佐伯 仁

PEOPLE

家具をはじめとするプロダクトやインテリアデザインの近年の流れとして、ヨーロッパの元気のよいデザイナーの活躍が目立ち、数年前から日本でも話題を呼んでいる。ドローグデザインやインフレイトといった、パワー溢れるデザイナーをいち早く日本に紹介したのが、原宿にあるハウスウェアプロダクトギャラリー「TRICO INTERNATIONAL」を主宰する佐伯仁氏だ。
自らも家具やインテリアなどのデザインに携わりそして昨年に続き今年も10月に行われる家具・プロダクト・インテリアのイベント「HAPPENING」をオーガナイズするなど、常にデザインシーンに触れてきた佐伯氏に、「HAPPENING」のことや現在のシーンについてお話を伺いました。


佐伯さんの現在の活動について教えてください。

原宿にある、TRICO INTERNATIONALの主宰をしています。TRICOはショールームと事務所を兼ねたショップで国内外現代デザイナーのエイジェントとして、DROOG、INFLATE、EL ULTIMO GRITO、SNOWCRASH、YUICHI TAKEUCHI等を日本に紹介しています。
「HAPPENING」に関しては、AIRCONDITIONEDというユニットのメンバーとして関わっていて、AIRCONDITIONEDというユニットが「HAPPENING」をオーガナイズしています。、AIRCONDITIONEDというのは僕以外に主要のメンバーは3人。プラスあとはプロジェクトごとにユニットを形成していくようなものです。
お店の内装のプロジェクト、店のウィンドウのディスプレイとか、あとグラフィック、広告もやります。デザインという切り口で考えられるものはわりと幅広くやっています。
あまり平面的な考え方ではなくて、プロダクトデザイン、インテリアデザインという切り口でやっています。HAPPENINGもある意味、AIRCONDITIONEDのひとつの作品という位置付けでやっています。

主催者である佐伯さんご自身からHAPPENINGについてお話していただけますか?出展者が各自で出展する場所(カフェやショップ)を確保し、その空間ごとデザインするということですが、

基本的にプロダクト、家具のデザイナーやインテリアデザイナーが主体となって、その期間中、青山、原宿、渋谷、代官山のエリアでショウをやるというものです。
個々のデザイナーのショウの集まりが、HAPPENINGというエキシビジョンになっているという考え方なんで、AIRCONDITIONEDとしては全体のその最低限の環境を整えるだけであって、それ以上はあまり個々のものには口出しするということも必要ないと思っていて任せています。逆に言うとあまりこっちに頼るなと・・。
でもある程度はマスコミが注目したり、いろんなチャンスがあったりという機会はつくってあげるから、その期間にちゃんとやればいいなと思ってます。日本だとそういう機会もなかったですし、そういうことをここでやろうというパワーも割りと若い人達になかったので、そういうお膳立てくらいはしてあげようかなと。

HAPPENINGは出展する上で今まであるような参加料を支払うということもないですし、ある程度自分の思い通りにできるということは逆にすごくチャンスではありますよね。

そうですね。よくある公募展とかだと決まったテーマがあったり、決まったなんとかの中で選ばれた作品が他の応募者と一緒に並ぶという。そういうものではなくてデザイナーのプレゼンテーションというかたちで考えています。
また普段の景色のなかに作品を置く事によって、もっと身近に感じられるというか。基本的にプロダクトや家具なんで、アートとは違う世界なんで、身近に使うべきものだから、そういう感覚で見せたいというのはありますね。

去年から始めたということですが、HAPPENINGを始めた経緯は?

自分たちも普段デザインをするので、デザイナーの立場に立って考えたときに、日本にそういうショウをやるような機会がない、チャンスがない。だったら何か自分たちでやるしかないねっていうことです。それで、自分たちでやってしまったと。
あと、ある意味がんばれよと。日本だとどうしても企業に属しているインハウスのデザイナーのような人ばかりで、例えば大学を出てもそのまま自分たちで活動する人が比較的少なくて。この1、2年増えてきているんですよ、それでもなんとか好きなことやって、ちゃんと好きなものをデザインしてということができるんだという人たちも。会社に入ってしまうとどうしても違うデザインじゃないですか。売れるためのデザインだったりとか。基本的にその中から出てきてるデザインというのはまた違うから。

イベントの中で一般のコンペ作品展示の他にドローグやインフレイト、エイチデザイン等という国内外からのデザイナーの招待参加展示があるということですが。

将来的には世界と同レベルで日本のデザイナー達や若手のデザイナー達も世界の中でちゃんとやっていけるような環境にならないかなという。それで海外で活躍している若手の人たちと(日本の)そういう人たちも肩を並べてできればいいということなんです。だから、単なるアマチュアの学祭みたいなただのお祭りというような事はしたくない。そういう意味ではちゃんとしたことをやっている人たちを「招待」というかたちで入れることによって、彼等の作品をみたりというチャンスが生まれる中で(コンペ参加者も)奮起していいものを創るだろうと。

去年と今年で何か違ったこととかありますか?

今年はもう知られているということが大きな違いですね。去年は初めてで何も知られていないから、「なんだそれ?!」っていう。HAPPENINGのことは知らないけど僕らのことはこういう業界でチョロチョロしてるから知ってるけど、じゃあ佐伯くんが何かやってるなら面白そうだねっていう感覚だけだったんです。今年はHAPPENINGというものがちょっと知られているんで、とてもある意味やりやすいですね。ある意味で責任感も感じたりしますが。

きっとHAPPENINGを体験することでプロダクト、家具やインテリアの今のシーンを体感できると思うのですが、海外、日本を含めて最近のそのデザインシーンの中での新しい動きや流れなど佐伯さんご自身はどうみていますか?

世界でみるとインディペンデントのスタンスで活躍するデザイナーというのはちょっと前から多くでてきていて、日本だとほとんどいない。
でも海外でそういう動きがあったという情報が入ってきたり、あと日本でも景気が悪くて就職もできないみたいなシーンもあって、すごく創り手側としては今、増えてきています。受け取り側のほうでも、最近ようやくそういう情報がでてきたんで少しずつ気付いてきてる人もいますが、でもまだ全然一般のレベルまで普及しているような状態ではないですから、まだ全然生活に関してリアルにないと思うんですよ。ヨーロッパの方だと自然に大人から若い者までデザインについて普通に語れちゃうという感じなんですが、日本はやっぱり家具の文化がまだ浅いというか。畳の文化ということもあると思いますが。
あと日本だと、雑貨の文化というのがすごく発達していて、雑貨屋さんというお店がたくさんあって、ブームはそろそろ去ってきてる感じではあると思うんですけど、まぁそういうところで安いもの、中国製だとか、すごく安くて、でも偽物のっていう感じのものを普通に、それがちょっとお洒落みたいなかんじで変に普及してしまっていたんで、それもすごく弊害だったと思うんですよ。
新しいデザインがあってもそれを安く中国で作っちゃうっていう会社が日本にはたくさんあるんで、それを安くつくっちゃうと、それを買う層がいるという、すごく悪い、デザインの権利というものをまったく考えていない仕組みだったりするんで。

インフレートが流行ったときもニセモノ多かったですよね。

最近ようやくそういうものがかっこわるいということに少しずつ気付いてきている人がいて、最近ちゃんとしたデザイナーが作ったものをわかる人がわかるようになって来はじめた。で、つまらない雑貨屋さんが最近なくなってきてっていう動きもでてきている。

何か新しい素材や従来ある素材の新しい使われ方、発想などが最近の家具デザインのなかでの流れであると思うのですが。

ありますね。でもインディペンデントでやってきているデザイナーというのは、すごくハイテクな研究所をもっているとかいった人たちではないので、全く新しい素材を開発するということはものすごく難しいことなんですよ。それで、既存の素材をちょっと違う発想で、違うものに応用して使っていくっていう。そこで新しい機能性を見つけだしていくみたいなことが彼等にもできることなんで、そういったことは頻繁に行われていますね。

日本と海外のデザインを比較した時なにか相違点あるいは同じようなところとかありますか?

日本はまだまだ未熟というか、そういう環境がないという感じではありますね。でも日本にはいろいろな情報が入ってきているんで、今東京の人と例えばロンドンの人とパリの人がいたら、同じような生活しているんですよ。でも使っている家具とか結構違ったりとかして。
日本は家具を置くスペースがないというような、住環境もあるんですけど。すごくその「住」という空間を軽視しがちなのね、日本人は、今。昔はそういうところも日本の伝統的なところで重要視していたんだけど、今はその環境をあまり気にしない人が多いんです。目の前に見えるモノを集めてみたりとかすごく消費することにばかり目がいっちゃっている。モノを集めたりするってあまり中身がないかなって。集めてうれしいんだろうけど、それは自慢ができるからうれしいっていうレベルであって、普通に生活を楽しむっていうのとはちょっと違う。

HAPPENINGの招待参加の中でも、日本だと空間全般をデザインしている方のほうが多くて、海外のデザイナーの方が比較的プロダクト・家具をデザインしている人が多いですよね。やはり日本にはインディヴィジュアルに家具・プロダクトをつくる、商品化していく場がないんですか?

パワーがないんですよ。まだ力もないし。あとやっぱり消費文化に犯されていってしまっていて、そういう若手のデザイナーが空間をやるチャンスがあるっていうのは、海外はまずほとんどない。
日本だとブティックだったら毎年内装を変えて、その度に大量のゴミがでるってことがあるけど、あまりそういうことは海外では行われないから、(日本は)恵まれてはいると思うんですよ、仕事という意味では。でも決してそれがいいことかというと、せっかくデザインしたものでも、たぶん2、3年でなくなっちゃうものを作ってるわけじゃないですか。
あとさっきの海外と日本の違うところというので、環境問題とかもっと地球レベルでの快適さ、長い視野でみたそういうものへの意識というのは違うと思います。リサイクルとかも含めてね。

ヨーロッパに行ったときに各地でたくさんリサイクルのゴミ箱をみました。普通に町なかにどかんと大きなリサイクル用ゴミ箱があるんですよね。

彼等はもう生活に根ざして自然にやっているんですよ。だからそういうエコロジー的な視点のコンセプトの作品というのが割と自然にできてると思うんです。日本はそういう生活してないから無理にそういうことをしようとしたって、取って付けたふうなものしかできない。生活の違いがあるかもしれない。だから消費者のほうも、家具なんかも安いもの買って飽きたら捨てちゃえばいいやってね。
デザインっていうのは根付く必要がある。小手先の面白さだけじゃすまされないというか。

今後の展開、予定などは?

なるようになるんじゃないかな。あまり長期計画をたてて物事を進めるタイプじゃないので、その時のテンションでいっちゃうほうなんです。HAPPENINGは、来年もやることになると思います。

今年のHAPPENINGはオランダのインテリア雑誌「FRAME」マガジンを招待し、出展者の中からFRAMEアワードという賞が与えられるそうだ。デザイナー側と使う側の双方が私たちを取り巻く空間の、そして、その空間を創りだすプロダクトの新しいあり方を普段の生活の中で見いだし、再認識させてくれる場となるだろう。

TRICO INTERNATIONAL
住所:東京都渋谷区神宮前6-9-1-B1

Interview and Text: Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
カラードットインク
MoMA STORE