イッセイ ミヤケ・メイキング・シング

HAPPENING

イギリスの新聞「サンデータイムス」は、イッセイ ミヤケについて「世界で最も独創的なファッションデザイナー」と述べている。彼は「21世紀のメーカー1000人」にも選ばれている。これまでのどのデザイナーよりも賞賛され、広く知られているデザイナーだ。それゆえに、彼の作品の良い点について書くことはありきたりのことになってしまう。注目すべき点は、イッセイ ミヤケの、常に革新し続け、デザインのプロセスを発明する能力だ。全てのデザイナーができることではない。


この、もともとはパリのカルティエ現代美術財団で開催された「MAKING THINGS」というショーでミヤケは、彼のデザインのプロセス「A-POC(A PIECE OF CLOTH)」を発表した。そのプロセスはものすごくシンプルで複雑だ。ニットのチューブから作品が出来上がるという点ではシンプルだが、そのニットのチューブをカットして靴下や帽子、ハンドバッグなども作ることができるのだ。

ギャラリーのある部屋には、マネキンの行列にこの素材をぐるぐる巻きにした巨大な輪が広がっていた。ショーのガイドの説明によると、その素材はコンピューターでプログラムされた工業用の編み機で制作されたもので、いろいろな種類の洋服を作れるようにカスタマイズできるらしい。

ショーでは他にも、丈が2メートル以上もあるパンツで薬品に浸すと人間の形に縮むものや、シンプルな正方形の布を針や糸を使わずに体を包み、エレガントなドレスに仕立てることができるものなど、斬新な作品が数多く見られた。

今日、多くのデザイナーが富や名声にとらわれているのに対して、イッセイ ミヤケはデザインの技にとりつかれている。彼は独自のプロセスと素材を発明し、常人の想像を超越した服を作り出す。彼は、絵の具や絵筆、カンバスを自分自身で作ってしまう画家なのだ。
彼の作る服の実用性を疑問に思う人もいるだろう。その殆どは極端に不規則な形で、極めて変わった素材が使われている。表面を金属で覆われた服を維持するにはどうしたらいいか想像するのは簡単なことではない。
それにもかかわらず、ファッション、インダストリアル、グラフィックデザイン、その他クリエイティブ産業のデザイナーにとっては、この 21世紀の巨匠から学ぶことがたくさんある。彼のプロセスや才能だけではなく、デザイナーとして信じることをやり通す意志が、イッセイ ミヤケを他の誰よりも優れたものにしているのだ。

Text and Photo: Rei Inamoto From Interfere.
Translation: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE