ハンツヴィル

PEOPLEText: Ayumi Yakura

アート・フィルム界の巨匠で、フィランドの映画監督アキ・カウリスマキによる1999年のサイレント映画「白い花びら」(原題:Juha)が、ノルウェーから来日する3人組バンド、ハンツヴィルの即興生演奏とともに、北海道大学クラーク会館講堂にて2月1日に上映される。原作は、過去3回も映画化されたというフィンランドの国民的作家ユハニ・アホの著名な小説で、田舎で仲睦まじく暮らす夫妻の家に現れた都会の男が、若い妻を誘惑することから物語が展開する。視覚の芸術であるサイレント映画へ、即興による一度きりの音楽が与えられる時、観客たちはその場で何を共有することができるのだろう。開催に先立ち、来日ツアーを控えたハンツヴィルにメールインタビューを行った。

ハンツヴィル
© Andreas Ulvo

ハンツヴィルは2006年に結成されたそうですね。メンバー3人の関係について教えてください。

確か2005年か2006年ですが、実のところ思い出すのが少し難しくて。最初のコンサートは2006年でしたが、リハーサルやレコーディングは2005年に行いました。ただ、私たちは1998年からフリージャズ、フリーの即興音楽などで共に活動していて、様々なグループと一緒にセッションを行ってきました。

artwork.jpg
Cover artwork of Eco, Arches & Eras on Rune Grammofon

1つのジャンルに捉われず、ロック、ジャズ、エレクトロニカなど、さまざまなジャンルを融合させているのはなぜですか?

ジャンルを融合させているという意識はあまりありません。ただ好きな音楽を演奏しているだけで、ジャンルを融合させること自体は私たちにとってあまり重要ではありません。

h-1.jpg
FIMAV – Jonquiére (CAN), May 06 © Le Quotidien, Sylvain Dufour

ノルウェーは、豊かな大自然や、伝統的な音楽文化を有している国ですね。活動において、出自を意識することはありますか?

そうでもないかな。これはとても面白い質問ですね。ときどき海外の方や、ノルウェー出身ではない身近な音楽仲間からも、ノルウェー出身ということについて聞かれることがあります。日本のミュージシャンのサウンドが日本らしかったりするように、国らしさが出るミュージシャンもいると思います。しかし、私たち自身は音楽がノルウェーの自然や文化とどうリンクしているかはわかりません。逆に近すぎて、そういったことは外からみる方が簡単かもしれません。

フィランドの映画監督アキ・カウリスマキの映画とのコラボレーションについてお伺いします。映画において音楽は重要な要素だと思います。即興の音楽を合わせることで、どのような効果が得られるのですか?また、そのために準備していることはありますか?

確かに即興で映画音楽を演奏しますが、私たちの演奏には、普段から即興と同じ要素がいくつかあります。私たちの音楽は、演奏ごとの即興的なアプローチによる「曖昧な作曲」と言えます。常に即興であり、常に違ったサウンドなのです。ただし、根本的には常に違わないとも言えます。
私たちが演奏のために準備しているものは、バンド結成の2005年から継続して私たちの音楽を発展させてきたプロセスです。100回のコンサート、そして4回のレコーディングを通して、同じ考え方に基づいて活動を続けながら、新しいアプローチを常に探しています。
今回のプロジェクトに関して、私たちは事前に映画を観ることで、音楽を直接的に映画の演出とリンクさせたいか、音楽を映画のコメントのようにするのか、それとも音楽と映画を別のものとしながら、同時に芸術的な表現、雰囲気、変化を与えるものにするのか、などと考え準備を進めます。また、こういったインタビューによって私たちの意識を作っていけることも、今回のプロジェクトのよい準備になると思います。
参加者は、これまでとは全く別の体験を期待できると思います。ただの映画ではなく、コンサートでもないのです。そのどちらもであって、どちらでもない、他のものです。このパフォーマンスは観客に多くのことを問いかけ、イマジネーションに多くのスペースを残します。観客の皆さんがこの体験に参加してくれることを願っています。

Granada%2C%20Spain%20April%202010.jpg
Granada, Spain (April 2010)

映画に合わせて演奏した最初のきっかけは何でしたか?そして、演奏後の反響はいかがでしたか?

私たちが最初にこのプロジェクトを行ったのは、2008年、スペインでのことでした。会場は、無声映画に即興で演奏を行うスペインでのフェスティバルだったため、観客はこのシチュエーションに慣れているようでした。反応はとてもよく、カウリスマキの作品が醸す特別な雰囲気と私たちの音楽とのコンビネーションがとてもよかったと思います。

Juha2.jpg
Copyright © Aki Kaurismäki All Right Reserved.

カウリスマキ監督の演出は、カット割りのテンポや、「間」のユーモアが特徴的だと思います。演奏を合わせる時に大切にしていることを教えてください。

私たちの音楽の雰囲気や演出方法は、映画の演出と必ずしもリンクしているわけではありませんが、そこに面白さを見出すことができます。演奏時の私たちは、音楽的なドラマを構築するプロセスに集中し続けるため、映画の具体的なシチュエーションに直接注意を払うことができません。これにより、音楽は映画にコメントを与えることになり、音と映像の1対1の関係を円滑につくりあげるでしょう。そのようなことに挑戦したいと思っています。

Juha4.jpg
Copyright © Aki Kaurismäki All Right Reserved.

カウリスマキ監督の作品は、人間の性質について深く描き、人生における尊厳や、真の豊かさについて観客へ問いかけていると思います。ハンツヴィルの音楽性にも共通する要素はあるでしょうか?

とても答えるのが難しい質問ですね、私にもこの答えはわかりません。しかし、私たちの音楽は集団的プロセスに由来するということを押さえておきたいです。これは、私たちの音楽のとても小さなエゴです。ソリストと、そのソリストをとりまくミュージシャンが演奏するジャズのような従来の組織的な音楽よりむしろ、一つの大きな生き物を作ろうとしています。そういった意味では、エゴから来る集団的プロセスを置くことは私たちにとって重要なのです。

h-2.jpg
Belleville – Oslo (NOR), Nov 06 © Tyler Olson

これまでに北海道を訪れたことはありますか?また、今回の日本ツアーで楽しみにしていることはありますか?

北海道は初めてです!とっても楽しみにしています。ハンツヴィルが日本で演奏するのは初めてですが、実は日本に来るのは9回目です。個人的には、バンドメンバーのトニー・クルフテンが初めて日本に訪れる様子を見るのが楽しみです。また、ノルウェーには、いつも遅れる、とてもゆっくりな列車しかないので、日本での新幹線の移動がとても楽しくて好きです。日本の面白い人たち、あたたかい観客の皆さんに会うこともとても楽しみです!

今回の収益は、2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災地で、参加費無料の映画祭を開催するために使用されます。チャリティについてどのような思いを持っていますか?

素晴らしく、そして重要なチャリティーだと思うので参加できることを嬉しく思います。地球の反対側で起こっている地震、その後のひどい状況をニュースで見ましたが、近くで体験しなければそれがどんなに大変な状況かを想像することも難しいと思います。

サイレント映画と音楽には言葉の壁が無く、世界中の誰とでも感動を共有できることが魅力ですね。日本の観客にはどのように楽しんでほしいですか?

観客の皆さんが、イマジネーションをオープンにして、私たちとのこの短い音楽の旅を楽しんでいただけたらと思います。

この札幌公演は、全国的に展開する「みゆき野映画祭in斑尾2014」のオープニングであり、フィンランド伝統楽器カンテレのミニコンサートや、2月3日のフィンランドを代表する建築家アルヴァ・アールトの誕生日を記念した、同氏と映画にまつわる特別講演も同時に行われる。また2月2日東京会場でも、トーキョーノーザンライツフェスティバル主催にてハンツヴィルの生演奏付きで同様の上映会が開催される。

みゆき野映画祭in斑尾2014~北欧・日本国際短編映画祭~
日時:2014年2月1日(土)14:00~17:00(開場13:00)
会場:北海道大学クラーク会館講堂
住所:札幌市北区北8条西8丁目
入場料:前売3500円、当日4500円、学生2000円
共催:スノーコレクティブ(みゆき野映画祭in斑尾実行委員会)、北海道大学国際本部、Office Ohsawa
特別後援:フィンランドセンター、北海道フィンランド協会
後援:フィンランド大使館、ノルウェー王国大使館、日本カンテレ友の会
協力:スノウバグズ、SHIFT、プラスター
https://sites.google.com/a/snowcollective.com/miyukino2010/

Text: Ayumi Yakura
Translation: Satsuki Miyanishi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE