ストックホルム国際映画祭 2018

HAPPENINGText: Victor Moreno

第29回目となるストックホルム国際映画祭は、期待を裏切らず、今回も選び抜かれた最も魅力的な映画を取り上げた。このイベントは今や映画が世界へ羽ばたく扉ともなっている。今回出席した監督は半数以上が女性で、これまで以上に女性が注目を集めるイベントとなったが、今年の特別功労賞に女性として初めて選出されたのは、カルト映画「アメリカン・サイコ」、テレビシリーズ「シックス・フィート・アンダー」を制作した、カナダの映画監督メアリー・ハロン監督だ。ビジョナリーアワードは、これまでアカデミー外国語映画賞の二度の受賞歴を持つイランの映画監督、アスガル・ファルハーディーに授与された。ちなみに、これまで二度もアカデミー外国語映画賞を受賞しているのは黒澤明とフランスのルネ・クレマンだけだ。『ビジョナリーアワードを受賞したことは名誉なことです。それはストックホルムの土地で、学生や映画ファンたちに出会うことができ、会話する機会を与えてくれたからです。ストックホルム国際映画祭がますます発展するよう祈っています。』と彼は語った。


Stockholm Lifetime Achievement Award Winner, Mary Harron Photo: Katriina Mäkinen © Stockholms Film Festival

受賞者の最新の作品の上映も行われた。「チャーリー・セッズ」は、メアリー・ハロンがチャールズ・マンソンの名で行われた殺人に関わった3人の女性の背後にある心理をめぐる物語。また2018年のカンヌ国際映画祭で初上映となったファルハーディーによるスペインのスリラー作品「エブリバデイ・ノウズ」は、世界中で上映されている。


Visionary Award Winner, Asghar Farhadi Photo: Calle Andersson © Stockholms Film Festival

今回の第29回の映画祭では、世界60カ国から150本の映画が上映された。その雰囲気を少しでも味わってもらうために、今年注目を集めたタイトルのいくつかをあげてみたい。まずはすでに述べたアスガル・ファルハーディーの「エブリバデイ・ノウズ」、ヨルゴス・ランティモスによる「ザ・フェイバリット」、ブラディ・コーベットによる「ヴォックス・ルクス」、そしてルカ・グァダニーノによる「サスペリア」だ。『功労賞はキャリアに与えられる賞です。メアリーが初の女性の受賞者となったのは、多くの女性が多くの映画のキャリアを持っているわけではないからです。彼女の経歴を見ると、テレビを含む23もの作品があります。』映画祭のディレクター、ギット・シェイニウスはこのように説明している。

さらに、映画祭では、フランス系アルゼンチン人の映画監督ギャスパー・ノエの新作「クライマックス」の新作を上映。ドラッグが混ざったサングリアを飲んだ若いダンサーたちが繰り広げる錯乱、パラノイア、ヒステリーが飛び交う夜の物語を追うストーリーで、一つの場所で15日間、年代順に撮影されたもの。上映後のパーティーでは、ゲスト全員にサングリアが提供された。

シェイニウスは、ファルハーディーへのビジョナリーアワードについて、次のように説明した。『ビジョナリーアワードの選出に際しては、作品の創造性、つまり監督が持つビジョンについて深く調べます。一つの映画で監督の持つビジョンを判断するのは難しいので、最新作に目を向けるというよりはむしろ、彼らのキャリアを見ていきます。』彼女の言葉通り、これまでの受賞者には、ガス・ヴァン・サント、テリー・ギリアム、ウォン・カーウァイが名を連ねる。


Best Photo Award, Hiroshi Okuyama Photo: Sophia Carrhage © Stockholms Film Festival

映画祭は映画産業にとって基盤となるイベントだ。様々な国から買い手が訪れ、そこで映画の配給が決まっていく。『150本の映画のうち、32本のプロジェクトが成立しました。これは非常に高い数字です。買い手と私たちが本当にいいと信じる映画を結びつけるのが私たちの使命です。例えば、今年最も称賛された映画の一つは、奥山大史が若干23歳で手掛けた「僕はイエス様が嫌い」。この映画は素晴らしいことに、5回の上映が売り切れとなりました。』とシェイニウスは語る。


Stockholm Achievement Award Winner, Gunnel Lindblom Photo: Olav Holten © Stockholms Film Festival

功労賞は、イングマール・ベルイマンの作品で演じてきたスウェーデンの女優兼映画監督のギンネル・リンドブロムに贈られた。これまでの功労賞受賞者には、フランシス・フォード・コッポラ、ジャン=リュック・ゴダール、クエンティン・タランティーノ、スーザン・サランドンがいる。ナディーン・ナバキーによる「カペナウム」は、ストックホルム国際映画祭の観客賞と脚本賞を受賞した。映画祭は、より多くの人が劇場に足を運び、より多くの国際的な映画製作者が招待されることで成長し続けている。 来年30周年を迎えるストックホルム国際映画祭。特別なものになることは間違いない。

The 29th Stockholm International Film Festival
会期:2018年11月7日~18日
会場:ストックホルム市内劇場
TEL:+46 8677 50
http://www.stockholmfilmfestival.se

Text: Victor Moreno
Translation: Satsuki Miyanishi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ステファン・マークス
MoMA STORE