NIKE 公式オンラインストア

服部全宏

PEOPLE

「ペンと紙。それは、個人の表現衝動をアウトプットするための最も身近な存在です。そして、どこにでも、携帯できる紙がノートです。 “NOTE”は、有名無名を問わず作品の発表と、新しい才能のショウケースであり、そして手に取った人がペンをとって描きこんだり、いろいろな角度から使うことが出来る『実験ノート』です。」という服部全宏編集長の手書きの言葉から始まる読者参加型メディア、それが「NOTE」。
メモ帳サイズの作りになっている洒落たビジュアルフリーペーパーの中には、東京を面白くしているたくさんのクリエイティブな人達が作品を発表したり、気になる事を寄せている。
丁寧に作り手側の息吹きをノートに封じ込めたこのメディアは、右から左へ流れてしまう事が多いメディアの中で、個別な情報だけでなく、本自体を身に付ける楽しみ、持つ事の楽しみを教えてくれる事に成功している。
もうすぐ3号目が配付されるこの「NOTE」を編集している服部全宏編集長に、インタビューを行った。



「NOTE」に至るまでのお話を聞かせてください。

クラブキングにいる頃に「ディクショナリー」を編集させてもらっていて、その時に、いろんな人の生原稿を見る機会があったり、グラフィックとかの現場も見るチャンスがあったりしたんです。
もともと、音楽好きってことで、クラブキングに入って、日本音楽選曲家協会という音楽をセレクトしたり、どういった音楽をセレクトすればどういったムードになるのかという、一種の音の編集的行為に興味がありました。でもディクショナリーの編集を通してグラフィックというものに、面白みとか、可能性とか、そのフィールドに集まっている人達に、興味を持つようになって、ディクショナリーにもそういったグラフィックを多くのせるようなっていったんです。
それが一つの形になって「ビジュアルディクショナリー」というタブロイドサイズの、ビジュアルだけの新聞を作る事になりました。その時には編集長という形で作らせてもらっていて、その「ビジュアルディクショナリー」も終わったときに、「ビジュアルディクショナリー」をやったことで回りの反応も良くて自分でも自信が付いたので、自分でも挑戦してみたいなという気持ちが起こってきて 会社をやめまして「GO PUBLIC」という事務所を作ったんです。
それも、幸運な事だったんですけど、いろいろな人に退社の報告をしてた頃、レコードのプロモーションの仕事をしたり、小冊子を編集していたんですけど、その時に高城剛さんから「フリーペーパーを作りたいという人がいるんだけどやってみないか?」って話が来たんです。最初、学校のプロモーションのような要素もあったんだけど、メディアを作って、それをサポートをしているのが学校なんだよ、って形でやりたかったんです。けっこうたくさん作りたいって事だったんですけど、その部数が最初14万部。
14万部ってすごい数でしょ。ディクショナリーは5万部だし、ビジュアルディクショナリーだって1万部だったんです。これまで経験した事がなかったし、14万部も刷るフリーペーパーを街に配るって事を想像した時に、ファーストフードにおいてあるチラシだったりとか、旅行の案内みたいにゴミみたいになってしまう物しか想像出来なくて、ゴミになってしまう事に責任を感じてしまったんですよ。14万部という数に。

本当に14万部も作ったんですか?

作った! 作りました。 その時にたまたまTVで、森林伐採でオラウータンが住む場所がなくなってしまうニュースを子供と一緒に見てしまったんですね。俺、そういう原因を作っている一人でもあるのかなと考えてしまったときに、 なんかこう 14万部というとある程度、パブリックなもので、多くの読者に向けて作る物になるんですけど、読者はこう思っているんだろうとか、読者はこういう物を欲しがっているんだろうという自分の決めたターゲット、価値観で物を作ってしまうのは、リアリティーがないですし、結局編集している人間が、自分に向かって、自分がターゲットにならない物は作ってもゴミになるし、やる意味もないし、もし作ったとしても、作っている人間が楽しくない物というのは、見ている人にとってもつまらないものになるだろうなというのを実感としてずっと感じていて、 だから、 14万人の人を楽しませなくちゃいけないんだろうけども、自分自信も楽しんでしまえるような内容にしたかったんです。でも、ある人にはどうでもいい情報だったり、情報の押し付になったりする可能性もあるわけじゃないですか。そういう物って欲しくないわけだから、その人にとってはゴミになってしまって、結局ゴミを満たす原因になってしまう。そういう人にとっても何か使えるものだったり便利なものだったら、まぁ取って置くかなって思ったわけなんです。(笑)
そうしたら、僕が考えた中身に対して反応する人は1万人だったりとか、 5万人だったり、もしかしたら3000人なのかもしれないのだけれども、 それ以外の人にとっても、あっなんだか分からないけど、書けるし、使えるからってことで、便利じゃんって取って置いてもらえたらゴミにはならないでしょ。(笑)

なんか矛盾している所からスタートしているんですね。(笑)
「NOTE」で伝えたい事はありますか?

伝えたい事って、 「NOTE」で手書きで書いているマニフェストみたいな文章だったりするんですけどね、ここに書いてあるペンとか紙ってすごく原点みたいな物でしょ。何かをやりたいとか表現したりとかの、そういう原点を忘れてしまった人は気付いてもらったりとか。そうだよね。って共感する人にはここを通じて、何か実験をしてもらったりとか、そうやって、実験をくり返していかないと…、なんて言えばいいのかな。

前に進んでいかない?

うん! やっぱり閉塞感みたいなのってあるじゃないですか、いろんな新しいものが生まれないとかさ、そういう言い方をしてしまうじゃないですか。でも、まだまだあるような気もしたりとかして、そう言うのって、実験していかないと、「そんなのあったじゃん」って言ってやらないよりかは、「でもやってみたいんだ!」ってやって、失敗したりとか、やっていく内に変なノイズみたいな物が生まれて、「何それって面白いじゃん」って、ハプニングが起きていく事が、イノベートしていくって事だったりするよなって事なんですよね。それを言葉として伝えたいわけじゃなくて、手にとったり、その人自身が動いた所から、イノベートが始まるってことを一番伝えたいですね。

それがこのイギリスで見つかったという「NOTES」に繋がるんですね。
(イギリスで、見た目がまったく同じで、しかもタイトルまで同じ「NOTES」という小冊子が見つかった。内容、中身共にレベルが高く、服部編集長、デザイナー共にその発見を喜んだという話し。)

そう そう!! これのようにイノベートしてくれたらこれはまたこれで、面白いじゃないですか? ほんとは、「NOTE」をコピーレフトにしたいくらいですもん。

正に実験の場なわけですね。服部さん自身は、参加される作家さんとコラボレーションするスタイルをとっているのか、それとも、作家さんにあくまでも自由に作品を作るスタイルを取るのかどちらですか?

それは、ケースバイケースです。やりたい事がある人には、「あぁーじゃそれやって」という感じですし、この人にこういう風なのをやってもらったら、面白いかなって時には話しを持っていって「一緒にやらない?」って時もあるし。この雑誌がどんな風にやりたいのかが、筋が通っていれば、そこからはいろんな小枝が伸びていてもいいのかなって感じています。

90年代は、D.I.Y 精神に貫かれたインディーズ活動が、メディア、音楽共に花開いた時代だと思います。服部さんが、今インディーズという言葉から感じている事を教えてください。

みんなインディーズでいいんじゃないかな。極端な例だけど、スターウォーズというのは、いろんな雑誌にも書いてありましたけど、すごく大きなインディーズだったりするわけじゃないですか。ジョージルーカスがそこまでコントロールしたいわけだから。作品の内容もそうだし、どういう風に作品をお客さんに届けたいかとか、作品と出会う直前まで、あの人は考えてコントロールして環境設定をしたいから、自分で全部お金を出したインディペンデント映画でしょ、あれは。どっかの映画会社がお金を出したわけじゃないから。そういうことなんじゃないですかね。インディーズって。

僕も同意見です。インディーズってただのジャンルではないですよね。ジョージルーカスの活動にはインディーズと言う言葉がすごくストレートに感じる時代の幕開けを感じます。

テクノロジーの進化によって、 個人という事が、 「GO PUBLIC」という名前もそういった意味合いがあって付けた事務所なんですけど、インターネットの時代になって、始めて国境とかのカテゴリーがなくなって、個人というものが、「ここにいます!」って時代になって、そこに本当にアクセス出来るような時代になったわけじゃないですか。

その「GO PUBLIC」という言葉の意味をもっとくわしく教えてください。

株式とかの業界用語で、店頭公開って意味だそうです。例えば、服部商店って名前のお店が店頭公開する前は、周りにいる人達と商売していたんだけど、店頭公開することでいろんな所から服部って名前のやつがいるんだということが知れわたって、アクセスが起きたり、投資する人が現れたりする事なんですけど、それぐらいインターネットの事が僕の中で大きかったんです。でもそれが直接インターネット上でやるということには繋がらなくて、そこに入って、気付いた事をもう少し現実の世界に返して上げたいということはあるんですけど。いろんなショウケースじゃないですか。だから、いろんな知られていない人とか面白い事をパブリックにしていきたい、という。自分達もそこに載っていきたいんだけど、そうゆうことだけでなくて、そういった人達をパブリックに伝えていきたい。という意味合いがあって付けた名前です。

「NOTE」以外の活動もそこを目指しているんですか?

そうですね。やっぱり編集をやっていると、自分達でお金を稼ぐという問題もあって、編集とプロモーション。両方とも何か近い物があって、編集とプロモーションの中間みたいな形を目指していて、それの近未来系みたいな形を作りたいんだということを初めから言っているんですよ。

その具体的なプランはあるのですか?

まだ、実験をしている最中で、これだっていうものは、まだ見つかっていないですけど企業がカタログを作るというときにでも、それがどこまで企業の押し付けじゃなくて、みんなが共有出来るところまで持っていけるのかというお手伝いはしてますね。
プロモーションという領域をもっと面白くしていきたいと思ってます。で、一方で、ちゃんとそういった人達を紹介してアウトプットして、その人達が仕事になるように持っていければいいかなって思っています。よく分からない会社ですね。

今の東京に感じている事を教えてください。音楽や、メディアなどが、低迷しているという話しを僕は聞くのですが。

勇気を持つ事かな。なんか、自分自身が、何に感動しているのかとか、自分自身が何が好きかという事を実感出来るようにならないと、ダメなんじゃないかな。そこをとっぱらっておいて、本当に自分にとってリアリティーのないことをやってしまうと、そんなの誰にも楽しくないし、誰にも響かない。さっきと同じ話なんですけど。自分自身の感覚をもう一回見つめ直すという事を、あえてしようとしないと、その人にとって、周りにあるものはどんどんつまらないものになっちゃうのかなと思います。そこをはっきりさせとかないとその人自身がつまらない人になってしまうから、全部つまらない物になって「今、面白くないんだよね〜」って話しになってしまうような気がするんだよね。

実際、面白い物は街に溢れているのでしょうか?それとも面白くないものが今は多いのでしょうか。

面白い物は出ています。繊研新聞という所で面白い物を紹介させてもらっているんですけど、紹介する物の価値基準というのは一緒で、何が面白いかというと、作っている人達自身が、自分の価値観で面白いと思った事を信じている。そんな物が面白い。そんな事があるから東京は変わってきていると思いますよ。

時代が変わってきている…?

いきなり、マスに話しを持って来て、ドカンと打ち上げ花火のような発想をしないで…なんか、その物自体が金額的なものだけでなくて、マネーじゃない何かが自分に返ってきたりする事って大きかったりするじゃないですか。そういう物を自分の中に価値基準として持っている人が増えてきているし、そういうのを持っていれば、おのずと、音楽とか、物とか良質な物は、僕は楽観主義者だし、理想主義者なんで、人に伝わっていって、残っていくと思います。だから、実際にそういう物は出ていて、言葉を超えて伝わっている実感があります。

だから、服部さんはそんな作品を集めて、「NOTE」という結晶を作っているんですね。面白くないって言っている人は、その人自身が見えてないからなんですかね。

面白くないって言った時は、その人自身が面白くなくなっているんじゃないかな。面白い物を見つけるアンテナが動かなくなっているんじゃないかな。

ジャンルもどんどん細分化されてきてますしね。

別にこれがマスだって中心なんかなくたっていいしね。インターネットなんてこれが中心だってないじゃないですか。各自勝手にやっていて、面白いと思ったら、繋がって、いいなって思ったら、勝手に離れていくし、それが個人単位で動くじゃないですか、それこそデジタルノマドじゃないですか。

そうですね!! 服部さんがこれまでに影響を受けた人を教えてください。

やっぱり、クラブキングの代表の桑原茂一さんは、すごくいろんな事を教えてもらったし、影響を受けています。茂一さん自身が言っているように、「NOTE」という本自身が、「ディクショナリー」の編集という仕事が学校だったとすれば、卒論みたいなものだなって言っているから。

後、茂一さんの前に付いていた大学の先生の武邑光裕さんというメディア美学者の人の所で、いろいろと見せてもらったりとか、そばにいる事で感じさせてもらったことは、すごく物の発想の部分で影響を受けていたりしますね。後は、やっぱり、ターンテブルとか、こういう音楽の楽しみ方、ターンテーブル2台とミキサーで、自分流の楽しみ方をするっていう発想。それか、サンプリングで音を作る発想とか、マッキントッシュという構造というか、システム、これってすごい勉強になるじゃないですか。フォルダの考え方とか、システムの考え方には、影響を受けているんだろうね。いっぱいあって、言い出すときりがないからやめましょう。

今注目している事はなんですか?

DVD。音とビジュアルが一つのものになるフォーマットになればいいかなって考えています。実際なるか分からないですけどね。また、新たなフォーマットが生まれるかもしれないから。でも、音楽のフィールドの人がDVDを作ろうかなって動いているのが面白いですね。僕の好きなダフト・パンクもDVDで出すらしいし。この前インタビュー見てたら HOWIE Bが、 DVDで出すと言っていたとか、なんか、エレクトロニックミュージックの人がそうやって入っていけたらいいかなって思っています。

注目しているアーティトは?

今フランスから出てきているアーティストが面白いです。後、日本のミュージシャン。インディペンデントレーベルのフラワーレーベルという所も面白いし、上質な音楽が日本から出てきているなって感じています。

次の「NOTE」の内容は?

そんなに大きくは変わらないですね。一応フォーマットは出来ていますし。でも、次の「NOTE」も、持っていれるような仕掛けは一つ考えています。それがちゃんと伝わるかどうかは不安ですが。(笑)

実際ノートとして使っている人に出会った事はありますか?

あります。あります。でも実際は使える所は少ないんですけどね。もっとノートとしてたくさん使える所を増やしてくれって意見もあります。

何年か前に、立花ハジメさんが、アプリケーションツアー(だったかな)のパンフレットの後半の何十ページかが、ノートになっていましたね。

そういえば、白紙だったね。そういうのも入てんじゃないの。 サンプリング! 服部が、サンプリングしていじったらこうなったという。ここにオリジナルはありません。リサイクルアイデアと言い切っているんで。 それはね、「NOTE」の0号目にも書いてあるんだけど、デザイナーの人が考えていていいアイデアだなって思って、
“100% Recyclable Idea、20% Preconsumed Idea”。まぁ、そういうことですよ。今年のテーマはリサイクルアイデア。
物のリサイクルという事だけでなくて、アイデアのリサイクル。デザインというのはアイデアだったりするわけでしょ。そういう物のリサイクル。なんでこうものにしたかったのかなって、発想のリサイクル。なんでこういう機能のメディアにしたかったかってということのリサイクル。

それは猿真似とは違う分けですよね。

そうですね。時代が求めているアイデアにアジャストしていくわけだから。

最後に読者に一言お願いします。

ピッチ合わせがんばってください。(大爆笑)
いろんな事も含めて、後は、ニュートラルダッシュ。


NOTE
編集長/服部全宏
デザイン/小野英作/岩淵まどか/山田拓矢
不定期 (3号は8月配付予定)
全国ブティック、カフェ、レコードショップで入手可能。

GO PUBLIC
mhattori@pop.bekkoame.ne.jp
TEL 03-5457-1061

Text: Akira Natsume for Gasbook

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーブ・ベイカー
MoMA STORE