セバスティアーノ・マウリ「わたしのラブソング」展

HAPPENINGText: Gisella Lifchitz

私達を見つめる人。私達が見つめる人。愛する人。音楽を聴く人。色んな出身地の人。いい人。醜い人。変わった人。素敵な人。気持ちが通じ合う人。私達みたいな人。

セバスティアーノ・マウリが私達に見せる物はそれだ。私達みたいで、私達が好きな人達の世界。私達の目と同時に心をつかむ物。

マウリは1年間あらゆる国を旅して、あらゆる年齢、人種、国籍の人を探し、「The song I love to」というビデオの制作に取り組んできた。つまり、彼のビデオは人間の他文化的ポートレートと言える。

『人が好きなんだ。』マウリははっきりと、そう言った。

『通りを歩く時、僕は建物に目をやったりしない。人の顔を見るんだ。ビデオに登場した皆が自分のCDカバーを作れるように撮影した。異なる宗教、年齢、人種、文化の人をできるだけ多く撮りたかった。運良く、探していた物をニューヨーク、ブエノスアイレス、ミラノ、エントレリオスで見つけることができたよ。ある人達には、より人間らしい物を感じたりした。僕は彼らがただそこに立ってカメラを見つめている姿を丸々1分間撮影して、それから彼らのお気に入りのラブソングは何か尋ねたんだ。それだけだよ。』

中毒性があって、強制的。見飽きるなんて事はない。見るたびに、何か新しい発見がある。だって私達は常に何か新しい物だから。

実は、このプロジェクトはマウリが好きな人のために作った物だった。彼は史上最高のラブソングを編集したミックスCDを作ることから始めて、この作品を見出した。だから本末転倒だったかもしれない。プロジェクトの方が彼を見つけたのだから。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
鈴木将弘
MoMA STORE