スーパーマーケット・オブ・イメージズ

HAPPENINGText: Stephanie Bui (The Daily Couture)

私たちのこの世界はイメージで溢れている。パリのジュ・ド・ポーム国立美術館にて2020年6月7日まで開催されている展覧会「スーパーマーケット・オブ・イメージズ」は、チーフキュレーターのピーター・センディの著書「スーパーマーケット・オブ・ヴィジュアル」と、ジル・ドゥルーズの「アイコン」と「経​​済」からの造語「アイコノミー」を反映させたイメージの経済的側面についての疑問を投げかけている。エマニュエル・アロア、マルタ・ポンサと共に今回キュレーターを務めた、労働者をテーマにイメージを探索する哲学者ピーター・センディは、この展覧会はマルクス主義の観点から、イメージの重要性を鋭く精査している、と言う。イメージは素材となる場面の裏側のインフラによって生み出された工業製品だ。保管、管理、輸送(デジタル通信にかかるエコな費用も含む)、イメージがたどる経路、重量、取引の流動性または粘性、変動する価値などすべてがこれに関わる。


Andreas Gursky “Amazon”, 2016 © Andreas Gursky. Courtesy of the artist and Sprüth Magers / ADAGP, 2019

今回の展覧会が追い求めるものは、 イメージの重要性を明らかにする一方で、それらが重要ではないものと見なされる、イメージのパラドックスがあると、センディは主張する。48人のアーティストが、イメージの中の目に見えないものをストック、素材、作品、価値観、交換という5つのテーマに従って再考する。マーサ・ロズラーの作品のような60年代のものを含む、アイコノミーのレンズを通してアプローチする67の作品が、アート作品の新たな読み解き方を提案する。こういった作品を通して、グローバル化されたアイコノミーの時代に、可視性にいったい何が起きたのかという全てが疑問となって現れてくる。イメージの経済的エコシステムの鋭い探求を明らかにすることは、同時に私たちを減速させ、私たち自身と美学の問題をはるかに超えた意味が吹き込まれたイメージとの関係を精査、イメージの価値という多面的なテーマに取り組むこととなる。


Martha Rosler “Cargo Cult” from Body Beautiful, or Beauty Knows No Pain, 1966-1972. Courtesy of the artist and la galerie Nagel Draxler Berlin / Cologne © Martha Rosler

キュレーターからの複雑な疑問の観点を考慮した、展覧会のエヴァン・ロスによるメイン作品「Since You Were Born」(2019-2020)は、アイコノミーのやりとりの手段と、それにただ従う私たちについて、鋭い視点で伝えてくれる。このアーティストは、ネットワークを介して行われる調査、買い物、個人的、専門的なコミュニケーション、読書、レジャーの相互作用を探求していく。それらは消えない痕跡を残し、ネットワークストアを提供して収益化する大企業であるデータを生成する。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE