第11回夕張国際映画祭

HAPPENING

今年で第11回目を迎えた国際的なシネマフェスティバル「夕張国際ファンタスティック映画祭」。毎年多くの映画ファンが集まるこの映画祭が、去る2月18日から22日の5日間にわたって開催された。海外からの招待作品の他、若手やアマチュアクリエイターの作品が有名無名を問わず集結し、見ごたえのある映画祭となった。
今月のSHIFTでは、そのなかで開催されたプログラム「デジタルシネマプレゼンテーション」と監督沖浦啓之、脚本押井守の最新注目アニメーション作品「人狼」を中心にレポートする。


「私は映画祭とはキチンと映画の配給ルートを通る作品のみでをやるべきだ、という意見があるのも知っている。しかし、日本は映像に関して世界に誇れるレベルの技術を持っている。私は最新の技術とお客さんを結びつけるためにもデジタルシネマプレゼンテーシヨンというイベントを映画祭のなかでやる意味はあると思う」という意味の挨拶が映画祭チーフ・プロデューサー小松沢陽一氏よりあった。

本イベントは、タイトルに「プレゼンテーション」と付く通り、完成した「作品」の上映ではない。ほとんどすべて予告編やパイロット版である「未完成」のものだ。でも、そのなかに非常に近い映画の未来を「こっそり」観せてもらった充実感があった。これらは本来あまり一般的に公開されないものがほとんだと思う。もちろん、熱心なファンなら、都内のイベント等でチエック済かもしれない。しかし、「夕張映画祭」という、観光客などふくむ一般客も多数訪れるイベントのなかで行うことはより大きな意味を持つのではないだろうか。

今回の上映方式は、フィルムを一切使用せず作品はデータ化されハードディスクサーバーに収められ、映写はプロジェクターで行われている。僕自身はそれほどテクノロジーに精通している訳ではないが、開場の封切り映画館並みの大型スクリーンに投射された映像は、十分に一般的な鑑賞をクリアーできるものだと感じられた。すべての、プログラム上映後、デジタル機器の見学会が行われていて、一般客から、映画関係者、映画祭のゲストまで機材のまわりに大きな輪を作って、熱心に説明を聞いているのが印象的だった。

そのなかで特に興味を惹かれたものを個別に紹介していきたい。



「HEAVY ROTATION」(トリロジー

もっとも気に入った作品「HEAVY ROTATION 」。B/Wのみで表現されたクマのキャラクターがひたすら子供達にシャレにならないイジワルをした後、誘拐して自分達の工場でクマに作りかえる、というエピソードが繰り返される。イジワルの内容は映画コードを無視したようなものなのに、クマ製造工場はベルトコンベアーのローラー部分がスマイマルマークだったり、スイッチのバーがアヒルとかになっていて、イジワルとのコントラストが素晴らしい。クマの製造過程の最後に仕上げが終わると昔のロボットアニメのように「ピキーン」と効果音つきで目が光るのもツボをおさえている。こう書くと、とてもハードなものと感じられるかもしれないが、それをあくまでシンプルに白と黒のみ(色なしのデイック・ブルーナのような潔さ)で表現しているのでドロドロ感のないスッキリとした後味のブラックユーモアの傑作。



「DIGITALS」(プロダクションIG)

セリフ無しのプロモ色濃いフルCG作品で、つねにプロダクション名がクレジットされていたりするが、平均2〜3分の作品のなかにキチンと起承転結がついていて、単なる技術のみせびらかしに終わってないのがお見事。ストーリーが技術負けしていない。監修が押井守なのもダテではないかもしれない。その辺りが少し伝わるように簡単にストーリーを説明してみると、人形を組み立てる人物のミステリアスなリンクストーリー「LOOP 」、高圧電線のタワーを友人だと思った電線形エイリアン(?)の不遇な出来事「FRIENDS」、主人にエイリアンから命をかけて守られた愛犬のもの悲しいアフターストーリー「HEART EATER」、擬人化された飛行機のラブ・ストーリー、彼女がジェットなのだが、彼はレシプロ(プロペラ機)。そのため彼はコンプレックスのかたまり。ところが、ある時彼女がエンジントラブル…、彼女を助けなきゃ、という「WINGS TREE 」。

その他、「R」(札幌デジタル映画祭ワークショップ)「鉄コン筋クリート」(トリロジー)「圭角/風雲伝異聞」「空中居酒屋」「チキン保険に加入下さい」(STUDIO4°C) などが紹介された。

トータルの雑感としては、デジタルという最新のテクノロジーは間違いなく映画の製作プロセス全体を激変させるのは間違いない(特にコストや労力という点で)が、映画のおもしろさとは、結局のところテクノロジーではなく、人間を描く良質のアイディアだということを再確認できたということだ。例えば、「ヘヴィーローテーション」のブラックユーモア、「鉄コン筋クリート」の羨ましい自由奔放さ、「DIGITALS」の濃縮された人間味あふれるストーリー。本質は喜び、怒り、悲しみという今も昔も変わらない普遍的なものだな、と感じながら、会場を後にした。

Text: Shinichi Ishikawa From NUMERO DEUX

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アドリアン・M/クレール・B
MoMA STORE