ロンドン・デザイン・フェスティバル2013

HAPPENINGText: Mike Sullivan

世界におけるデザインの中枢、ロンドン

2003年の初開催以来、世界の中でも最も重要なデザインイベントとして位置づけられてきたロンドン・デザイン・フェスティバル。今年は304の出展者とイベントがロンドンの街に繰り広げられ、デザインの価値や、アートと同様に如何に産業がデザインを必要としているかという意識を大衆、そして政府にも知らしめることができた。フェスティバルの創始者であるジョン・ソレル氏とベン・エヴァンス氏は、ロンドンの既存デザインの繰り返しでなく、最も先端を行く一般市民や才能あるイギリスの人々を巻き込む、驚きのある祭典を創りたいと考えていた。例年同様、全ての行事が素晴らしかった。ロンドンの街角のいたるところで何かしらのイベントが行われ、新聞はフェスティバルの記事でいっぱいだった。

ロンドン・デザイン・フェスティバル2013
Endless Stair designed by dRMM for London Design Festival 2013

2007年にフェスティバルは画期的なプロジェクトのシリーズをスタートした。ゴールは、ロンドンの人気エリアから生まれる新しい素材とプロセスを駆使し、最良のデザイナーと建築家を見つけること。今年のプロジェクトはテート・モダンの「Endless Stair(終わりのない階段)」と題された、15のつなぎ合わされた階段からなる展示だった。最終的にはどこに行くわけでもない、しかしその頂上からは街の壮大な景色を見渡すことができる。ロンドンの雑誌に取り上げられ一躍大人気となり、多くの人々がただその階段を昇るためだけにこの場所を訪れた。この作品はロイヤル・カレッジ・オブ・アート建築学科の学長であるアレックス・デ・リイクによるデザインで、アメリカ製のユリノキの木材で作られた44の立方体で構成されている。作品の背景には、未来の建築現場ではどれだけ木材が使用されるのかというコンセプトがある。たとえば、アメリカ製のユリノキは豊富で供給が持続可能な素材であるため、建築作業を素早く行うことができる。このような例から、木をクリエイティブに利用するメリットを多くの人々にも気づかせてくれることを願っているのだ。

Bocci%20at%20the%20Victoria%20and%20Albert%20Museum%20for%20the%20London%20Design%20Festival%202013%2C%20images%20by%20Nick%20Barr%202.jpg
Bocci at the Victoria and Albert Museum for the London Design Festival 2013, images by Nick Barr

自然とサステナビリティ(環境を破壊することなく資源利用を持続することができる状態)のコンセプトについては、いくつものイベントが開催された。サックラーセンターやV&Aミュージアムでは街と水についてのセミナーが行われたり、「自然がどのように車をデザインするか」といった特別企画もあった。20ポンドのタッチスクリーン・コンピューターのクリエイターでもあるサニート・シン・チューリ氏による、テクノロジーの利用がいかに世界を変えるか、についての討論を聞く機会もあった。

Norfolk%20Music%20Room%20in%20the%20British%20Galleries%20at%20the%20V%26A.jpg
Norfolk Music Room in the British Galleries at the V&A

V&Aミュージアムでは、ブリティッシュギャラリーでノーフォーク(イングランド東部の州)ミュージック・ルームの展示もあった。スコルテン&ベイジンによるダッチ・スタジオでは「ディナー・パーティー」と呼ぶステージ デザインを見ることができた。1930年代の食事会のような雰囲気の中、来場者は、パーティーのゲストたちがたった今その場を後にしたところを覗き見するかのように、柔らかく流れるBGMや豪華なディナーテーブルを見ることができる。

SusanSmart%20SUE.jpg
LDF2012 ® SusanSmart SUE

もう一方のロンドン、Miele2063では「食事の未来」とする特別展示が行われた。食とテクノロジーが一緒になり、未来はどうなっているのか、驚きの世界を表現した。もし「ディナー・パーティー」の展示を見た人なら更に、そのコントラストに感動を覚えるだろう。

Swarovski.jpg
God is in the Details for Swarovski during the London Design Festival 2013, © David Levene

フェスティバルのための特別企画として、影響力あるデザイナーたちがディティール(細部)をテーマに挑戦する、スワロフスキーとのコラボレーションも展開された。V&Aのコレクションの中から各デザイナーは一つのオブジェを選び、その隣に設置するスワロフスキーの特別レンスを使った視点が創られた。この企画は、我々はオブジェをみる見るために美術館に行くものの、実は小さなディティールには注意を払っていないということを浮き彫りにする。ドイツの建築家ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエは観客たちに、どんなに小さかろうがその細部に気づいてもらいたがった。この展示のタイトル「God is in the Details 神は細部にあり」は彼の言葉の引用であり、ここに展示の意義を見ることができるだろう。訪れた人たちはいつもなら決して気がつかない特別のディティールを各オブジェの中に見出すことになる。そしてそれがまた新しい視点になるのだ。ポール・コックセッジ、トム・ディクソン、アマンダ・レベト、フェイ・トゥーグッド、ステファン・ウェブスター、オスマン・ユゼフザダを含むデザイナーたちのグループは、アイコン的なものから曖昧なものまで全てを表現するオブジェを選んだ。

19%20Greek%20Street_%20facade%20done%20.jpg
19 Greek Street facade done

アールズコート・エキジビジョン・センターでは、インテリア、オフィス、キッチン、バスルームの分野の商品2,000点やエコデザインやエコ建築について3日間に渡るイベントも行われ、記憶に残る展示が行われた。20,000平米にもおよぶスペースにはマギス、ボス・デザイン、3M、ベンチマーク、ジェイムスU.K.の展示があった。。非常に面白い展示の一つが、ホームファクトリーの3Dプリントにフォーカスしたものだ。3Dプリントによりデザインされる物、創出される物を目にするのは驚きの連続だ。

Wind%20Portal.jpg
Wind Portal by Najla El Zeil

V&Aに戻り、ギャラリー64Bへと向かうエントランスにはナジラ・エル・ジエン デザインの「The Wind Portal風の入り口」、があった。この8メートルのインスタレーションは5000の紙で作られた風車から構成され、風に吹かれ回転している。見るのがとても楽しい作品で、子供時代に作った風車を思い出させる。そしてたくさんの風車が設置されていることで「風」を何か特別なものに見せてくれる。

Kcc4MzvNue_CLss1XD4V0PbneU_3fjtMISOqLLlogOA.jpg
Tent London

Iイースト・ロンドンでは、子供時代の美術館(V&Aと共同出展)が出現し、子供のための、または子供によるデザインを考えるトークイベントやワークショップのシリーズが開催された。非常に啓発的で、実際に子供によるデザインにはとても刺激を受けた。イースト・ロンドンでのもう一つの展示はウィルケス・ストリート・ギャラリーで、若手デザイナーらによる心づくしのプレゼンテーションだ、このインスタレーションは「テント ロンドン:デザイナーの探求心、開拓心、見る側の態度により世才が作られる」と題されている。

alessi.jpg
Mario Zappala

サックラーセンターには、食事に関する製品で有名なイタリアのデザイン・ファクトリー アレッシによるインスタレーションがあった。この展示は訪れた人々に各製品の製作プロセスや技といった視点を持たせてくれた。全ての製品は小さいけれど、創造性とテクノロジーにおいては大きな冒険であることが紹介される。アレッシは古い会社だが、機会で作られていると思われる製品も実は精巧な職人技によるものであることが未だ会社のブランドとして特徴付けられている。訪れた人はまるでイタリアにある会社の工場の中で行われているワークショップに参加しているかの気分になるだろう。一点一点が製品の箱の中にディスプレイされ、一方ではトルコのビデオアーティスト アリ・カズマによる工場シーンを映し出す映像「家事グッズの工場」がフェスティバル期間中上映されていた。
この素晴らしい一週間には、ロンドンのどこへ行ってもロンドン・デザイン・フェスティバルがもたらす驚きに遭遇することができるし、その混雑ぶりはどれだけデザインが人気なのかを説明していた。多くの人々が、ロンドンは本当に世界の中でデザインにおける先端を行く街だと言い、その思いが様々な異なるイベントに行くモチベーションにもつながっている。

大成功で幕を閉じたウィーク。来年もまたこのフェスティバルで新たな発見に出会えること間違いないだろう。

London Design Festival 2013
会期:2013年9月14日〜22日
会場:60 Frith Street, London W1D 3JJ
TEL:+44 (0)20 7734 6444
http://www.londondesignfestival.com

Text: Mike Sullivan
Translation: Fuyumi Saito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
葛西由香
MoMA STORE