シュー・リー・チェン

PEOPLE

昨年11月26日、オランダからメディア・アクティビストのヘアート・ロフィンク氏が来日し、渋谷XPでトーク・サロン「アムステルダム・インパクト」が開かれた。そこでゲスト・トークをしたのがシュー・リー・チェン氏である。
自ら「デジタル・ドリフター」と名乗るシュー・リーは、その名が語るように、ニューヨーク、アムステルダム、東京と活動の拠点を移動しながら、さまざまなメディアを通して作品を展開しているアーティストである。
現在東京に拠点をおき、新作フィルム制作をおこなっているシュー・リー・チェンに、フィルム、インターネット・インスタレーション、アムステルダムなど、彼女のワークスタイルを形成する様々な環境や事柄などを語って頂きました。


東京でフィルム制作をしていると聞いたのですが、どんなフィルムなんですか?

アップリンクのアサイさんからポルノ映画をやらないかってところからスタートしました。
私たちの間で、常にサイエンス・フィクション・ポルノを作りたいというアイデアがあったんです。最初はただポルノ映画を作ろうとも考えてました。ひと月くらい東京に滞在して、ささっと撮影して終わらせようかなぁって。けど今では、もっと時間をかけていて、すごく楽しくなってきました。ストーリーもいいものが出来たし、たくさんのアーティストが参加しています。
フィルムはサイエンス・フィクションで、ポスト・ブレードランナーといった感じです。ブレイド・ランナーっていうと、ネオンとか未来のオリエンタリズムなどがアイデアとなってて、ちょうど今の東京と似たところがあるでしょ。
SiFiフィルムを作るにあたって、ポスト・ブレードランナーについて考えなくてはと思ったんです。ブレード・ランナーの多くのイメージには、私たちにはすでに受け入れなれないものがあったり。今は未来のことを想像しながら、東京でロケをやってます。

東京に来る前にSiFiをやろうという構想はあったのですか?

去年(1997年)の12月にこの映画の大筋は書いてました。去年NTT ICCのプロジェクトの活動をしていたときに、アサイさんから映画を作ろうって話があって、提案書を作ったり。その後、忙しくなってしまって話が延びてしまったのですが、今回やろうってことになって、今はこの映画の制作をしています。

「フレッシュ・キル」 などいくつかのフィルム制作を行っていて、人種や性、ミクスト・カルチャーなど題材も様々ですが、例えばテクノロジーということでも、インターネット・インスタレーションなど様々なメディアを通して作品をつくってますよね。

現在はアートとコマーシャルな世界の中で、フィルムとインスタレーションを手がけるアーティストとして活動しているんだと思います。たくさんのメディアを併合してね。35ミリフィルムかデジタルかのトランスレーションということでもあるんです。
テクノロジーを使うということに関しては、テクノロジーってどこにでもあることだと思うんです。テクノロジーという言葉を使うと、みんなナーバスになったりするけど、テクノロジーって本当にどこにでも存在するものだと思う。私のテクノロジーを使った作品はだれもがアクセスできるように、ありふれた方法でなされてると思ってます。そういうことで、私は見る人に近づきたいって望みがあって、そういう理由で私の作品の多くが異なるメディアや方法によるものが多いのです。

アップリンクのサイトで今回の映画「IKU」のストーリーを読んだのですが、コンピューターを使用することで、人がエクスタシーを感じることができるという話がありましたね。

今の人々が多くのセクシュアル・システムを必要としているのではないかと思うのです。例えば薬屋で「精力をつけるために」みたいなもの見ますよね。あとセックス・トイ・ショップとか。日本の何かの雑誌で多くの女性がバイブレイターを使うようになってるって読んだこともあります。セックス関連店って日本ですごくポピュラーだったりしますよね。だから、未来に向けてセクシュアルに関連したファンタジー・ランドみたいなものを創りだすことも必要なんじゃないかなって。
性に関して変な映画を作ろうっていうのではまったくなくて、実際に普通に見えるカップルでさえ、今までと違った方法でオーガズムを感じるようなファンタジーをエンジョイすると思うんです。

では「Brandon」プロジェクトについてですが、Brandonのサイトを拝見しました。そこでも性にまつわるようなイメージがたくさんみられますよね。

「Brandon」はグッゲンンハイム美術館に依頼されたウエブサイトなんです。特にこのインターネット・プロジェクトは期間を設けたウエブサイトなんですが、「One year narrative project」と呼んでます。1年の間にストーリーが変化し、たくさんの人が関わることになるんです。

多くのアーティストも参加することになっていて、すべてのイメージがそのアーティスト等によって変わっていきます。ですからたくさんの人がアクセスするストラクチャーとしての数多くのインターフェイスという風にみています。
ストーリーですが、Brandon Teena という実在した人物の話からなってます。Brandon Teena はネブラスカ州の田舎町に住む男装していた女性です(本名はTeena Brandon)。彼は最終的にはレイプされ殺されてしまうのですが、その後に彼が本当は「彼女」だったということが知れ渡るのです。
1994年にすごく大きく取り上げられた話なんですが、このことから様々なことを考えるようになりました。1994年から95年にかけて、ウエブをやるようになって、当時からインターネットで外的人格とか人格の切り替えという様なことがあったし、すごく気になってたんです。プロジェクトとして好奇心があったわけではなくて、ただ現実とサイバースペースってことがね。現実とサイバースペースで人格を切り替えることはどう違うのか、何が違いをつくっているのかってことです。

まだ続いているプロジェクトなんですよね?

ええ。DeWaag と関わりがあったこともあって、このスペース(DeWaag, Theatrum Anatomicum) は劇場のような場所で、囚人の死体を解剖したり、研究したりしていたところなんです。それでこの劇場のような場所を使ったら面白いなと思いました。ある意味で私たち自身や社会組織を解剖するみたいな感じでね。

ウエブサイトにもたくさんの身体の断片のイメージがありますよね。いくつかのインターネット・インスタレーションでも、人間というようなテーマがみられると思います。テクノロジーと人間の関わりなど、クロスオーバーするというようなことに興味があるのかなと。

前途したように、私はありふれた方法でテクノロジーを使ってます。実際にアーティスト・グループがインターネットやコミュニケーション構造の全体を研究しているネットワークがありますが、私自身は物語風アイデアをネットを使って表現することに興味があるのです。人々がテクノロジーを近くに感じれるアクセスってことですよね。
インスタレーションという意味では、わたしの多くの作品のインターフェイスはすべてありふれたモノだったりするんです。例えばNTT/ICCのプロジェクトの「Buy One Get One」では日の丸弁当箱なんです。Brandonでは美術館に大きなビデオの壁があって、それが実際のスペースに展示してるみたいなインターフェスだったり。プロジェクトにより異なりますけどね。

ちょうどアムステルダムにバケーションで行ってたんですよね。DeWaagで仕事していると聞いたのですが、アムステルダムについてお話ししてください。

何年か前に初めてアムステルダムに行ったのですが、新旧メディア研究所というところを発見したんですね。そこはさっき話した Theatrum Anatomicum のあるお城なんです。
そこには(Brandonのフライヤーを示しながら)身体解剖の絵があって、実際に建物をつかって絵が描かれているんです。これにすごく打たれてしまって。
いつもアムステルダムに行くと感じるのですが、アムステルダムは本当にインターネット・テクノロジーの発展した都市ですね。新旧メディア研究所はコマーシャルなことも行っているのですが、政策構成や、構造、教育、実験などに基づくことも行ってます。特にインターネット・テクノロジー、インターネットが人がアクセスしやすいテクノロジーでなければ、ということを考えているんです。だからすごくオープンなんですね。もちろん私のバック・グラウンドに関係しますが、私にとってすごく魅力的なところです。デザイナーやプログラマーのいるラボがあって、みんなそこで仕事をしていてね。アムステルダムは進んだ街ですね。
xs4all」があって、初めてデジタル・シティってものが作られた場でもあるんですが、1993、4年のことだと思います。デジタル・シティというアイデアのもとで、インフォメーションが得られるんです。そういう意味でもアムステルダムはすごく発展してると思います。公衆電話もスクリーン付きでインターネット接続が可能なんですからね。

「xs4all」はフリー・インターネットサービス・プロバイダーなんですよね?ほかに「Steim」についてはどうですか?

そうですね、「xs4all」はデジタル・シティや「DDS」を収容しているサービス・プロバイダーです。いろんなことが繋がっているんですよ、アムステルダムは小さな都市ですからね。いくつもの組織が繋がり合っていて、時には合同で仕事をしたり。「Steim」はサウンド・テクノロジーを実験的に行っているところですね。仕事をしたことがないのでわからないですが、アーティストの研修みたいなこともやってるみたいです。
アムステルダムでは今年、たくさんのウエブ(インターネット)TV・ブロードキャストやネット・ラジオ放送などがあるようです。
アムステルダムでのテクノロジーに対する民間のアクセスのしやすさは、政府のサポートがあってということもありますよね。だからテクノロジーがポピュラーになりえるわけです。

トーク・サロンの時にヘアートやシューリーが言っていたことですよね。タクティカル・メディアのこととか。

タクティカル・メディアね…、ヘアートやいろいろな組織の人々は以前、不法占拠者でした。空き家がアムステルダムにたくさんあった時期でもあったんですが、そこに住み着いてコンピュータをいじったりね。
実はDeWaagが今、3月に向けて「N5M」(Next 5 Minites) と呼ばれるカンファレンスを計画しているんです。今年は3回目になるので「N5M3」なんですが、そこに私はインターナショナル・コンサルタントとして関わっています。アイデアとしては、異なる国からいろんな人を巻き込んでいこうというもので、例えば、パブリックアクセス・メディアやテクノロジーということに関わっている人や国とか、社会的、政治的な側面でのメディアということで仕事に携わっていたりとか。
だからタクティカル・メディアはメディア戦略を話し合っていこうっていうことなんです。ニュー・メディアで何ができるかとか。例えば社会的ムーブメントをどう動かしていくのかとか、もっと小規模なことでもです。ここ数年間でわかったことは、いろんな国でいろんな人がいろんなことをやっているということなんです。
沖縄の人は何年も軍用ベースに反対していますよね。ほかにも軍のベースのためにエコロジーの問題も抱えている。だから人がローカルな、グローバルな関係を必要としているんですね。異なるグループ間の繋がりというものによって、みんないっしょになれたりします。素晴しいと思うんです。

「N5M3」ではネット・イベントはありますか?

アムステルダムで実際にカンファレンスが行われますが、もちろん多くのネット・イベントがあると思います。タクティカル・メディアの全体のアイデアはハイテク使用をする必要がないんだということでもあるんです。もしインターネットがなければ、ファックスを使えばいいし、ファックスがなければ…。

手紙を書く!

そう、その通り(笑)。アイデアはテクノロジーということではないんです。必要なことに何を利用するのかってことなんです。こういうことって魅力的だと思うんです。今年のN5Mの焦点のひとつは、異なる戦略というもので、どんな種類のメディアで異なる戦略を使用するかってこと。
もうひとつはエレクトロニック・ボーダーについてです。エレクトロニック・スペースでのナショナル・ボーダーとか、そういった領域があるのかどうかってことです。異なるメディアを使うということが大体のアイデアですね。

インターネットやテクノロジーというものを作品に取り入れてますが、その興味というのはどこからきているのですか?

実はすべて独学なんですけどね、説明書とか読むの苦手で…(笑)。
例えばフォトショップなんかだったら、基本は勉強したりするけど、もっとすごくクレイジーなものだったらできないです。そういうことが、私がセンサーをインスタレーションに使うために勉強するのと同じなんです。
テクノロジーが発展しているいま、すべてが専門化されてますよね。Javaプログラミングする人が、「私たちはJavaプログラミングしかしません」って風だったり。だからすごくすべてが専門化されている。センサーだったら、ある一定の人たちがセンサーに詳しかったり。アーティストとしてそういったテクノロジーに関わって仕事をしていると、現段階では学びきる時間がないんです。でも、少なくとも何を学べるかっていったら、コミュニケーションをとるための言語を学べると思うのです。センサーが何ができるかわかったら、今度は「こんなことはできるか?あんなことは?」っていうように、アーティストはテクノロジーをプッシュする想像力を持っていると思います。
専門知識をもっている人は大体においてその専門を知っていますが、アーティストとコラボレーションする上で彼等がチャレンジすることで、どんどん発展させることができる。すてきなコラボレーションですよね。お互い助けあいながら、物事を進めていくコラボレーションにはいつも気持ちがいいなと感じています。

今後のプロジェクトの予定は?

Brandonが1999年までずっと引き続きあります。2000年にはインターネット・プロジェクトをやるつもりです。あと、エレクトロニック・スペースをデザインするのにも興味あります。実在のスペースとかパブリック・スペースといったようなものです。
今はBrandonや映画を終えて、次の2000年のプロジェクトをやりたいなと思ってます。実は2000年に向けてフィルムの脚本をたくさん書いているんです。東京を舞台にしてね。

東京の後はどちらに行かれるのですか?

たぶんアムステルダムに戻ってBrandonを仕上げます。アムステルダムとニューヨークを行ったり来たりすると思いますよ。

Text: Mariko Takei

シュー・リー・チェン
ニューヨークを拠点に、インスタレーション、映画、メディア・アートなどを発表した後、現在は、サイバー空間におけるデジタル系の作品に専念している。
1990年《メイキング・ニュース/メイキング・ヒストリー、天安門広場からのライヴ》(アメリカ、ボストンICA)、《カラー・スキームズ》(アメリカ、ニューヨーク、ホイットニー美術館)、91年《電波プロジェクト》(アメリカ、サンフランシスコ、キャップ街プロジェクト)、93年「最後のフロンティア」展において《入力》、「ホイットニー・バイエニアル’93」展で《欲望にゆらぐオブジェ》を発表。94年「ベルリン国際映画祭」で《フレッシュ・キル》をプレミア上映、95年「ホイットニー・バイエニアル ’95」展で《フレッシュ・キル》を上映。
1996年には日本で行なわれた「アトピックサイト」展で《エレファント・ケージ/バタフライ・ロッカー》を発表。また97年から98年にかけて《ブランドン・プロジェクト》をグッゲンハイム美術館ソーホー分館(アメリカ、ニューヨーク)などの国際的な協力を得て1年にわたるネットワーク・インスタレーション・プロジェクトとして実施している。
97年には「NTT/ICCビエンナーレ展」にて、「デジタル弁当箱」を持参してアフリカ・アジアを彷徨、ネットワークを通じて追体験する『Buy One Get One』を発表、NTT/ICCの常設展示にもなっている。

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE