボットが登場した今ではあるが、結局はおもちゃと同じで飽きて埃を被ったものになってしまうのではという皮肉から生まれたもの。最初から箱なので、しまっているのと同じというか、自然とおいておくことが出来るもの。基本的には“寝ている”ので、つき合って欲しいときだけ“起こせばいい”ので“省電力”、それでも飽きたら普通の収納箱に、筐体の素材も紙製ということで環境にも優しいみたいである。

その隣に、ミニディスク・プレーヤーのような小さい装置とそれにヘッドホンが置かれている。それを装着し、プレーヤーの方を光に当てろと促される。促されるままに光に当たると音がする。それに気をよくしてプレーヤーをいろいろと光に当てると、ある種の音楽のように錯覚させてくれる音の流れが生まれる。これは光に反応して音を奏でる音レンズだ。「これを着けたままで夜の列車に乗ると色々な音が様々なかたちで奏でられておもしろいんだよ」と岩井さんは語る。そして「街中にある光が音源なので、テープやMDがいらないプレーヤーだよ」と。

もう一つの壁面一面には、携帯ゲーム端末のワンダースワンが並んでいる。その画面の中には、ばばかよさんが描いたいすやドーナツを擬人化したキャラクターがそれぞれ一つずつもの欲しそうな顔をして待っている。操作ボタンを使って、指を使って踊らせようという『ゆびさきダンス』だ。そして、その横のワンダースワンにはヘッドホンが。画面には16×16のグリッドがあり、そこに点を並べてリズムに合わせて音楽を作曲していく。また画面の左右にいるキャラクターが作った音楽に合わせて踊ってくれるのだ。

このように、携帯電話や携帯ゲーム機などの現物や、ミニディスクやペット型ロボットといったもののかたちをかりて、身の回りのハイテクノロジーが実は想像力を膨らませればもっとハッピーなものになるということをまさに「公開」してくれる展覧会なのであった。

ばばかよさんとのコラボレーションのきっかけは、岩井さんが坂本龍一さんと行なったライブの模様をレポートしたまんがを描いたこと。それ以来、ばばかよさんのイラストを目にして、おもしろいイラストだと興味を持つようになった。その頃、いわゆるCG感のある描画ではなく、手描きの味がある描画をいじってみたいと岩井さんが思っていた中で、ばばかよさんと話すうちにお互い発想として通じ合うところや趣味があい、コラボレーションが始まったのである。

「手描きによる描画はプログラミングで描いた画よりも、情報量が多いと思う。手描きによる描画をどうデジタルに結び付けて行くのかはとてもおもしろいこと」と岩井さんは語る。

最初のコラボレーションは、今年の春に開催された渋谷区初台にあるメディア・アートのミュージアム、 NTT-ICC で行なわれた『子供週間』というイベントでのインスタレーション。そこで展開した『えんぴつとコンピュータが出会う小品集』は、コンピュータで操作できる “魔法の鉛筆”(=タブレットのペン)で画面を自由になぞることで、雨を降らせたり、レコードを回して映像と音を楽しめるというもの。他にキャラクターを自分の思うままに変形させてダンスさせられるというものもあった。ここでも、他の同様のインタラクティブな作品と異なり、ばばかよさんによる絵たちが遊ぶものの想像力のすきまをつくってくれるような、無言のインストラクションをしているようにみえた。

ここで実際にコラボレーションをするなかで、そのプロセスのおもしろみをお互い感じ、もっとやるべきことが発想として積み重なって行ったという。

「例えば、カフェで一緒に話して、メモ書きしていても、かたちにしたいものが、あれこれ浮かんできてしまう」「職人的に突き詰めるというより、もっともっと新しいことを、完成度よりもアプローチを突き詰めたくなってしまう」と岩井さんはその状態を語る。

この次から次へと生まれる発想の一端が、この“ラボ”の“公開”なのだ。

「来年、もっと伸ばしてゆきたい、もっといろいろと使って、体験できて、楽しくなるものを取り揃えて・・・」と、“公開中”でもとめどなく溢れ出る岩井さんは、ばばかよさんとのあくなき発想の次の行き先に早くも想いを馳せている。

Text and Photo: Tomohiro Okada

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE