ニック・バックス

PEOPLEText: Noriyuki Abe

90年代初頭より、ワープレコーズやワイプアウト等のデザインを手掛けたザ・デザイナーズ・リパブリック(TDR)に在籍していたニック・バックスが2007年、新たに設立したクリエイティブエージェンシー「ヒューマンスタジオ」。彼らはイギリス北部、シェフィールドを拠点にしながら世界中にクライアントを持ち世界屈指のクオリティを持ったビジュアルイメージを発信し続けている。

Human_portrait.jpg

自己紹介をお願いします。

ニック・バックスは英国出身のデザイナーで、グラフィック、クリエイティブディレクション、アート分野で20年に及ぶキャリアを持つ。1990年ノースエセックス芸術学校を卒業後、エイフェックス・ツイン、パルプ、スーパーグラスなどのカバーを手がけたザ・デザイナーズ・リパブリック(TDR)に在籍。ワープレコーズやリアクトなどのレコードレーベル、ワイプアウトやグランド・セフト・オートなどのゲームのアートワークプロデュースを手がける。2007年TDRを退社後、ヒューマンスタジオを立ち上げる。各種教育機関におけるデザイン・視覚コミュニケーション分野の客員教授を務める。王立芸術協会フェロー会員。

Human_Shift_3.jpg
Fitriani packaging, 2009

ヒューマンスタジオは、MTV、スウォッチ、キルガー、SCI+TEC, ロンウェイ、ティジー、 シェフィールド大学、フィトリアーニ、 アーバン・スプラッシュなどを顧客とした商業デザインプロジェクトの実績をもつ。ヒューマンスタジオの作品は、欧州、日本、米国で展示されたほか、グラフィーク、ブレイン・マガジン、デザイン・ウィーク、ガーディアンなどの世界中の出版物やブログで取り上げられている。

現在のチーム構成員は、ニック・バックス、ダン・フリートウッド、クリス・ハドフィールド、デビッド・ジャクソン、クレイグ・リッチー。サイ・バイラム、エイミー・バックス、 マーティン・フューウェルからのサポートも得ながら活動している。

Human_Shift_1.jpg
Human ‘namuH’ exhibition, Tokyo, 2010

最近の活動内容を教えて頂けますか?

「namuH」という我々にとって初めてのiPhoneとiPod Touchアプリをプロデュースしたところです。2010年12月に東京のカーム&パンクギャラリーで開催した、ヒューマンスタジオの商業目的ではないアートプロジェクトの回顧展を記念するものです。

ダブファイアの所有するレーベルSCI+TECのカバーと、特に大型の会場で使用する彼のDJセットのためのライブ映像のデザインを手がけているところです。また、6月16日から18日まで開催されるバルセロナのソナーフェスティバルに合わせ、TCI+TECのカバー展覧会の企画もしています。

シェフィールドにあるパークヒルを題材にした映像制作もしています。1961年に建設され、3000人が入居可能な欧州最大の重要文化財です。開発業者アーバン・スプラッシュによって最近新たに“再想像”されたことにより、もう一度特別な場所に生まれ変わると考えています。

現在、シェフィールド大学との共同プロジェクトも複数進行中です。素晴らしいメンバーと想像力豊かな学生や研究者たちに恵まれた素晴らしいプロジェクトで、世界を変えたいと考えている人々をシェフィールドへ呼び寄せることはとてもやりがいがあります。

また、フォトグラファーのショーン・ブラットワースと共にザ・ブラック・ドッグの新作アルバムアートワークのデザインを行なっています。また、ロンドンのファッションメーカーのウェブサイトデザイン、メキシコの建築家チームのブランド開発も手がけています。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
ボール・ピヤラック
MoMA STORE