NIKE 公式オンラインストア

今井トゥーンズ

PEOPLE

今月のカバーデザインを制作してくれたのは、MTV「TOP OF JAPAN」、CCレモンのキャラクターデザインで世の中にその名前が知れ渡った今井トゥーンズ。
最近では、ファイティング・バイパーズのキャラクターデザイン、BEAMSでの個展開催、オランダ・ロッテルダム映画祭への出品など、その活動の範囲が広がりを見せている。いま日本を代表する若手で注目すべきイラストレーターの1人だろう。


まずはじめに自己紹介をお願いします。

今井トゥーンズ。1971年愛知県生まれ、多摩美術大学美術学部研究科修了。
イラスト、キャラクターデザインを主として活動しています。

イラストレーションの世界に入ったきっかけを教えてください。

たまたま、宝島社の編集者に「いもむし」の落書きを見せたことからイラストの仕事をもらうようになったのですが、それだけでは表現として満足することは出来ず、映像、マンガなど、いろいろなコンテストに出していました。
その中で、賞こそ取れませんでしたが、MTV JAPAN (現VIBE) の「MTV STASION ID コンテスト」で、あるディレクターに認められ『TOP OF JAPAN』の番組オープニングのストーリーボード、キャラクターデザインの仕事を受けるようになり、それ以降、絵柄が広く認知されイラストレーターとしても活動出来るようになりました。

これまでに影響を受けたアーティスト/イラストレーターはいますか?

海外では、ウイーン幻想派、ベーコン、ケニーシャーフ、メビウス、ツイスト、JAMIE HEWLETT、デルタ、ジョージ・ルーカス、外人が真似して描いた歪な日本のアニメキャラの絵など。
日本では、手塚治虫、杉浦茂、大友克洋、湯村輝彦、奈良美智など。

最近の活動について教えてください。

●1999/12/3〜30 名古屋パルコで奈良良智さんの個展『done;did』で作品をゲスト出品しました。
●2000/1/11〜31 札幌の「C.A.I」というギャラリーで個展『WEARS⇔WEAPONS』を開催します。(この個展は札幌の4丁目プラザというファッションビルのニューイヤーバーゲンの広告、CMと連動しています。)
●2000/1/13〜30 渋谷パルコパート3で、講談社『デビルマンイラストレーション展』にて同作品集に収録された作品が展示されています。
●2000/1/26〜 オランダ・ロッテルダム映画祭にアニメ版『SPIDEAD』を招待出品します。(ガスブック5にもサウンド・トイ版が収録されています。そちらもぜひ。)
●隔月限定1000ロットマンガ本『ノウノウハウ』で『SPIDEADブートレグ』連載中です。
HMV、ABC、BOOK1st、などで入手可能です。最新号は2000年1月下旬発売です。

プリント、TV、Tシャツ、ゲームなど多方面にわたって活躍されていますが、それぞれのメディアで仕事をする上での違いはありますか?

表現を変えるということは自分のアウトプットが変わるだけで基本的なスタンスの違いはありません。ただ、メディアによっては意図的にディレクションする形で作品を仕上げる場合もあります。絵柄を変えたりとか。デザインとか。

今までに制作した作品の中で特に印象に残っているものは何ですか?

BEAMS TOKYOでの個展を皮切りにスタートした『SPIDEAD』シリーズ。ウエア、アニメ、サウンドトイ、フォント、マンガなど多岐に渡り展開出来ました。そしてこのシリーズで国内外問わずいろんな仕事、人と巡り会えたことです。

今井さんの作品には、臨場感やスピード感がありますが、コンセプトや作品を制作する上で心掛けていることがありましたら聞かせてください。また、アイデアやインスピレーションは、主にどこから受けますか?

たぶん臨場感やスピード感といったものは、あまりラフの段階でイメージを決めつけない作業の過程と、自分の好みがそういった疾走感に集約されているからでしょう。心掛けていることは自分と相手の境界線を感じながらギリギリまで寄っていける親愛と、突き放して驚愕されるほどの感動をいつも一つの作品に織り込ませようとしています。なかなかうまくはいきませんが。

1つの作品を仕上げるまでの過程について教えてください。通常作品を制作するのにどのくらいかかりますか?

イラストを例にとれば、イメージラフを鉛筆で描き、ペンで線画として仕上げる。それをスキャニングし、MACで着彩します。時間は30分で出来るものもあれば3日かかるものもあります。

今回、SHIFTのカバーデザインを制作していただいたのですが、何をイメージしたのですか?

『SPIDEAD』シリーズの主人公のキャラクターを使いました。『SPIDEAD』とは『SPIRITUAL DEAD』を略したものです。
2000年ということで、肉体が滅んでも、精神が死ぬようなことがあって全てが無になってもまた始めればいい。そこに存在した「ぬくもり」さえあればまた始められる。新しい世界にはばたく前の希望ある終焉といったところでしょうか。

2000年初めに札幌で開催される展覧会について教えてください。どんな内容になりそうですか?

『WEARS⇔WEAPONS』という題名で行います。過剰なファッションで身を包み自己を有無をいわさず正当化させる行為と、護身用にもかかわらず日に日に過多に進歩する武器を購入し身につけ威嚇する行為は似ている。それは人間が弱い部分を補うための行為であると同時に弱さを誇示していることでもある。そういうジレンマの様なものを表現した作品の新作4点と、「攻撃する服」という別のベクトルで作ったサイクリングシャツが展示されます。それから今までの仕事の作品も展示します。

今興味のあることは何ですか?最後に今後の予定や、やってみたいことなどについて教えてください。

広いジャンルに渡って表現できる自分のアウトプットをたくさん持つために努力すること。
漫画を描きたいと思っている。脳味噌の壁面にコビリ着いている長年のイメージの断片を早く形にしてすっきりさせたい。それから「WEARS⇔WEAPONS」のブランドで服をつくってみたいです。


今井トゥーンズ


1971年愛知県生まれ。多摩美術大学美術学部研究科修了。
主な活動履歴は、MTV『TOP OF JAPAN』番組オープニングアニメ/キャラクターデザイン、電気GROOVEコンサートツアー『ツアーめがね』パンフレット/イラスト制作、サントリー『C.C.Lemon』CF/キャラクターデザイン及びポスター制作、東京FM出版 篠原ともえ『ウルトラリラックス』/イラスト制作、SEGAアーケードゲーム『ファイティング・バイパーズ2』/リニューアルキャラクターデサイン及びオフィシャルイラスト・ポスター制作、講談社『週刊モーニング・新マグナム増刊』デビルマンイラストレーション/イラスト提供など多数。

Interview and Text: Taketo Oguchi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE