RESO DESIGN

PEOPLE

パリの郊外2ケ所で行われたオブジェ/ファニチャーのサロン「now!」と「salon de meuble」。前者はシャルル・ド・ゴール空港に近いヴィルパントで、後者はパリの南端ポルト・ド・ヴェルサイユで同時開催された。


まずは「now!」へ。ここには以前このコーナーで紹介した RESO Design も出展している。パリからは、ポルト・マイヨから無料シャトルバスに乗っていくのが便利。パリを少し離れると、12月にフランスを襲った暴風雨が原因で倒されたままになっている木の風景が見える。根がしっかりしていない杉のような種類は、風速200km/hに耐えられなかったのだ。

「now!」は、毎年開かれるオブジェの国際見本市で、入場はプロフェッショナル・オンリー。装飾、テーブル、インテリアなどの分野別に分かれている他、純白の低い展示台にコンテンポラリーデザインのソファや椅子を集めたコーナー、最新デザインオブジェコーナーなどの企画コーナーがある。が、後者はディスプレイに問題があったように思う。
“巨大な迷路のような会場”で、やっとみつけたフィリップ(RESO Design)にお話を伺った。

こんにちは、フィリップ、サロンでの調子はどうですか?

好調だよ。特に金曜日にはいろいろなプレスからコンタクトがありました。

RESO Design がどのようにして生まれたか教えてください。

学校を卒業と同時に設立し、ディプロムの当日に契約書にサインしました。
とにかく早くプロフェッショナルとしてデビューしたかったんだ。コンクールで賞をとったり、在学中にもファッション関係のデザイナーとコンタクトがあったりしてすでにクライアントがいました。

RESO Design という名前の由来は?

つながり、という意味です。 reseaux(フランス語で“つながり”)を文字りました。
色々な人と、才能と共にクリエーションを繰り広げていくという願いを込めて。

RESO Designのサイトでは、オブジェ以外にも鞄のデザインもありますね。

あの鞄は、デンマークの毛皮職人ビージェー・クリステンセンのために作ったものです。ジャンルにこだわらず、そのオブジェが「ある世界」をつくることを大切にしています。「10 diversion」のプラネット8のようにね。

これからのプロジェクトを教えてください。

僕にとって一番大きなことは、RESO Designがオブジェのエディションを始めたことです。つまりクライアントの注文による製作ではなく、オリジナルのオブジェを製作し販売する部門、『RESO Diversion』の設立です。
他には、コンセプト・ストアー・ジャンシャール・ドゥ・カステルバジャック(*)でのエクスポジションなどです。

(*) Le Concept Store Jean-Charles de Castelbajac(コンセプト・ストアー・ジャンシャール・ドゥ・カステルバジャック) では、ショウウィンドウの一部と店内の一部を展示スペースとして、クリエイターを招待している。

17時半、「salon de meuble」へ移動するためにポルト・ド・ヴェルサイユ行きのシャトルバスに乗る。こちらもプロフェッショナル・オンリーで、Radi Designers が今年の大賞をとっているときいていたのでどうしても見たかった。
招待状は持っていなかったのだが、理由を話すとガードのお兄さんは、「どうぞ。」とニッコリ。というわけで、入場成功。
閉館時間が迫っていたので、あらかじめ聞いていた「みるべき場所」へ急ぐ。Radi Designers はもちろん、それ以外にも多くの新しい才能を発見することが出来た。中でも特に注目したいのはV.I.A.のスタンドだ。

V.I.A.はコンテンポラリー・ファニチャーデザインを斡旋する機関で、毎年開かれる、この世界の新進デザイナーの登竜門といわれるコンクールを開催することで有名。
V.I.A.の展示は、13の作品とその横に設置される小型液晶画面、そしてメインの大型スクリーンから成る。各作品の横に設置された小型液晶画面に映る3Dアニメーションは、その作品のイメージを更に膨らませ、イマジネーションの世界へと導いてくれる。つまり、「オブジェ」と「オブジェが本来存在すべく次元の異なる世界」との接点となるわけだ。その二つの関係の発見をしたとき、快い衝撃を受けた。優れたアート作品に出会った時のように。

Le Concept Store Jean-Charles de Castelbajac
住所: 26 rue Madame 75006 Paris
TEL: 01 45 48 40 55

Text: Aki Ikemura from Ici La Lune

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE