ノーフロンティア

PEOPLE

今月のカバーデザインを製作したのは、オーストリア、ウィーンのニューメディアカンパニー「ノーフロンティア」のマウリッチオ・ポレットとフローリアン・コッホの2人。これまでに多くの才能のあるアーティストを輩出しているノーフロンティア。その活躍はSWATCHやLEGOを始め、数々のクライアントワークで目にすることが出来る。それほどまでにクライアントを魅了する秘訣は何なのだろうか?ノーフロンティアの活動などについて2人にお話を伺いました。


まずはじめに、自己紹介をお願いします。

フロー:フローリアン・コッホ。ミュンヘン出身、25歳。広告会社で働いた後、Schwaebisch Gmuendのデザイン学校でビジュアルデザインを学びました。Schwaebisch Gmuendは、南ドイツのそんなに大きくない街だけど、すごくいい大学がある街です。
学生時代に半年間ノーフロンティアで働く機会があって、卒業後にまた戻って来ました。ノーフロンティアではメディアデザイナーとして働いています。イラストレーターとしての仕事をする時もあります。

マウリ:マウリッチオ・ポレット、25歳。僕は、13才くらいの時からグラフィックデザイナーになろうと思っていました。僕の母がランチの後に毎日見ていたアメリカのドラマに、会議のためにグラフを作成する仕事をしているキャラクターが出ていて、その当時僕はそれがグラフィックデザインというものだと思ってました。複雑そうな仕事じゃなかったけど、シンプルな線と形を描いているのがとても面白そうに見えて、それでデザインの大学に進みました。
大学卒業後はイタリアの古い街ウルビーノにあるグラフィックデザイン学校に入学しました。その Istituto Superiore per le Industrie Artistiche はすごい学校で、そこでは主にエディトリアルデザイン、イラストレーション、フォトグラフィーをやっていました。
そこで、世界中から来たたくさんの人達と出会い、その中にはウィーンのノーフロンティアデザインの共同設立者アンドレア・ステンフルもいて、卒業後にウィーンに来て今ここで働いています。

最近の活動について教えてください。

マウリ:今は毎晩、星や夢や愛についての曲を書いてるシアトル出身のバンドのためのデザインをしてます。日中は、この世のものとは思えないようなミーティングがたくさんあって、美術館を感情あふれるインタラクティブなものにする努力をし、新しいノーフロンティアブックのための精神的鍛練をし、コーヒーをたくさん飲んで、メールを読んだり送ったりし、みんなといっぱい喋って(たぶん喋りすぎ)、コード*4で電話をし、ランチに行って、ケンカして楽しんで、音楽をプレイします。あとは時間がある時にデザインをしてます。

フロー:ドイツ銀行のCD-ROMが終了したばかりで、もしマウリとこのカバーをやってなかったら、美術館と本のプロジェクトを除けばウェブサイトやアニメーションやビデオのことを考えながら過ごしていた予定です。

ノーフロンティアの活動について教えてください。

マウリ&フロー:今ノーフロンティアは面白いプロジェクトをいくつか抱えています。SIGMUND FREUDのCD-ROMプロジェクトを長い間やっていて、ちょうど終了したところです。夏の終わり頃には発売される予定です。
今はウィーンのユーデンプラッツにある新しい美術館のための斬新でインタラクティブなものを製作中です。そこではマウスやキーボード、スクリーンなしで、光や音、ユーザー間の相互作用を使用した感情豊かで直感的なインタラクティブ性を持った新しいテクノロジーを使うことが出来るようになる予定です。
ノーフロンティアの建築チームは今、ノーフロンティアのスタジオを拡張するために一生懸命です。それと平行してメディアの「言語」と建築の混合、結合したデザインアプローチを発展させる為に頑張ってます。
他の人との対話はプロジェクトを複雑にするけど、最終的にはさらに実りのあるものにしてくれます。そしてついに「ノーフロンティアブック1999」が、この10月にフランクフルトのブックフェアで発表されます。この本を本当に完成させたいと思ってるし、今現在それを実現させる為にすごく一生懸命やってます。様々なプロジェクトや実験、アイデア、メディアテクチャーの新たな発展、インターフェイスデザインを通して、その本は過去3年間のニューフロンティアワールドへの旅です。いろんなことが同時発生する場所で起こったことが集約されています。

マウリ:僕らはちょっと異様な場所で働いているんです。全く違う人たちが出会い、コミュニケーションする場所です。僕らはそれぞれ別の個性、センス、先入観、教育、経験、専門職、夢、国籍、アイデアを持った人間です。たぶん僕らはひとつのことを共有しているんだと思います。それは特別なアイデンティティの集合体を経験することで、それ自体は1人1人の個性の中でだけでなく場所自体の個性を通してもはっきりしてない存在なのです。空間的なアイデンティティです。

フロー:ノーフロンティアで働くことはすごくいい経験になるけど、もしいろいろなメディアやスタイル(テレビジョンや、もっとコアなインフォメーションデザインなど)に興味があるなら、1つの場所にいるのは難しいと思います。そのことがノーフロンティアが評価される理由だと思います。この機会を逃したくはないけど、新しいものを得る為に間もなく違う国に旅立つ予定です。

マウリ:ここには、たくさんの人がいるけど、何人いるかは正確に言うことが出来ません。いろんな人が去って、新しい人もたくさん入って来ます。まるで列車の駅みたいに。そう、ここはデザイン列車の駅なのです。

インタラクティブデザインはどこでどのようにして学んだのですか?

フロー:インタラクティブデザインは自分で学びました。あとは学校で。

マウリ:僕はフローリアンのように学校でインタラクティブデザインは学んでいません。学校でのインタラクティブデザインの授業は、F18ホーネット・インターフェイスでした。インタラクティブデザインはノーフロンティアで学びました。感謝しています。でも、学ぶことが出来るのはテクニックであって、デザインは別の何かだと思います。それはクリエイティブなプロセスで、対話と好奇心、オープンマインド、自己皮肉、情熱であって、学ぶことが出来ないものです。自分自身で磨くしかないんです。

フロー:自分で学ぶことが出来るデザインと出来ないものの規準があります。僕は学校でたくさんいいことを学んだし、学んだことは僕の脳に焼き付いてます。今僕は学校で学んだこととは違うものを作ろうとしてます。

インタラクティブデザインのアイデアと、作品を制作するうえで心掛けている点は何ですか?

フロー:基本的には、一番いい方法で情報を提供することで皆がお互いにコミュニケーションする手助けをするように心掛けています。またはユーザーが情報を簡単に理解出来るような明解なインターフェイスを作っています。とにかく、インタラクティブデザインには、コンテクストにもよるけど、エンターテイメント性が必要です。

マウリ:どう説明していいのか分からないけど、僕が思うに、それが良いものであれ悪いものであれアイデアがあって、それからすごく個人的だけど感覚的でコンテクストによるクリエイティブなプロセスがあるんだと思います。デザイナーとして忘れてはいけない何かがあります。常に言いたいことがあって、もしそれがいい話しなら、それを聞きたいと思うひとは必ずいます。

「Nofrontiere operating system」という本のなかでも多くのクライアントワークを見ることができますが、ノーフロンティアがそれほど多くのクライアントを惹き付ける要素は何だと思いますか?

フロー:その本が出来る前は、アンドレア・ステンフルのデザインのやり方でしたが、今は1つの場所に素晴らしい人たちが集まってます。次の本で分かると思うけど、その結果こそが特別なものです。

マウリ:フローリアンが核心を得ていると思います。それは絶えまなく続く対話であり、人々、経験、言葉、食べ物、音楽、時間なのです。一種の魂の集合体で、それは人によってだけでなく、場所にもよります。僕達は次の本でそれを説明しようとしています。

フロー:特別な要素は何もありません。会社自体がすごく大きいので、クライアントを魅了する全ての仕事の結果がその要素になっていると思います。

興味のあることは何ですか?

フロー:興味のあることはたくさんあります。何から始めればいいか分からなくて、自分の自由な時間では、ほとんど何もやってません。音楽を作りたいです。何年も前に、典型的な無名のティーンエイジャーバンドでドラマーをやってたことがあります。エレクトリックミュージックを作ってウェブデザインをやりたいです。今自分のホームページを作り始めていて、ドメインネームを探しているところです。自分自身の作品や、すごくはないけどいいものを織り交ぜてアップする予定です。

マウリ:エラーとランダムイメージの素晴らしい世界。

オーストリア、ウィーンについてお聞きしたいと思います。新しい動きはありますか?

フロー:Silverserver

マウリ:僕がよく行くオーストラリアのウェブサイトは「Der Standard Online」です。ウィーンで上映されている映画の情報を自分の国の言葉で知ることが出来ます。

最後に、今後の予定を教えてください。

フロー:9月にガールフレンドと一緒に1年間ロンドンに行く予定です。

マウリ:夏にビーチに何日か行って、デジタルビデオカメラを買って、フローリアンがロンドンにいった後に僕も行く予定です。

Nofrontiere
住所:Zinckgasse 20-22, 1150 Vienna, Austria
TEL:+43 (1)9855750

Text: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE