エリック・ソー

PEOPLE

春も間近な暖かい日の午後3時半、 エリック・ソーは遅い朝食をとっていた。彼の隣に座りアイスレモンティーを飲みながら、彼の人格を表す冷静で落ち着いた物腰を見つめる。チャイニーズヌードルを一口食べ、広告代理店での経歴をゆっくりと話し始めた。
コンセプトビジュアライザー/アートディレクターとして、かわりばえのしない仕事をしていたというエリックは、コンピューターの進化とイラストレーションに対する報酬の削減に伴い、広告業界の忙しい日々からの引退を決意し、より大胆で刺激的な生活へと移行していった。独自のスタイル、ブランドを展開し、彼の本当の才能を思うように表現するために。


食事も終わり、僕の自宅兼店へと向かい、インタビューを開始。エリックはさっきよりもリラックスしているようだ。

エリックの最も有名な作品は、手作りのブルース・リー12インチフィギュア。彼のトイコレクションは、昔のスーパーマンのフィギュアから日本のスーパーヒーローものまで幅広い。香港にはスーパーヒーローはいないと気付いた彼にとって、ブルース・リーを選ぶのは、実に簡単なことだったという。スーパーマンとは違い、ブルース・リーは、香港が生んだ実在した人物だからだ。それが、彼の子供時代のアイドルだったブルース・リーの 12インチと等身大フィギュアを制作するきっかけとなった。

当初、マンガ家としてコミックエキスポで初作品を販売していたエリックだが、その後、油絵の才能を開花させていった。彼の油絵作品は、フィギュアと共に昨年ニューヨーク、東京で展示された。

彼が作るフィギュアに対して世界中から多くの反応があったこともあり、ニューヨークのファッションレーベル、SSURと共同で「SO FUN」カップルというコンセプトを展開。これは、エリックのアイデアのほんの一面に過ぎないが、ブルース・リーとチョウ・ユンファのフィギュアにおけるアートは、彼が子供だった70年代後半から80年代のアイドルを忠実に形にしたもの。 エリックがリーとユンファを崇拝するのは、彼らがメディアで人気があったからではなく、彼らがアーティストだからだ。ブルース・リーは、カンフーと映画の才能で知られていたが、アートセンスなど、それ以外のことに対しても才能があったと思われる。もしブルース・リーが今でも生きていたとすれば、哲学者として有名になっていたかもしれない。それが、エリックがリーを崇拝する理由の1つだ。チョウ・ユンファに関しては、香港で彼の存在が大きなものになったのは、80年代。彼のギャングスターのシンボルとしての存在は、多くのティーンエイジャーを惹き付け、エリックもその1人だった。
『チョウ・ユンファは、80年代の香港を代表する人物で、僕が育った時期を深く反映する存在。僕がユンファを扱うのは、彼のハリウッドでの人気のためではないのです。』

「SO FUN」のコンセプトは、 ある意味個人的で、マンガ的であると同時に、彼自身の個人的なものに由来する。香港に限らず、世界中のアーティストとコラボレートし、彼自身のメッセージを他アーティストのものと結び付け、探求するプロジェクト。エリックは、こう説明する。

『「SO FUN」は、 カップルのコンセプト。実際にカップルがモデルとなり、変動的なものを使い、一般的な骨組みを作り上げていきます。コンセプトはシンプルで、境界線、領域、宗教、人種、差別、階級、先入観、押し付けのブランド、政治、タイムフレームを取り払うこと。その結論として、「世界はひとつ」というコンセプトが生まれます。』

彼が言うように、彼の哲学的な解釈はブルース・リーのそれと非常に似ている。

『様々なアイデンティティやコンセプトを持った人達と一緒に作業する時、そのカップルは、それらアイデアを1つにする骨組となり得るのです。限界はありません。 SSURと仕事をした時に彼らがニューヨークを表現したように、僕は香港を表現します。それによって、コンセプトの両方の面が1つになり、お互いにとって平等に心地よく仕事をすることができるのです。アトミックマガジンの「 LOVEプロジェクト」に提供する作品では、一般的なフィギュアの色とスタイリングを変えることによって僕なりの「LOVE」の解釈を表現しています。このカップルのストーリーは「LOVE」を表面的な物の見方を超越したものとして表現しています。男のフィギュアは、よくある香港の労働者で、女は逆に、非常に今風で洗練された格好をしています。男がシンプルな服を着ているのに対して、女はグッチやプラダが好きなタイプ。全く似合わない二人に見えるかもしれませんが、彼らはちゃんと繋がっているのです。たとえアイデンティティは違っても、お互いに対する愛があります。カップルとして結びついているのです。 これが、「SO FUN」のコンセプトです。』

エリックは、他人とは違った物の見方で未来を見つめている。最初はコミックの世界から入った彼だが、今では「僕には少し違った」と認めている。だが、スタイルを進化させようという熱心なスピリットとビジョンを持ち、ペインティングや彫刻など様々なメディアで活動し続け、そのどれにおいても成功を収めている。彼のフィギュアがアジアの子供達の間で大流行しているが、彼は、フィギュア制作のみで見られることを望んではいない。『僕の全作品に込められたメッセージは、香港カルチャーの僕なりの解釈なのです。』

Check his new site designed by DHKY:
http://www.ericsoart.com
and his exclusive “So Fun” work in LOVE project-part 2 (out in April):
http://www.atomicattack.com/love/

Text: Calvin Ho from Atomic Attack!
Translation: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ステファン・マークス
MoMA STORE